公共交通機関の障害者割引 その2

2014-06-28 10:22:54
前回お知らせした、「手帳があるのに、割引制度自体がない」のは、精神障がい者の方々です。

岸和田市に関する精神障がいのある方の人数は、泉州・精神障害者倶楽部『青い鳥』病者【菜】の大地の牙
ブログによれば、

Q1)岸和田市の精神科医療機関に入院・通院者数は何人か

A:申し訳ございませんが市では把握しておりません。
ただし、本市で受付をしている自立支援医療(精神通院)の利用者は2,572名おられます。(H23年3月31日現在)

Q2)精神保健福祉手帳の発行数は1~3級までそれぞれ何人か

A:H23年3月31日現在 1級:216名/2級:660名/3級:178名
計)1,054名
岸和田市役所 保健福祉部福祉政策課 回答
で、
もう少し新しい大阪府の統計では、
1156人となっています。
大阪府市町村別 精神障がい者保健福祉手帳 所持者数一覧(平成25年4月1日現在)

さらに私ももう少し詳しく聞いてみました。
回答は、岸和田市障害者支援課 福祉医療担当。

Q1. 岸和田市の交通手段は、南海電車・バス・阪和線、ローズバスですが(他にもあればお知らせ下さい)、これらには精神の障がいがある方への、身体障がい割引のような制度の適応はないのではないでしょうか。

A1.  1点目の「岸和田市の交通手段」につきましては、記載していただいたとおり南海電車・南海路線バス・JR阪和線・地域巡回ローズバスとなります。いずれの交通手段も現在、精神障害のある人への割引制度は行っておりません。

Q2. 民間会社だけの問題ではなく、住民にとっての公共交通機関として、市が助成をつけるような形で、割引適応することはできないのでしょうか?

A2. 2点目の「市が助成をつけるような形で割引適応することができないのでしょうか」につきましては、市単独での助成は困難です。

Q3.どのように市が考えているかと、もし議会で質問・答弁があれば、日にち・議員名・答弁を教えて下さい。

A3. 3点目の「議会での質問・答弁があれば教えてください。」につきましては、平成14年度以降の会議録を確認しましたが、議会での質問等はございませんでした。

なお、日進交通株式会社(06-6791-7422)が、精神障害のある人へのタクシー運賃割引を行っています。

要約すれば、
国や府がやるなら精神障がい者施策に取り組むが、市単独では行わない。

民間バスでなく、市が施策として走らせているコミュニティバスであるローズバスでも割引はない。

議会でもどの議員も精神障がい者割引については無関心である。」
ということです。

岸和田市内の住民で、1000人以上もの有資格者がいるのに、政策上顧みられていない事柄って、あるんでしょうか?

これは、1000人以上の市民の切捨てではないか?
と、思うのですが、皆さんはどう思われますか?

広告

投稿者:

watchdogkisiwada

議会の無駄遣いを正して、府下一高い国保・介保料の値下げや、子ども・高齢者施策など、市民利益への還元を! あなたの“かかりりつけよろず相談員”としての使命に励みます!! 行政書士としてトラブル予防を、 防災士として防災や防犯を、 柔道整復師として健康について、 ご相談、承ります。 放漫市長と議会が大赤字にした岸和田市政を立て直す!! あまりにもひどすぎる馴れ合い議会がチェックしていない、議員特権や行政の無駄などを、岸和田で初めて私が追及、是正させています。 情報、批判はコメントいただくか、 メールアドレス:kurohata73@yahoo.co.jp 電話:080-6178-6006まで! 岸和田市議や市長らは私の追及に逃げまどっていますが、自民・公明・維新などのネトウヨ政治家だけでなく、共産・民主他どんな議員とも公開討論、受けて立ちます!!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中