野良猫や不幸な猫を増やさない対策 

2014-07-24 17:07:25
野良犬よりも猫が多いのは、猫の出産回数によります。

多い子は年3回出産します。
もちろん、出産が多ければ母体にかかる負担はそれだけ大きくなります。

それに交配による伝染病の感染も非常に多く、猫エイズウイルスや猫白血病ウイルスに感染している猫の出産は、奇形子・早産・死産の原因となり、そのような不幸な子猫が引き取り手のないまま殺処分されてしまうとの負のスパイラルにもおちいります。

そのような不幸な子猫を増やさないためにも、野良猫への不妊手術や、今いる猫は、街ネコとして、行政と地域住民が一体となって飼うなどの取り組みが必要です。

全国での取り組みはこちら。
ぜんこく 犬猫助成金 リスト

府内では、大阪市が街ねことして取り組んでいます。

大阪市は次のとおりみなさんの活動のお手伝いをします。
・地域住民や関係者の理解を得るために地域における説明会に参加して地域での合意形成とルールづくりを支援します。

・事業活動が円滑に行えるよう、地域への助言を行います。
・避妊去勢手術を委託動物病院と協力して実施します。
・避妊去勢手術費用の一部(オス5,000円、メス8,000円)を大阪市が負担します。

南大阪では、堺市のみ。
堺市では地域猫活動を実施していこうと するグループに対して、地域猫の不妊手術 費用の一部を助成。

1グループにつき15頭まで。
地域猫活動を行う、活動地域の範囲を明確にしてください。
地域猫の飼育管理を行う、同一世帯でない、3人以上のグループを作ってください。(※ グループ構成員の1人以上と代表者は、活動地域内に居住している必要があります。)

岸和田市では、将来的にも行う予定はないようですが、街ねこが近所の人々が出会いの場を提供してくれたり、癒しの空間を作り出す効果もあるので、行われるべき施策だと考えます。

広告

投稿者:

watchdogkisiwada

あなたの“かかりりつけよろず相談員”としての使命に励みます!! 行政書士としてトラブル予防を、 防災士として防災や防犯を、 柔道整復師として健康について、 ご相談、承ります。 放漫市長と議会が大赤字にした岸和田市政を立て直す!! あまりにもひどすぎる馴れ合い議会がチェックしていない、議員特権や行政の無駄などを、岸和田で初めて私が追及、是正させています。 情報、批判はコメントいただくか、 メールアドレス:kurohata73@yahoo.co.jp 電話:080-6178-6006まで! 岸和田市議や市長らは私の追及に逃げまどっていますが、自民・公明・維新などのネトウヨ政治家だけでなく、共産・民主他どんな議員とも公開討論、受けて立ちます!!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中