田中学 貝塚自民市議のブログを見た方へのお返事 その2

2015-06-02 20:20:50
牛尾さんはまた、新人議員研修会を「忘れていて電話で呼び出され遅刻をしたそうです。
そこで、議会として正式に正副議長から厳重注意をする事になりました。」との田中ブログ表記も非常に官僚的だと感じます。
研修会に行かなくても、困るのは牛尾さんであって、他の議員ではありません(同じ維新会派の中川剛さんは、とばっちりがあるかもしれませんが)。

ところで田中さんの所属する自民党は、そんなに面倒見の良い政党でしたか?

2004年のイラク人質事件の時、イラク・ムスリム・ウラマー協会への仲介要請はしたものの、今年1月の後藤健二さんの時と同様、拘束している側に虚勢を張って刺激しています。

3人が救出後も、外務省は与党からの救出経費自己負担の声にこたえるかたちで、「バグダッドからドバイ間のエコノミー航空券の料金、ドバイの病院で行なった健康診断の実費、ドバイからの帰国費用」を請求しました(支払いは拒否されたままだと記憶しています)。
私は、今井紀明さんや高遠菜穂子さんから直接話を聞きましたが、帰りの航空券(トルコ航空と聞いたと記憶)も持っていたので、ドバイへ行く必要もなかった し、外交官が日常使っている超豪華な医療機関へも行く必要がなかったのです(行くにしても通常の生活者が利用している病院で十分)。

身代金について、アルカイダやISILに身代金を支払った国は、フランス、スイス、スペイン、オーストリア、ドイツ、トルコ、イタリアがあります。

日本は、米国務省の“ポチ”として公式には払っていないとしています(アメリカは、85年のイラン・コントラ事件、2014年キューバのグアンタナモ米軍基地に収監していたタリバンの幹部5人と米陸軍軍曹を身代金付き捕虜交換を行っています)。

しかし、99年のキルギス邦人誘拐事件(現地での「誘拐の危険があるから行くな」との忠告をふりきって危険地帯に行き、誘拐された)では、アルカイダ系武 装 グループに日本外務省が300万米ドルを支払い、外務省領事移住部長が鈴木宗男官房副長官に事前に了承を求めにきたと、鈴木氏も公言し、佐藤優元外務官僚 も「鈴木氏から聞いた」としています。

2013年のアルジェリア人質事件でも、政府は日本人人質の生命保護のため、金額欄を空欄にした小切手を用意していると打診。アルジェリア側は「いかなる状況下でも身代金の支払いは認められない」と申し出を断ったと、中東の衛星テレビ、アルアラビーヤは報じています。

このように人の命についてもダブルスタンダードで、大企業などの関係者は助けても、個人は助けない姿勢を示してきている自民党に所属する議員が、さも「相手のためを思っての提言」のように見せかけた文章を公式にするとは、苦笑するしかありません。

田中さんの言いたいことは、「議員ムラの決まりを守れ!」でしょう。
これこそまさしく、原発ムラや、在日米軍ムラの代言者としての言葉です。福島や沖縄の民意を踏みにじって、経済的利益一辺倒で、命の重さまでを計る政府の姿勢と一貫しています。

そしてその書き方も「彼は、当選証書授与式の時もノーネクタイで来て、当時の南野議長から厳重注意をされているので、今回が2度目になります。まだ若いか らと、済ませる問題では無いですし、トップ当選をしたからと許せる問題では有りません!議会公務をサボるのは、議員としての資質が無さすぎます。次に問題 を起こせば3度目になるので、厳重注意だけでは済まされないです。いずれにせよ、応援してくれた有権者を2度と裏切らないように頑張って欲しいと思いま す。」と、
電車で騒いでいる子を叱るのに「静かにせんと、あのオッチャンに怒られるで!」と言う躾のわかっていない親のように、「南野敬介議長に怒られよった」とし、その後の文章では、有権者をもダシに使っているかのように見受けられます。

牛尾さんは新人なんですから、なぜノーネクタイがダメなのか、新人議員研修会を受けねばならんのかの理屈を、田中さんは先輩として説かねばなりませんが、それはありません。

牛尾さんが当てはまるかはまだわかりませんが、維新議員で、任期中に本会議質問しない議員はザラにいますし、そんな議員でも員数合わせに使わねば、候補者 がいない党です から、彼もその例にならうのであれば、行政の仕組みや、議会運営の基礎知識など不要でしょうし、彼自身も困らないとなります。

もし私が牛尾さんの2件の“事件”について書くなら、「慣習を打破する大型新人登場! その気構えと新しい価値観をもって、硬直する議会をドンドン突き崩していけるかな?」といったプロットを立てて書きます。
そうすれば、その“期待”のプレッシャーが牛尾さんにかかり、議会活動を活発にするでしょうから。

さて、ついでなので、田中さんの仕事ぶりも見てみましょう。
彼の本会議質問回数は、前回の任期中2011~15年で、16回中7回(11年1回・12年2回代表質問1回含む・13年2回代表質問1回含む・14年2回)です。

