森達也講演会 「世界はもっと豊だし、人はもっと優しい」

2015-11-25 12:05:04
ゲストは、金城実さん、おしどりケン&マコさん、仕切りは趙博さん。

所用のため途中参加だったものの、久しぶりの集会に「どないしとったんや」など多くの方々から声をかけていただき、挨拶にも回った。
森さんからも「また協力できることがあったら、いつでも言って。」とありがたい言葉をもらい、責任も感じる集会でした。

参加は2部からで、森さんの話と参加者座談会より抜粋します。

森さんの話 その1

日本時間9月30日朝、NHKがニューヨークから生中継もした安倍首相の記者会見。そこで外国人記者による質問への答えに、大きな注目が集まりました。

国際メディアはこれについて、
「安倍首相:日本は難民支援の用意はあるが、受け入れはしない」(ワシントンポスト/AP通信)
「安倍首相、日本はシリア難民受け入れより国内問題の解決が先」(ロイター通信)
「日本、シリア難民受け入れの前に、国内問題の対応が不可欠と話す」(英ガーディアン)
などといったタイトルで報じており、
詳しくはハフィントンポストにまとめられています(安倍首相「難民受け入れは?」と問われ「女性の活躍、高齢者の活躍が先」   2015年09月30日 19時44分 JST 吉野太一郎)。

「シリア難民問題への追加の経済的支援を表明したが、難民の一部を日本に受け入れることは考えていないか?」と聞かれて、「人 口問題として申し上げれば、我々は移民を受け入れる前に、女性の活躍であり、高齢者の活躍であり、出生率を上げていくにはまだまだ打つべき手があるという ことでもあります。」などと、意味不明な回答をして、世界に恥を発信したのはご承知のとおりで、あの質問はアドリブだったとの舞台裏が話されます。

詳しくは、こちらの記事を引用します。
米記者から「出来レース」批判された安倍首相国連会見 質問を事前設定か (アジアプレス・ネットワーク) – Yahoo!ニュース
10月6日(火)10時43分配信

「もう1つ、質問が有る。あなたはシリアの難民問題で支援を表明したが、なぜ難民を受け入れないのか?」
ロイター通信の記者がこう質問すると、通訳を通して質問を理解した安倍首相の表情が強張った。
実は、その質問に慌てたのは安倍首相だけではなかった。会見場にいた日本人記者全員が「予定外」の質問にざわめきたったのだ。

日本時間の9月30日朝に行われたニューヨークでの安倍首相の会見。「予定外」の質問とはどういうことなのか。
アイ・アジアが入手した首相官邸の資料や取材に応じたアメリカ人記者の話によると、この会見では、質問者も質問内容も予め決められていたのだ。つまり、出来レース会見だったのである。

アイ・アジアが今回入手した資料は会見前に準備されていたもので、それによると、日本のメディアの記者と外国メディアの記者が交互に、5人まで質問するこ とが決まっていた。極めて興味深いのは、その資料には、質問者の名前とともに、質問内容まで書かれていたことだ。

まずNHKの記者が、日ロ関係について質問、続いてロイター通信の記者がアベノミクスについて質問、続いて共同通信の記者が内閣改造について質問、そして 4番目に米公共放送NPRの記者が、普天間基地の移設問題について質問し、最後が、テレビ朝日の記者で、国連改革について質問、となっている。

これについて、初めて日本の総理の会見に出たというアメリカの雑誌記者は驚きを隠さない。

「質問事項をあらかじめ提出しろということですから驚きました。そんなことは、アメリカでは記者倫理に違反する行為です。ところが、それは日本の政府と記者との間では常に行われていることだというではありませんか。本気かよ?と思ったのは私だけじゃありませんよ」

そして、前述のロイター通信の記者の「予想外」の質問となったわけだ。
予め決められていた質問は、「アベノミクス2.0の新しい3本の矢は、なぜこれを選んだのか。また、具体的に何をしようと考えているのか」で、安倍首相が準備されていた内容を答えている。

その記者が続けてシリア難民の質問を始めた際に、慌てたのが安倍首相だけでなかったことは前述の通りだ。結果的に、安倍首相は難民問題全体に対する取り組 みの必要性を強調し、広報官が次に控えている共同通信の記者に振ったので、会見は荒れることもなく進んだ。しかし、それで終わらなかった。

共同通信の記者が想定通りの質問をし、安倍首相が想定通りの答えを行った後、今度は米公共放送NPRの記者が質問に立った。記者は最初、「普天間飛行場移 設問題について、現状では日本政府と沖縄県との対立があるが、日本政府と沖縄県のどちらが責任をもって対処する問題なのか。妥協策を含む、政府の今後の対 応は?」と質問。

これは予め、予定されていた質問だ。それに対して安倍首相が準備された答弁をし、広報官が予定されていたテレビ朝日の記者に振ろうとした時、NPRの記者が続けざまに、(辺野古)移転後に環境汚染が起こらないと保証できるのかと畳みかけた。

