行政ぐるみの違法放置

家や会社の前の溝から道路にグレーチング(溝蓋)をかけたり、段差をなくすようなスロープとなる板などを設置した場合、道路占用許可申請をしなければなりません。

 
この根拠は、道路法32条や各自治体の条例。
堺市で言えば、
堺市道路占用料条例施行規則
です。
 
上下水道や電気・ガスの場合、使用料は免除とされていますが、グレーチングは免除されていません。
 
但し、一般的には堺市道路占用料減免申請書を出せば免除されます。
 
いずれにしても届出をしなければなりませんが、大手ハウスメーカーである積水ハウスはそれを施主=家を買った人がすべきことだと回答しています。
そんな建設屋でも全員が知っているはずがない細かいことを、素人の家を買った人が知るはずもなく、それを伝えてもいません。
 
淀川区のにある本社のお客様相談センターのエンドウ氏に尋ねてみると、「施主がすべきこと」と回答。
「そんなアホな! その説明を家の購入者には説明しているのか?」と質問すると、突然個別事案だとして、どこから電話をかけているかを問われたので、南大阪だというと、南大阪営業所が担当だからそちらにかけ直せと告げ、電話番号を尋ねると一方的に電話を切った。
 
再度かけ直すと、「係争中の事案はお答えできない」と勝手な解釈をし、次は受話器を放置し、呼び掛けには一切答えないまま数分放置し、電話を切った。
更に電話をかけ直すと、次は5分ほど放置した後、呼びかけを続けるとようやく電話を取り、係争の相手方ではない私に対して先程と同様に「係争中の事案はお答えできない」を繰り返し、
「電話を放置するのが御社のビジネスマナーか?」と問うも、そうですと開き直り、またもや電話を切った。
 
既に連絡が回っているのか、東京で同じ質問を尋ねても、本社(=エンドウ氏)に訊いてくれとの回答。
更に各地に訊いてみると、やはり許可申請をしていない様子だ。
それを隠そうと「どこですか?」などと訊いていたが、グレーチングが必要な建築物は毎日のようにあるのだから、即答で、「いつもは○○の方法で、市の許可を取っており、契約書にも説明があります。 その基本契約書をお見せしましょうか?」と、滑らかに回答がされるはずだ。
それを指摘すると、反論は得られなかったので、ダメ押しで「法で定められたことなのだから、せめて建築当初の許可申請や顧客への書面説明はしといたほうがよろしいなぁ。」と、再度念を押しても反論でなく「そうですね」との気のない返事が返ってきた。
 
東証一部上場企業だから立派だとは思っていませんが、業界をリードするような大手企業が率先して法を犯すのはいかがなものか?
 
ちなみに許可の更新は、上下水道や電気・ガスの場合10年、グレーチングの場合は5年です。
更新をどうしているのかを堺市路整課に訊いてみました。
 
水道管の工事時の許可申請者は水道工事事業者で、ガスは大阪ガスです。
10年経てば、役所から堺市水道局と大阪ガスに更新手続きをするように連絡が行く。
 
グレーチングなどについては、コンビニなどの車の出入りで歩道工事があったり、大きな空き地に何軒もの家を建てたりの開発行為があれば、必ず許可申請はある。
すると、5年経てばその店舗や開発業者などに連絡が行きます。
 
違法状況を訊くと、個人宅など数えてないが沢山あるでしょうねと。
店の看板や警察の標識などでも違法はある。
 
本来は、料金を免除して欲しければ、免除申請をしなけらばならず、設置許可申請を出していないのだから、その料金を違法に免れているとは言える。
許可申請しても無料だけど。
もしそのようなグレーチングに歩行者がけつまずいてケガをすれば、設置者の責任。
 
今になって取り締まりのようなことはできないが、費用対効果を考えれば、許可のように職員の労力がかかるものでなく、届け出にする方向に課としても考えていきたいと思っています。
 
 
そりゃそうだわね。
法や条例が個人宅の車庫と道路の溝や段差を想定してないんだもの。
 
市も開き直りと言えなくないが、実際に許可申請は工事業者の責任であり、それを確信犯的に放置して違法を続ける積水ハウス側が開き直るのは問題ですな。
 
 
近隣トラブルで、「お前とこの溝蓋は市に許可を取ってるのか? 違法やないんか?」と言われでもしたら、その家の人は積水ハウスに「聞いてないやないか!」と言うのだろけど、顧客にも開き直る積水ハウスの態度に更に腹立たしい思いをするでしょうな。

 

広告

投稿者:

watchdogkisiwada

議会の無駄遣いを正して、府下ワーストに高い国保・介保料の値下げや、子ども・高齢者施策など、市民利益への還元を! あなたの“かかりりつけよろず相談員”としての使命に励みます!! 防災士として、あなたの命を災害や犯罪から守り、 行政書士として、トラブルを予防し、 柔道整復師として、健康に過ごすお手伝いをし、 市民として、行政や議会を正しています。 【メディア出演】 TBS「ビビット」、MBS「VOICE」、ABC「キャスト」他ニュース 読売・産経・朝日・毎日の各新聞社で、その活躍は、度々紹介されています。 放漫市長と議会が大赤字にした岸和田市政を立て直す!! あまりにもひどすぎる馴れ合い議会がチェックしていない、議員特権や行政の無駄などを、岸和田で初めて私が追及、是正させています。 情報、批判はコメントいただくか、 メールアドレス:kurohata73@yahoo.co.jp 電話:080-6178-6006まで! 岸和田市議や市長らは私の追及に逃げまどっていますが、自民・公明・維新などのネトウヨ政治家だけでなく、共産・民主他どんな議員とも公開討論、受けて立ちます!!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中