盆休み  釜ヶ崎夏祭り

2015-08-30 08:00:39
昨年は、日雇いに溢れた労働者のための仕事である特別清掃に同行して、茨木市にある学校の芝刈りをしたり、阿修羅さんによるあいりん地区から外国人宿巡りまで、東西広範囲にわたる地域巡りに参加しました。

共同通信の記者が取材していますたが、どこの新聞で掲載されたのかは未確認。
どなたか記事をご存じでしたら教えてください。

釜ヶ崎の労働、生活環境については、定期的に勉強会にも参加していますが、今年は多忙なため、前夜祭も含め4日間あった夏まつりにも顔出し程度の参加。

しんどい家庭の子どもや親の緊急避難場所として、手助けの場所として、なくてはならない場所である「子どもの里」の荘保共子 館長から、「全国で起きている社会問題の全てがここ(釜ヶ崎)にある。」と聞いたのも学習会でした。

全国の政治家は、施策に活かせない観光視察を繰り返さず、釜で問題を直視し、汗をかいて、人々のくらしやそれを守っていく政治とは何かを学ばねばなりません。

これは理想論でなく、現実に他所から関わりに来る政治家もいます。

関西新空港絶対反対泉州住民の会のテントでは、今年も高橋登 (みどりの党 市民トライネット)泉大津市議が、100円盛り天ぷらを揚げていた(昨年は、私も手伝いました)ので、「(同会派の新人議員である)野田悦 子市議(民主党)みたいなブルジョアジーを連れてきて、手伝うてもらわんかいな。」と言うと、「ここは自分が勉強したいと思わんと来てもしゃあない。」と 一蹴されてしまいました。
至極当然な回答で、首に縄をつけて引っ張ってきても、学ぶ気持ちがなければ意味ありませんね。

同じテントの小山広明 前泉南市議や、関西沖縄文庫の金城馨さんといった先輩方にも挨拶をし回っていると、面白い話を聞くことができました。
夏祭りをどこにでもある地域の行事と勘違いして来た議員がいるとのおはなし。
主人公は4月の統一地方選で、維新の大阪市議会新人議員となった藤岡寛和(維新)大阪市議。

西成区梅南1-2-3 ボヌール花園1階(事務所)
電話06-6657-668

彼は、釜ヶ崎から南海電車を挟んだ浜側の鶴見橋商店街内にあるユニバーサルマネジメント(登録番号10260609)で、個人事業主として行政書士を営んでおり、橘保育所、弘治小、今宮中にも通ったバリバリに地元の人です(議員事務所は、梅南1-2-3 ボヌール花園1階)。
さぞ地域密着なんでしょうねと思ったら、その「地元」や「地域」は、線路を挟んで西側だけ・・・だったようです。

私が色々と調査して当日の様子を再現してみると、
三角公園に顔を見せた藤岡氏は、顔見知りの人を見つけ「町会のテントは?」と、町内会長にでも挨拶をしようと思ったようです。
無邪気に選挙活動の一環として訪れたようですが、地域行事でないんですから、そんなテントがあるはずもありません。

そもそもヤクザな手配師の占領から公園を取り戻す、労働者の血みどろの戦いを経て始まった夏祭りや越冬闘争などの行事であることすら知らなかったという「地域密着ぶり」が、公園に到着早々バレてしまいます。

その後、彼は慰霊の祭壇や、闘う市民運動など一つ一つのテントを案内され、
「ここがあんたのボスが補助金を切った子どもの里のテント」と案内する頃には、居心地の悪そうな様子も伺えたものの、案内を途中で遮るでもなく、黙ってただただ付き従ったようです。
内心では、「早く開放してくれ」思っていたのかもしれませんけれど。

テントは空ではなく、当事者が目の前にいるのですから、藤岡氏は合わす顔がなかったでしょうね。

このようにきっちりと公園全体を案内された彼は、もう2度と姿を見せないでしょうね。
次は、政治家引退の花道に市長を案内しておいでませ。

彼のFBでもこの時の様子が記されていたので、転載しておきます。
もちろん、子どもの里をはじめとするテント出店者との会話は書かれていません。

以下の文章は、人でなしと思われるでしょうが、あえて書きます。
もし藤岡氏が、補助金を切ったことに関して正当だと思っているなら、
「補助金切って、運営はどうなってますか? どんぶり勘定はやめましたか?」とスタッフの人たちに聞いて、自分が来たという存在感を出し、
時とともに消えるFBでなく、ブログに「補助金を切ってあげたので、スタッフの皆さんも自立できたと喜んでいることでしょう。  私へもバケツの水や『何 しに来た!帰れ!』との怒号を浴びせることなく、夏祭りに来たお客さんとして接してくれました。 切り捨てた側にも感謝される、そんなプランを実行できる 行動力のある市長を、オヤジにできて幸せです。」と書くのが、市政改革プラン推進会派の議員として、その政治理念や主張に整合性を持たせた行動でしょう (これらの説明については後述します)。

まさかここまでえげつないことを賛成した維新や公明市議らは思っていないでしょうし、もしそう思っていたとしても、ここまであからさまに本音を出せば、武藤貴也さんに次ぐ話題の主となるでしょうね。