想定外の質問に、安倍総理は明確な返答が出来ず、その後、テレビ朝日の記者の質問は行われずに会見は中止となった。納得がいかない外国メディアの記者たちと対照的に、日本人記者たちは、広報官に挨拶をするなどして足早に会見場を立ち去ったという。

前述のアメリカの雑誌記者が表情を曇らせながら語った。

「アメリカで今、日本のメディアは安倍政権に牛耳られていると報じられているのを、日本の記者たちは知らないのでしょうか?
記者会見というのは市民を代表 してジャーナリストが権力者に挑む場だというのは、アメリカにおいては一般の人も知っている常識です。
しかし、残念ながら、日本の権力者の会見はそうではなかった。
質問内容は権力側が予め検閲し、その答弁は予め準備されており、会見はその通りに行われる…ちょっと信じられません」

NHKと共同通信の記者の質問は、総理官邸が作った資料と一字一句違わなかったという。
企業の粉飾問題などが発覚するたびに「国際的な基準に照らして問題 がある」と批判する日本の新聞やテレビだが、実は自分たちの姿こそ「国際的な基準に照らして問題がある」ことを自覚すべき時ではないか。
(引用ここまで)

たかひら:
記者クラブ制度に見る、飼い慣らされた大本営発表を常々強いり、メディアに権力チェックという本来の仕事をさせずに来たツケを払った安倍首相。
アドリブができんなら、政治家として失格じゃないの?
知らんことは素直に知らんといえば良いし、重箱の隅をつつくような質問でもないのだから、一定の想定はしておくべき。

まぁ、「難民は11人でも、特別在留許可を千人以上許可してで対応している!」などと恥の上塗りをせんかっただけマシかもしれませんけれど。

補足説明:
難民申請をした人々の多くは人道配慮に基づく特別在留許可を与えられ生活をしているものの、難民として認められていないために、日本社会でこれから生きて いくために必要な日本語の研修や、就職の支援などは受けられません。
祖国にまだ残っている家族を呼び寄せたくとも手続き上のハードルが多々あるために、家族の安否を気遣いながら毎日を過ごしているのです。

テロの根本的原因が貧困や格差、米軍などによる市民殺戮ならば、日本の取る道は、戦地への参加ではなく(既に時期は過ぎたが、武装解除などには参加すべき)、難民の保護です。

森さんの話 その2
多数決が民主主義だとする思想と独裁は、親和性が高い。

5.17都構想住民投票で負けた後の記者会見で、橋下市長は、
進退について。70万人という(賛成の)数を見ても、気持ちに変化はないか
との記者に質問に答えて、
だってそれはもう、政治ですから。負けは負け。ここは公務員と違うところです。きのうの街頭演説では戦を仕掛けたわけですから。「叩き潰す」と言って叩き潰された。
民主主義、大変素晴らしいですよ。
メディアも含めて徹底議論した。負けたのに命を取られない政治体制は、日本はすばらしい。僕はこのまま生きて別の人生を歩めるわけですから。
絶対に民主主義は是が非でも守らなくてはいけない。

そのためには報道ですよ。報道の自由は絶対に守らないといけない。僕もメディアにはやいのやいの言ってるけど、報道の自由が民主主義を支える根幹ですから。メディアの皆さんにも頑張ってもらいたいし、素晴らしい政治体制だと思いますね。
と答え、このコメントを都構想反対派の中でも、潔いと受け止めた人が少なからずいました。

ですが、多数で勝っていればもう一方の意見を「叩き潰す」=少数意見は「叩き潰す」ということです。

ナチスは民主主義のプロセスを経て、独裁を進めていきました。
日本でよく言われる「上がやった」について、ナチスのアイヒマンがエルサレム裁判で同じ言葉を言ったのと同じく、その無責任はグルグルと回り続けます。
それについて、同調圧力の日本だからこそ、何度も何度も繰り返し考えてみる必要があります。

広告

投稿者:

watchdogkisiwada

議会の無駄遣いを正して、府下ワーストに高い国保・介保料の値下げや、子ども・高齢者施策など、市民利益への還元を! あなたの“かかりりつけよろず相談員”としての使命に励みます!! 行政書士としてトラブル予防を、 防災士として防災や防犯を、 柔道整復師として健康について、 ご相談、承ります。 放漫市長と議会が大赤字にした岸和田市政を立て直す!! あまりにもひどすぎる馴れ合い議会がチェックしていない、議員特権や行政の無駄などを、岸和田で初めて私が追及、是正させています。 情報、批判はコメントいただくか、 メールアドレス:kurohata73@yahoo.co.jp 電話:080-6178-6006まで! 岸和田市議や市長らは私の追及に逃げまどっていますが、自民・公明・維新などのネトウヨ政治家だけでなく、共産・民主他どんな議員とも公開討論、受けて立ちます!!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中