参議院選が始まり、自動失職=クビになった浅田均・維新府議

このギリギリまで辞職しない姿勢は、「府議としての職責を全う」と浅田氏は言うだろうが、平成28年5月定例会日程は5月24日~6月10日までであり、浅田氏の出馬は昨年には発表されていて、急なものではない。
「浅田均府議を参院大阪選挙区に擁立へ おおさか維新の会」:朝日新聞デジタル
2015年12月5日11時57分
で報道されるように、昨年には既に擁立は決定済みで、そこから選挙に目が行くのだから、府議の看板も外すべきだったとも言える。

6月7日、園部一成・門真市長が急逝し、選挙は7月24日投開票と決まった。
その出馬を予定している浅田氏と同じく大阪維新の会の宮本一孝府議は、6月14日に辞職願を提出・受理されているのと比較してみよ。

最後の議会で彼は有終の美のつもりか一般質問をしているので、「もっと早くにやめよ!」との指摘は当たらないかもしれぬ。
それでも10日の本会議最終日が終われば、府議としての仕事よりも候補者としての日々となるのは目に見えている。

6月末支給のボーナス(税込206万4600円)は、基準日である6月1日在籍で支給対象となるので関係ないとしても、歳費は日割りとなるので税込差額26万400円は府から受け取らずに済んだ額である。

政務活動費にしても昨年の領収書から推測すれば、1日を基準日として支給される月額50万5千円を受け取っている。
どう使ったのかは不明だが、これも昨年度からの推測では事務所家賃16万777円、駐車場4万6千円、スタッフ人件費13万895円、車両リース代5万3730円、その他水道光熱費など、約45万円も余分に府から支出されている事になるのではないか?

参考:
「平成27年4月政務活動費に係る収支報告について」

維新は、節約しただの行政・議会の無駄遣いだと、金の事を言いたがる。

しかし東大阪維新がやっているような月額15万円政務活動費を受け取らないといった手法は他のどこもとっていない。

北野礼一氏のように1000万円以上のネコババを返還して辞職した維新議員のいる堺市議会でも、小林由佳氏がみそぎのつもりか受け取っていないだけだ。

政務活動費を受け取っていない議員らは、どうやって調査をしているのか、是非とも明らかにすべきだろうし、受け取らないことはパフォーマンスでしかないと思えるが。

歳費カットもよく使われる手だ。

これも議会で承認しなくとも、自分たちだけが供託でもすればよいが、しない。

堺市議会では2015年選挙前のパフォーマンスとして2014年冬のボーナスの人事院勧告に連動して上がった分を供託しているのだから、できない話ではない。

供託を「死に金」と自分が言っていたことは棚に上げてね。

参考:

「一旦着服したのに返還したら「死に金」との維新議員の発言」

歳費の2割カットは、維新本部からの通達で、どこの市議会でも提案している。

議会合意しないと、自分たちもカットしない。

田中学・自民・貝塚市に聞いた情報では、貝塚市議会でもそのように維新市議から提案があり、田中氏は「お~出せ出せ! こっちは5割カットで出す!」と返答したところスゴスゴと提案を下げたそうな。

双方とも金目な政党なのでブラフ合戦であり、そんな土壌なら田中氏に一日の長がある。

私なら、双方に「出せ出せ! その代わり、否決されてもあなた方会派はその条件で、2割か5割か知らんけど供託しろよ! で、引退後は、市に戻せよ! 舛添氏じゃないんだから。 議員は寄付できんが、市民になったら寄付できるからね!!」と進言する。
大阪市・堺市議会の政務活動費で最も違法・不当だとして返還させられているうちでも、件数・金額ともに多いのが維新会派であり(しかも説明は誰もしな い)、今回の参議院選でも化粧品通販大手のDHC会長の吉田嘉明会長から2010年と12年に計8億円を借り入れた問題が説明されていない渡辺喜美氏を候 補とするなど、クリーンであるとの自画自尊は破綻しているのである。

広告

投稿者:

watchdogkisiwada

議会の無駄遣いを正して、府下一高い国保・介保料の値下げや、子ども・高齢者施策など、市民利益への還元を! あなたの“かかりりつけよろず相談員”としての使命に励みます!! 行政書士としてトラブル予防を、 防災士として防災や防犯を、 柔道整復師として健康について、 ご相談、承ります。 放漫市長と議会が大赤字にした岸和田市政を立て直す!! あまりにもひどすぎる馴れ合い議会がチェックしていない、議員特権や行政の無駄などを、岸和田で初めて私が追及、是正させています。 情報、批判はコメントいただくか、 メールアドレス:kurohata73@yahoo.co.jp 電話:080-6178-6006まで! 岸和田市議や市長らは私の追及に逃げまどっていますが、自民・公明・維新などのネトウヨ政治家だけでなく、共産・民主他どんな議員とも公開討論、受けて立ちます!!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中