ですが、あなた方がした賛成の意思は、部外者の私でも怒りに任せてこのように書きたくなるほど、政治家としてえげつない行動だと理解してもらえれば幸いです。

8月14日 8:21
【あいりん夏祭り】
昨日、あいりん夏祭りに行ってまいりました。区内において高齢化が極端に進んでいる地区ですが、お祭りには若い方も多く参加されていました。 その地域の方とお話しする機会あり、既得権打破に向けて維新にはもっと頑張って欲しいと激励の声を頂きました。
釜マネーという金券が運用されており、釜マネーはお金がない労働者でもお祭りを楽しんでもらえる仕組みを作っています。 お祭りでのライブは労働者の心に響く音楽でした。私も感動させられました!
藤岡はボール救いをしました^_^
(引用ここまで)

藤岡さん、行政初会の集いや、後見サポートのコスモス会でお会いするのを楽しみにしてますよ。

維新といえば、西成区選出の市議がもう一人います。

西成区玉出中2-6-18(事務所)
電話 06-6657-3722

2003年自民党より初当選より4期目(2010年より維新に鞍替え)のベテラン市議、辻淳子さんです。
彼女は、さすがに地域のことか自分のことかがよくわかってらっしゃるのか、当選後も一切顔を見せたことはないそうです。

事務所は、玉出中2-6-18。

橋下市長は、2014年度から「子どもの家事業」の補助金を廃止しました。
西成には、前述した「こどもの里」と、天王寺に近い場所にある「山王こどもセンター」があり、補助金が切られた今でも寄付やボランティアなどで、0歳から 18歳、障がいのある子もない子も、大人も含めて来ることもできる枠組みで、貧困や虐待状態にある子どもたちを受け入れています。

これは2012年に橋下市長より提案された市政改革プラン内で、
市独自の福祉事業や施設を廃止、
外郭団体の統廃合、
新婚家賃補助廃止、
市立保育所・幼稚園の民営化、
国民健康保険の保険料3%の値上げ、
70歳以上の敬老パスの有料化などとともに
示されたもの。

これは行政プランなので議会審議がなく、パブコメを経て2012年5月25日「見直すべきものは見直せ」との素案に対する決議が採択されます(賛成:維新、反対:公明、自民、みらいOSAKA[民主]、共産)。
その後6月27日には、案の取りまとめがなされ、
7月27日 補正予算決議(=プランに沿って計上された予算)の賛否が議会で問われ、これが事実上の議会承認となっています。
(賛成:維新、公明 反対:自民、みらい、共産)

私も補助金廃止前の弁護士会館での廃止に反対する集会などに参加したり、
市長の成果を自負する維新の会政治家(特に大阪市議)に、「子どもの家を切って、障がいのある子どもや、学童に行きたがらない中高学年以上の子どもはどこ で受け入れるのか?」と何度も聞いていますが、誰ひとり実状すら知らず「経理がどんぶり勘定だから廃止だ。」「学童保育と事業内容がある程度重なる子ども の家事業は利用料ゼロなので不公平があり、学童保育に一本化する。」と繰り返すのが精一杯でした。

寝屋川の二人の子どもが殺された事件が起きた今でも、現場を学ばない彼らはオウムのようにそう繰り返すしかないでしょう。
それは大阪市議会の他の議員も同じです。

西成区選出の市議は、他にも前田修身(公明 天下茶屋東1-17-29)、尾上康雄(共産 橘1-12-19)、柳本顕(自民 山王1-12-4)の各氏がいます。

いずれも三角公園に足を踏み入れることはないようです。

ところで、地元を強調する柳本さんの事務所は、阪神高速の阿倍野側にある柳本酒店の隣です。
阪神高速を新今宮側に越えた動物園前一番街こと飛田本通り商店街でも挨拶をして回っていますが、それ以上南海線側には行きません。

これは父の柳本酒店店主、柳本松太郎 元大阪市議、叔父の故柳本豊 元大阪市議、柳本卓治 参議員から受け継いだボンボン学による“教え”なのでしょうか?

写真は、やぐらの上から撮った慰霊祭の様子。

僧侶による読経と、今年の死者の名前の読み上げと祈りの言葉。
最後は参列者全員による「ふるさと」歌唱。

夏祭り前には今池ガードで1串70円のホルモンを立ち食いし、終了後は超有名なライブハウスには寄らずに、しょんべんガードのママさんに挨拶して帰路に着いたのでした。

広告

投稿者:

watchdogkisiwada

議会の無駄遣いを正して、府下一高い国保・介保料の値下げや、子ども・高齢者施策など、市民利益への還元を! あなたの“かかりりつけよろず相談員”としての使命に励みます!! 行政書士としてトラブル予防を、 防災士として防災や防犯を、 柔道整復師として健康について、 ご相談、承ります。 放漫市長と議会が大赤字にした岸和田市政を立て直す!! あまりにもひどすぎる馴れ合い議会がチェックしていない、議員特権や行政の無駄などを、岸和田で初めて私が追及、是正させています。 情報、批判はコメントいただくか、 メールアドレス:kurohata73@yahoo.co.jp 電話:080-6178-6006まで! 岸和田市議や市長らは私の追及に逃げまどっていますが、自民・公明・維新などのネトウヨ政治家だけでなく、共産・民主他どんな議員とも公開討論、受けて立ちます!!

“盆休み  釜ヶ崎夏祭り” への2件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中