岸和田市プレミアム付商品券の最終換金額について

回答:
岸和田市産業振興部産業政策課
     商工振興担当
     企業誘致担当、港湾振興担当

●商品券換金額について
プレミアム付商品券(消費者負担+プレミアム分)
売上額 12億円
最終決定額(換金額) 11億9799万6000円
未換金額 200万4000円

●商品券換金枚数について
 ◇額面12,000円の冊子(1,000円券×9枚+500円券×6枚)を9万冊発行、額面6,000円の冊子(1,000円券×5枚+500円券×2枚)を2万冊発行

1,000円券
発行枚数 91万枚
販売枚数 91万枚
換金枚数 90万9021枚
換金額 9億902万1000円
未換金額 97万9000円

500円券
発行枚数 580,000枚
販売枚数 580,000枚
換金枚数 57万7950枚
換金額 2億8897万5000円
未換金額 102万5000円

これを検証してみます。
岸 和田市プレミアム付商品券について 市民購入編 1  https://watchdogkisiwada.wordpress.com/2016/04/22/%e5%b2%b8%e5%92%8c%e7%94%b0%e5%b8%82%e3%83%97%e3%83%ac%e3%83%9f%e3%82%a2%e3%83%a0%e4%bb%98%e5%95%86%e5%93%81%e5%88%b8%e3%81%ab%e3%81%a4%e3%81%84%e3%81%a6%e3%80%80%e5%b8%82%e6%b0%91%e8%b3%bc%e5%85%a5/
で岸和田市は事務経費をこのように説明しています。
国からの岸和田市の地域消費喚起・生活支援型の交付金については2億7千5百万円となっており、プレミアム分に2億円、事業費として7千5百万円とし、JTB西日本 法人営業大阪支店と業務委託契約をおこなっております。
業務委託内容内訳
・商品券等の作成    12,590,000円
・商品券事業の広報     900,000円
・商品券販売     13,047,300円
・店舗対応       2,015,000円
・利用者対応      12,650,000円
・商品券の配送     1,870,000円
・データ管理      1,500,000円
・商品券の換金    11,300,150円
・商品券の効果測定    1,876,500円
・事務局運営     5,376,000円
・運営管理費       6,312,495円
・消費税及び地方消費税  5,554,996円
計  7499万2441円

全体販売金額 12億-国からの補助2億=10億円の支出で、12億円経済効果をもたらすのに事務経費が7500万円かかっています。
これに市の職員が動いた分が加算されますが、それは算出できないので省きます。

7500万÷12億=0.0625=6.25%
少なく見積もって、事務経費で6.25%も商品券発行だけで経費をかけている民間企業ってあるんですか?
しかもこの12億円の経済効果は、新たに生み出されたものではなく、通常の消費を現金でなくプレミア商品券に替えただけですよ。

市民で、プレミアが20%もついているから、思い切ってダイヤモンドリングや、ロレックスを買ったなんて人がいるのですか?

99年 地域振興券 国民2万円/人
14年 臨時福祉給付金 国民1万円/人
8%になった消費増税による負担をやわらげるため、住民税が非課税の人向け。
15年 プレミア商品券
16年 年金生活者等支援臨時福祉給付金 3万円/人 17年より10%になる言われている(がやめるかもしれない)消費増税による負担をやわらげるため、65歳以上の年収155万円以下である高齢者世帯など向け。

『大阪府の市町村民経済計算の試算について』 
大阪府商工労働部(大阪産業経済リサーチセンター) 研究員 佐野浩著 2014年
http://www.pref.osaka.lg.jp/attach/1949/00103312/26RONSHUsano.pdf
によると、
岸和田市の市町村GDPは5248億円(2010年度)で、府内12番目です。
堺市2兆7591億円を除けば、和泉市4321億円よりも多く、南大阪では最高地です。
ですが推移では、5664(2007年度)→5543(08年度)→5409億円(09年度)と微減ながら確実に減ってきています。

このような目先の金さえばらまけば自公に投票するだろうとの浅知恵による効果は、得票数にも出ていません。
2005年 衆議院 自民 2588.7万票 公明 898.7万票 郵政解散の小泉フィーバー
07年 参議院 自民1654.4万票 公明776.5万票
09年 衆議院 自民1881万票 公明805.4万票 民主2984.4万票で政権交代
10年 参議院 自民1407.2万票 公明763.5万票
12年 衆議院 自民1662.4万票 公明711.6万票
13年 参議院 自民1846万票 公明756.8万票
14年 衆議院 自民1765.9万票 公明731.4万票 
ちなみに共産は606.3万票で10年356.4万票、12年368.9万票こそその前の4000万票超より減っていますが、13年515.4万票で上げ潮に乗り、公明票と逆転しそうになっています。

プ レミア商品券も、これらの愚策もやめて、地域にあった商店街や、地域になくてはならない小規模商店を継続させるような買い物消費や、経済振興策を地域の議 員が広域でも自治体単位でも出し、それに国が補助金を出す形にしないと、地方議員と首長は天から降ってくる銭を待ち、自民に拝むだけの中身のない議会や国 会が続いてしまいます。

これは地方議員や首長の無策、勉強不足、地域の声を聴いて、先進事例を地域に落とし込めないかと市民と共に思索する努力が欠けているからです。

岸和田市議で、党所属議員はいますが、先進自治体事例を岸和田にどう落とし込むか、考えている議員はいるのでしょうか?

まさか、私が最も調査し、市に提言し、質問しているのではないでしょうね?
議事録や市議らのブログなどを見ても特筆すべきものは見当たりません。
常々私がこう書いていて、市議らも承知しているのに、反論を受けた事もありません。

私の調査は書籍やネット、現地自治体への電話調査などで、視察などほぼありません。
それでも様々な提言ができるし、市民に発信できています。

本来、このような活動は税務活動費から支出されるものです。
しかし市議らの支出を見ていると、政務活動費などで慰安旅行に行き、小遣い代わりにし・・・・と、
ホンマ、あんたら何してんのや!と怒りしか湧きません。

岸和田市民もよぉ出汁にされ、ええように使われて黙ってますな!!

ちょっとは怒りなはれ!!

広告

投稿者:

watchdogkisiwada

議会の無駄遣いを正して、府下一高い国保・介保料の値下げや、子ども・高齢者施策など、市民利益への還元を! あなたの“かかりりつけよろず相談員”としての使命に励みます!! 行政書士としてトラブル予防を、 防災士として防災や防犯を、 柔道整復師として健康について、 ご相談、承ります。 放漫市長と議会が大赤字にした岸和田市政を立て直す!! あまりにもひどすぎる馴れ合い議会がチェックしていない、議員特権や行政の無駄などを、岸和田で初めて私が追及、是正させています。 情報、批判はコメントいただくか、 メールアドレス:kurohata73@yahoo.co.jp 電話:080-6178-6006まで! 岸和田市議や市長らは私の追及に逃げまどっていますが、自民・公明・維新などのネトウヨ政治家だけでなく、共産・民主他どんな議員とも公開討論、受けて立ちます!!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中