岸和田市のゴミ袋 まだ値上げするかも・・・?

岸和田市は貝塚市と同じく、地蔵浜の岸貝クリーンセンターを広域行政として共同運営しています。

同じ場所で焼却するなら、同じ利用料金ですよね。

ですが、ゴミ袋の値段は、岸和田市45L袋=45円に対して、貝塚市は9円です。

つまり1/5。

岸和田市のゴミ袋は貝塚市の5倍・仕入れ値の7倍で販売
ONION21 2009年12月2日

によると、「有料袋については、平成21年9月4日に10㍑袋207万4500枚・20㍑袋254万500枚・45㍑袋259万枚・合計720万5000枚を岸和田市が競争入札を実施して45,189,532円で購入済みである。

単純計算では、1袋当たり6円27銭。」

とあり、

原価の6倍の価格設定となっています。

貝塚市では2010年の有料化の議論をしたとき、「忠岡から南の自治体は全て有料化」という市の説明がありました。

ですが岬町のように議会は有料化条例を可決しても、その後町長選挙で「無料化」を公約して候補が当選し、今も無料収集が継続されている自治体がありますし、貝塚市も価格はゴミ袋作成の経費であり、原価主義とも言えるものです。

数十億の経費に数千万のゴミ袋収益では焼け石に水で、和泉市のように世帯・人口とも増えている自治体でも、日本全体でもゴミ総量は減っていて、市の言う「ごみ減量化」など全くのでたらめだと分かります。

それを言うなら、何十種類にも分別して、リサイクルすればいいのです。

岸和田市はそれを市民や町会に集めさせた挙句ネコババして市の財源にしていますが。

と書いて、再度調べ直したら、貝塚市のゴミ袋も一挙に倍以上に値上げしてますやん!!

現在の9円袋は既に販売されておらず、使用も6月30日まで。

45L 9円→20円に!!

隣の市民を奴隷化する岸和田市の方が自治体として大きいし、泉大津や新規に始まった和泉市もその値段とくれば、その市民の首を絞める価格に市民が黙っている以上、市としては合しますわな。

これも市民が黙っているからこそ、いいようにやられる例です。

それでは西日本一高額な岸和田市のゴミ袋が値上げされるかも?のお話。

シール式で有料化になったのは、2003年度。
但し、十分なシールが配られ、不足シール購入者は少数でした。

2010年度より現在のゴミ袋購入制度に変わりました。

これが値上げされるのではないかと、私は考えています。

根拠
1.  有料化は、ゴミ処理料金を補うためでなく、市民へのごみ減量啓発が目的。
しかし、それは既に有名無実化しています。

有料でゴミ排出量は一時的に減少しましたが、また右肩上がりに微増しています。
日本全体のゴミ量は微減で、世帯数が増加している和泉市でも、同じく微減。

ならば、岸和田市でも有料化しなくとも微減状態になっていたと推測されます。

グラフで見れば、微減の推測ラインと、微増のラインは交わることとなり、これを逆手に取れば、「減量効果がなくなった」との理由で、値上げの口実となります。

2. 有料化より期間が経っているので、市民の理解を得やすいと、行政は思っている。

制度だけ有料化→全体有料化まで、7年間です。
これを当てはめれば、2017年度には価格改定が行われても、「一定期間が過ぎた」と、行政が考える可能性が出てきます。

有料化説明では、町会を通じて市民に説明がありました。
貝塚も同じ焼却場を使っていますが、ゴミ袋代金は1/5で、これへの抗議はあるようですが、有料化当初も市への抗議は少なく、現在ではほぼない状態と聞いています。

つまり、おとなしい岸和田市民は、一定の値上げをしても大丈夫だと行政は考えていると推測されます。

3. 原油高騰で、貝塚も値上げする。

とは言っても、貝塚が上げるのは、45・30L袋とも9円→12~3円を目安にしていると聞いています(これを書いたのは2014年10月の話で、消えていた記事を復活させてきたもので、実施は前述のように20円となっています)。

現在でも岸和田市と貝塚市のゴミ袋の値段の違いを、知っている市民はどれほどいるでしょうか?

「同じ焼却場を使っている貝塚も値上げするのだから・・・・」は、口実として使われないのでしょうか?

岸和田市、泉大津市、泉南市、泉佐野市、大阪狭山市は、1L=10円で、大阪1高いのですが、
立川市、武蔵野市、府中市、小金井市、日野市、国分寺市、狛江市、札幌市、函館市では、1L=20円と倍ですから、そこまで上げ幅はまだあると行政が考えても不思議ではありません。

4. ゴミ焼却・処理費用などにも関連して、不足しているので上げる。

当初の
「ごみの排出量に応じた負担をお願いすること により、 ごみの減量に努力された方の負担は小さく、大量にごみを排出された方の負担は大きくなり、費用負担の公平性も高まるものと考えています。」
を逸脱して、焼却・処理費用との関連を言い出せば、岸和田市は既に大赤字ですし、ゴミ袋代金が多少入っても、ゴミ焼却処理費用の30億円とは桁が違いますので、今の何十倍もの値段にしなければ、利用者負担=処理費用は釣り合いません。

つまり、値上げ口実として、十分使えます。

このような理由により、ゴミ袋値上げは考えられるのですが、議会で誰もそのような質問はしていませんし、「まだまだ大丈夫やろし、多少値上げしてもしゃぁないやろ。」と思っているのだとすれば、市民軽視からくる考えではないのか?!と指摘したいと思います。

広告

投稿者:

watchdogkisiwada

岸和田市の財政位破綻を止める!! 財政破綻が明らかになるほど税金を食いつぶされながら、議会も見て見ぬふりをする 土建屋ファーストな市政を正す!! あまりにもひどすぎる馴れ合い議会がチェックしていない、議員特権や行政の無駄などを、岸和田で初めて私が追及、是正させています。 あなたの“かかりりつけよろず相談員”としての使命に励みます!! 行政書士としてトラブル予防を、 防災士として防災や防犯を、 柔道整復師として健康について、 ご相談、承ります。 情報、批判はコメントいただくか、 メールアドレス:kurohata73@yahoo.co.jp 電話:080-6178-6006まで! 岸和田市議や市長らは私の追及に逃げまどっていますが、自民・公明・維新などのネトウヨ政治家だけでなく、共産・民主他どんな議員とも公開討論、受けて立ちます!! 【メディア出演】 TBS「ビビット」、MBS「VOICE」、ABC「キャスト」他ニュース 読売・産経・朝日・毎日の各新聞社で、その活躍は、度々紹介されています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中