貝塚市議会では、3月議会は代表質問のみのようですので、それを含めると最大4回、含めず3回となります。
しかし、彼の年間最大質問回数は2回。

田中さんと同会派(自由市民)だった池尻平和さん2回(11年1回・14年1回)や、
同じく田畑庄司さん2回(11年1回・12年代表質問だけ1回・13年議長)、
籔内留治(新拓進)さん2回(11年のみ・14年議長)のような最低回数ランクは3人だけです。

同回数(7回)の人は、
引退した森美佐子(公明)さん(11年議長・12年2回・13年2回・14年3回代表質問含む)、
食野雅由(自由市民)さん(11年3回代表質問含む・12年議長・13年2回・14年2回代表質問含む)、
川岸貞利(無所属)さん(11年3回・12年2回・13年1回・14年1回)。

それ以下の回数の人は、
阪口芳弘(新政)さん6回(11年議長・12年3回代表質問含む・13年1回・14年2回)、
真利一朗(新政)さん5回(14年2回代表質問含む)。

慣例的に役付の1年間は質問しない、正副議長経験者と比べても
引退した北尾修(公明)さん10回(11年3回・12年4回代表質問含む・13年副議長・14年3回)、
中山敏数(公明)さん8回(11年4回代表質問含む・12年副議長・13年3回・14年1回)、
南野敬介(新政)さん8回(11年4回代表質問含む・12年2回・13年2回・14年議長)
よりも田中さんの7回は少なく、
全20議員中、12番目となります。

ついでなので、上位も書いておきます。
1位 田崎妙子(共産)さん(落選)14回(11年4回代表質問含む・12年3回・13年3回・14年4回代表質問含む

2位 谷口美保子(公明)さん13回(11年3回・12年3回・13年4回代表質問含む・14年3回

3位 平岩征樹(新拓進)さん13回(11年3回・12年3回・13年3回・14年4回代表質問含む
明石輝久(共産)さん(落選)13
(11年3回・12年3回・13年4回代表質問含む・14年3回 

5位 前述の北尾修(公明)さん10回

6位 阪口勇(新拓進)さん8回(11年1回・12年4回代表質問含む・13年1回・14年2回)
竹下義之(共産)
さん(引退)8回(11年3回・12年2回代表質問含む・13年2回・14年1回)
松波謙太(新政)さん8回(11年3回・12年4回・13年3回
代表質問含む・14年2回)

南英太郎(新拓進)さん8回(11年2回・12年3回・13年3回代表質問含む

前述の中山敏数(公明)さん、南野敬介(新政)さん

以下、全員前述

12位 田中さんら7回の人たち4人

16位 阪口芳弘さん 6回

17位 真利一朗さん 5回

18~20位 この2回の3人は、べったです。
池尻平和さん田畑庄司さん籔内留治(新拓進)さん


貝塚市議会は、今期から議員定数を20→18人に減らしています。
私が以前『議員の仕事の見える化で、仕事をしない議員は排除されるか?』

『地方議員はもっと減らせばよいのか?』
で書いたとおり、
「議員定数を減らせば、仕事をするしないとは無関係に、単に市民受けの良い(組織のある)候補者が残る」
が、証明されています。

共産会派の全滅ぶりは、票割りに失敗しているのではなく、支持層が全体的に少ないのと、維新の2人に2トップとなるほどの票をさらわれたのが敗因でしょう。

発言回数に戻ります。
自由市民会派自体が、他会派と比べると質問回数が少ない会派なので、会派内では目立たないのかもしれませんが、1年間質問しない正副議長経験者よりも少ない質問回数は、自慢できるとは言えません。

広告

投稿者:

watchdogkisiwada

議会の無駄遣いを正して、府下ワーストに高い国保・介保料の値下げや、子ども・高齢者施策など、市民利益への還元を! あなたの“かかりりつけよろず相談員”としての使命に励みます!! 防災士として、あなたの命を災害や犯罪から守り、 行政書士として、トラブルを予防し、 柔道整復師として、健康に過ごすお手伝いをし、 市民として、行政や議会を正しています。 【メディア出演】 TBS「ビビット」、MBS「VOICE」、ABC「キャスト」他ニュース 読売・産経・朝日・毎日の各新聞社で、その活躍は、度々紹介されています。 放漫市長と議会が大赤字にした岸和田市政を立て直す!! あまりにもひどすぎる馴れ合い議会がチェックしていない、議員特権や行政の無駄などを、岸和田で初めて私が追及、是正させています。 情報、批判はコメントいただくか、 メールアドレス:kurohata73@yahoo.co.jp 電話:080-6178-6006まで! 岸和田市議や市長らは私の追及に逃げまどっていますが、自民・公明・維新などのネトウヨ政治家だけでなく、共産・民主他どんな議員とも公開討論、受けて立ちます!!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中