特殊勤務手当について その1

2014-07-31 16:52:26
昔、市の公用車などの乗務員で、運転が仕事なのに毎日「運転手当」がついているとニュースなどで騒がれた特殊勤務手当。
安井俊彦(神戸市議 自民党)が指摘(特殊勤務手当の見直しについて )するように、2004年ごろより、全国的に特殊勤務手当は問題となって、廃止へと進みました。

当時の騒ぎは、まるで、今、政務活動費が問題化しているようなものでした。

地方公務員の特殊勤務手当は各自治体の条例で定められており、清掃や高所作業など「著しく危険、不快、不健康または困難な勤務」に支給されます。
しかし、例えば運転職に運転手当が出ていたり、事務員を含めた水道局職員全員に出ていた手当など、通常業務であっても手当がついている例がたくさんあったのが、問題となったのです。

その問題は10年を経て、私の頭の中にも消しゴムがかかって、忘れておりました。
しかし、あえて調べるのでなく、岸和田市のHPを見ていると、特殊勤務手当(平成25年4月1日現在) の文字を発見したので、和泉市と比べてみることにしました。

基本的には外勤をする職員に手当てが出ています。

2012年実績で、1186万円が支出されています。

職員全体数で割ると、1186万円÷(非正規など付かないヒトを除くと1981-330=)1651人=7184円/人と大した金額ではないように思いま すが、ついている職員は少ないので、一部の職員だけに配分され、残業手当のように生活給の一部となっていると思われます。

比較しやすいように、岸和田市と和泉市の同様の手当てを並べて書きます。
先に書く青い色付きが岸和田市の分です。

岸和田市の分で、手前の金額は、1日、又は1回ごとの金額で、後ろは1年の市の支出総額です。
税務手当 課税・徴税業務 200円/日 84万2千円
税務 徴収手当 160円/日

防疫作業手当  感染症予防業務 150円 4千円
防疫作業手当 伝染病患者の救護、伝染病菌を有する家畜に対する防疫作業に従事する職員 200円/日

保護世帯調査手当 保護家庭指導調査業務 200円 42万9千円
生活保護指導手当 100円/日

介護認定調査手当 介護認定業務 100円 5万5千円

死体火葬手当 火葬業務 375円 22万9千円
葬儀従事手当 250円/日

市営住宅使用料徴収手当 使用料徴収業務 200円 7千円


清掃業務従事手当 ごみ収集業務  外勤1日350円  246万5千円


和泉市にはない手当が3種類あり、同様の手当でも岸和田市の方が手厚い手当となっています。
岸和田市の方が過酷であることを証明できないのならば、同額にするべきでしょう。

広告

投稿者:

watchdogkisiwada

議会の無駄遣いを正して、府下一高い国保・介保料の値下げや、子ども・高齢者施策など、市民利益への還元を! あなたの“かかりりつけよろず相談員”としての使命に励みます!! 行政書士としてトラブル予防を、 防災士として防災や防犯を、 柔道整復師として健康について、 ご相談、承ります。 放漫市長と議会が大赤字にした岸和田市政を立て直す!! あまりにもひどすぎる馴れ合い議会がチェックしていない、議員特権や行政の無駄などを、岸和田で初めて私が追及、是正させています。 情報、批判はコメントいただくか、 メールアドレス:kurohata73@yahoo.co.jp 電話:080-6178-6006まで! 岸和田市議や市長らは私の追及に逃げまどっていますが、自民・公明・維新などのネトウヨ政治家だけでなく、共産・民主他どんな議員とも公開討論、受けて立ちます!!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中