倫理法人会 2回目

遅れ気味に行ってしまい、前の方の席に座れず。
後方では、皆が起立してるのに座っている影響が残念ながら薄い。

今回は多数の新出席者。

私もしゃべらせてもらえるのかと思い、

「前回話した修養団と、この会が富士の研修所でやってることは同じ。 生長の家と親和性がある。 代表が世襲の3代 目ボンボンであり、人を育てられない組織である。 しかもそのボンボンは日本会議の役員ともなっている。 在特会などとも親和性が高いのではないか? そ んな草の根ヘイト・草の根ネトウヨを観察したい。」と、スピーチまで考えてきたのに話せず残念。

今日の講師は、「一般社団倫理研究所 法人局 普及事業部 主事 近畿方面副方面長」なる長い肩書をつけた、会の男性職員でした。

題名は「錯覚の人生」

彼がどこから来ているのか知りませんが、昨日は堺に泊まりだった様子で、昨夜も「喜動の実践」なる題で講演しています。
「喜動」は造語で、「喜んで働く」の意味なんだと。
要は聴講している経営者が、従業員をどうマインドコントロールして自らそう思っているように奴隷化するかの話。

「錯覚」の押しつけでしょ。

で、話の内容 ()内は私の注

1. 海外進出

5月に海外初の支部として、台北支部ができた。

672支部、6万2000社となっている。

バングラディッシュでは、小中学校で『万人の栞』17箇条を全校生徒が皆さんと同じく唱和しています。

ムスリムの高僧にこの内容を唱和させて良いかと訊いたところ、「ドンドン広めよ」とのことでした。

(指導者も色々ですからね。 ISを指導する人も少数いるんだし、少数の高僧に容認されてもイスラムのヒジュラ法と抵触しないとは言えないし、ISをイス ラムと錯覚している人がいる点を逆手にとれば、ISのような過激組織にも受け入れられる教えが「倫理」だとなりますよ。)

2. 倫理の特徴

・朝を大切にする 仕事に追われるのではなく、追うようになる。

・明るく元気 今日の出会いに感謝してるから。 そのつながりで窮地を脱する事ができる。
・過程を大切にする 家庭の安定が事業繁栄につながってくる。

・実践手段 頭でっかちでなく、実際に活かす。

・哲学がある どんなに時代が変わってもブレない学び。

3. 錯覚を起こしやすい人

・なぜ自分だけが・・・ 周りと比べるからネガティブになる。 不運になります。

・執着しやすい人 空回りするケースが多い。 心が固くなれば体も硬くなる。 人の言うことを聞かないので、人が離れていく。

・感情的になる人 好かれる人は感情豊かだが冷静。 コントロールした方が良い。

(これって私に当てはまると思っている人がいるかもしれませんが、全く的外れ。 私はどんな苦境時にも「お、ラッキー、ついている!」と思ってきたし、人 の話を十分聞いた上で質問や反論をしています。 怒っている時が少ないとは言いませんが、怒りに任せぜ、冷静に反撃の機会を伺います)

4. 改善案

・心が先行する 良くない事が起こってもクヨクヨせずに新しい道を進んでいこう。 状況が明るいから自分が明るいのではなく、自分が明るくなることで状況が明るくなる。

・考えを柔軟にする 様々な考え方をする。 お笑い芸人のように様々な角度から見て人を表現する。

(講師は、「自動車販売会社を夫の死後継承した妻が、ふさぎ込んでいたら会社は暗く、妻が明るく務めると、社員が元気になった」話をしましたが、会社の神 経たる健全な労組があれば、代表の心の持ちようだけで会社が浮き沈みするような、やわな企業とはなりえないでしょう。 従業員を利用はしても、助けてもら う話などは皆無。)

5. まとめ 

『致知』から引用した

女性小学校教師の話

男子の教え子が劣等生で困っていた。

前の学年の記録を読んだら、母が病気となり、死亡し、父がアルコール依存症となって暴力をふるう家庭環境が浮き彫りとなった。

(先ず、家庭訪問したらわかる話であり、教師自身の観察眼ややるべきことをやっていない点が気になります。)

事情が分かった教師は、授業終了後、教室で居残って仕事をするので、生徒にも勉強しないかと持ち掛けた。

生徒から(? 聞き逃しました)クリスマスプレゼントで香水をもらった教員は、それをつけて家庭訪問に行くと、生徒は「お母さんのにおいだ!」と抱きついてきた。

その後、奨学金を受けて生徒は医師となる。

更にその後、結婚式の招待状が届き、「母の席に座ってください」と書かれていた。

(バカバカしすぎて話になりません。 元は『先生と少年』でググれば、動画などが出てきます。

 『先生と少年』~35万人が涙した感動実話~ 『心に響く小さな5つの物語』
藤尾秀昭・文
片岡鶴太郎・画

これって事実と称してますが、創作ですよね?

藤尾秀昭氏の著作も調べてみましたが、エッセイは書くかもしれませんがルポを書く人ではない。

使うなら、女性教員に書いてもらうべきでしょう。

舞台設定もあざとい。

「母と息子」であって、「父と娘」ではない。

同性や父性愛では、読者の感情が乗りにくいからこその状況設定です。

突然結婚式に1年だけ担任を持った小学校教員が座りに来れば、父も親戚もいぶかしがるでしょうし、中高では教員に恵まれなかったのかともなり、創作にしても穴だらけ。

「父の暴力で、痛みのわかる医者になった」などともうそぶきますが、虐待は連鎖します。

言うなれば、「患者や家族にも痛みを押し付ける、社会的地位のある粗暴な者」となり、手が付けられなくなって、被害者も黙らされるようになった、と言ったところでしょう。

『致知』出版は、地産グループ代表の竹井博友氏が創業者です。

彼はバブル紳士の一人として、ファミリー企業のミヒロファイナンスと木鶏の2社で株投機を盛んに行い、光進グループをはじめとした仕手グループの有力な資金源としたり、
住専の地銀生保住宅ローンの大口貸出先でもあり、多額の不良債権を生じさせたりし、
1991年には国際航業株の売買(光進事件)で得た55億円の利益を隠して、東京地検特捜部に34億円の所得税法違反(=脱税)容疑で逮捕され、
翌92年には懲役4年、罰金5億円の実刑判決を受け、収監されています。

泣くなら、竹井氏が反省して流す涙ですよ。

そのせいで何人首を吊ったと思ってるんですか!

こんな浅薄な話をよくも人前でできるものだと、その厚顔ぶりを眺めつつ、本人に渡る記名式の感想にもそのように書いて、会場を後にしました。

広告

投稿者:

watchdogkisiwada

議会の無駄遣いを正して、府下ワーストに高い国保・介保料の値下げや、子ども・高齢者施策など、市民利益への還元を! あなたの“かかりりつけよろず相談員”としての使命に励みます!! 行政書士としてトラブル予防を、 防災士として防災や防犯を、 柔道整復師として健康について、 ご相談、承ります。 放漫市長と議会が大赤字にした岸和田市政を立て直す!! あまりにもひどすぎる馴れ合い議会がチェックしていない、議員特権や行政の無駄などを、岸和田で初めて私が追及、是正させています。 情報、批判はコメントいただくか、 メールアドレス:kurohata73@yahoo.co.jp 電話:080-6178-6006まで! 岸和田市議や市長らは私の追及に逃げまどっていますが、自民・公明・維新などのネトウヨ政治家だけでなく、共産・民主他どんな議員とも公開討論、受けて立ちます!!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中