片山さつきの生保デマ

今年が選挙年だったか。
 
選挙期間中なら、俺の河本生活保護不正利用デマは、虚偽事項公表罪に問える。
 
与党国会議員で象に向かう蟻として、相手に不足なし!
 
片山さん、お待ち申し上げております。
 
 
既に投稿を消している時点で、自分の間違いを隠蔽していると示してるんだけどね。
私はこの河本氏の“問題”が取り上げられた時から、この生活保護利用が違法ではないと考えており、「返還」を受けたとされる岡山市役所に確認している。
担当者は金銭の受け取りについては容認したものの、どのような名目で市に入金したかの説明を渋った。
ネットなどで祭りになってから時間は経っていたが、私が役所バッシングをする目的だと思っていたからだろう。
時間をかけて説明すると、「違法ではない=返還金としては入金できない」と話しだし、「違法でない方法で入金した」とし、最終的には「寄付として入金した」と説明した。
とうじの“祭り”の代表的な記事
次長課長・河本準一、会見で謝罪 返金を発表
2012年5月25日 11時30分 (取材・文:県田勢)

 お笑いコンビ・次長課長の河本準一が母親の生活保護費不正受給問題で25日、東京・新宿にある吉本興業東京本部で会見を行い、受給の経緯と返金を発表した。

当日、河本は神妙な面持ちで、「申し訳ございませんでした」と母親の生活保護受給の事実を認めた。その後、これまでの経緯を説明すると、「お世話になった分のお金をお返ししたいと思う」と言い切った。

事の発端は、4月12日に発売された「女性セブン」において、「超人気芸人『母に生活保護』仰天の言い分」の記事が掲載されたことで、誌上では匿名となっ ていたものの、その後の報道で次長課長の河本であることが判明、自民党の片山さつき議員や世耕弘成議員が、この問題を自身のブログなどで取り上げて、大きな広がりをみせた。

(引用ここまで) 

これは記事にあるとおり、片山氏らのTWやブログによって拡散され、世間の注目を浴び、2013年8月より戦後最大の切り下げが段階的に行われました。
生活保護基準がベースとなっているのは、地方税の非課税基準(推計では全国で3100万人が対象)、国民健康保険の保険料・一部負担金の減免基準、介護保険の保険料・利用料の減額基準、障がい者自立支援法による利用料の減額基準、就学援助の給付対象基準などです。
最もわかりやすかったのは就学援助でしょう。
学校教材費、校外活動費、修学旅行費、入学準備補助金、学校給食費、独立行政法人日本スポーツ振興センター共済掛金(保護者負担額)などを支払わねばならなくなったとすれば、それは生活保護切り下げのせいです。
片山さんは国会議員なので、国庫支出に敏感だったのかもわかりませんが(国際使い放題の赤字垂れ流しには自民政治家として賛成してる矛盾)、維新などはさも自治体財政のように言っているので、確認しておきます。
より
生活保護支給額の3/4は国庫負担金で賄われ、残りの1/4と事務費などは地方負担になっています。
ですが地方負担分も必要経費として交付税の基準財政需要額に算入され、受給者数に国庫負担金と交付税が連動するため、自治体財政には影響しない設計になっています。
大阪市の場合は10年度に241億円、11年度も104億円が不足し、09~11年度の3年間で支出に比べて受け取った交付税が計536億円少なかった。

ケースワーカーの人件費などを除く支給額に限っても計434億円足りなかった。

大阪市のような大都市は単身の高齢者が多く、医療費の単価が高くなりがちだからだ。

自己負担がなく、不正受給を誘引しやすい面もある。

 交付税は「(国庫負担金のような)実費精算ではなく、標準的な経費を見積もって交付する」(総務省交付税課)。

1人当たりの医療費がかさむ大阪は標準の枠を超え、持ち出しが続いた。

逆に地元に大きな病院がない自治体は医療費が安くなり、結果として支出を抑制できる。

(引用ここまで)

オマケに書いておきますが、生活保護費の約半分は医療費ですので、基準を引き下げたからといって、大幅な削減効果があるとは言えません。
しかも浜矩子氏の言うドアホノミクスだか無ノミスクだかの、イカサマ経済政策でも利用者は増えています。
高齢者が年金で食えない医制度設計なんですから、当然です。
更に本来利用できる人のうちどれほどの人が利用しているかを示す補足率は、20%と言われています。
つまり8割の人が、日本の恥の文化を強要されて、利用できていない。
その結果、餓死もありますし、家族だけで問題を抱え込んだ障がいのある家族のいる世帯で、世話をしてた家族が突然死などすると、障がいのある家族も餓死や病死する例もあります。
これには豊中市の社会福祉協議会が行っているようなケースワーカーが街に出て、生活困窮者を見つけ出し、自立支援をお手伝いする方法がありますが、自民党政権がそれを促進したことはありません。
だからこそ深キョンがNHKドラマ『サイレント・プア』で演じるんです。
どこにでもあるなら、ドラマやニュースになりません。
 
何だこの人?
総務大臣政務官までやったのに、自治体のこと何も知らんのか?
 
たかひら 正明 田中学・自民・大阪府貝塚市議ページでのやり取り
 
片山 さつき
今回の選挙は熱のない選挙、その作戦で行かないと間違えますよ!
 
田中 がく
先生からお預かりした、2千枚も一緒に配布しました。
全て撒き終わりましたよ(*^^*)
 
たかひら 正明
片山さん、あなたが吐いた河本デマはどこぞで訂正されたんでしょうかね?
 
 政治家が著名人とは言え市民に対してデマを吐きっぱなしてよいはずがないですよね?
 
 河本氏を庇うわけではないが、あれが生保の不正受給だと証明してください。
 
 既に岡山市役所は返還金でなく寄付として、河本マネーを受け入れていますがね。
片山さんのページに書き込んだら、本人登場!!
でも後から消したようですが。
 
片山 さつき
不正がないなら変換する必要はないはず。語るに落ちる話でしょう。

 
たかひら 正明
片山 さつき>>
行政書士なのに、文章誤読はおやめください。
 
 岡山市は、返還でなく、寄付として受け入れていると示してるんですよ。
 違法支出なら返還でしょ?
 なぜ寄付扱いにする必要があったか?
 
 違法支出じゃないからですよ。
 
 私のコメントで、どこに「返還して入金した」って書いてますか?
 
 自分の発言のデマ性に未だに気づいてないようなので、岡山市役所に問い合わせて確認してみてくださいね。
広告

投稿者:

watchdogkisiwada

岸和田市の財政位破綻を止める!! 財政破綻が明らかになるほど税金を食いつぶされながら、議会も見て見ぬふりをする 土建屋ファーストな市政を正す!! あまりにもひどすぎる馴れ合い議会がチェックしていない、議員特権や行政の無駄などを、岸和田で初めて私が追及、是正させています。 あなたの“かかりりつけよろず相談員”としての使命に励みます!! 行政書士としてトラブル予防を、 防災士として防災や防犯を、 柔道整復師として健康について、 ご相談、承ります。 情報、批判はコメントいただくか、 メールアドレス:kurohata73@yahoo.co.jp 電話:080-6178-6006まで! 岸和田市議や市長らは私の追及に逃げまどっていますが、自民・公明・維新などのネトウヨ政治家だけでなく、共産・民主他どんな議員とも公開討論、受けて立ちます!! 【メディア出演】 TBS「ビビット」、MBS「VOICE」、ABC「キャスト」他ニュース 読売・産経・朝日・毎日の各新聞社で、その活躍は、度々紹介されています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中