市長は、在職中に自身の都合でブログなどを消しても良いか? その2

2014-09-21 09:54:10

前回で、秘書課とのメールでのやり取りを打ち切られてしまったので、どうしようかと思っておりましたが、都合の良いことに市長はパレードで大団扇を各地車の曳行責任者に贈呈するセレモニーがあると気付きました。

昨年は、若頭連絡協議会(若協)でしたので、年度始めの顔合わせの際、岸和田グランドホールで、野口聖市長と情報公開のまずさについて話をしました。
野口さんとは「ナンボ説明してもわかってくれへんのや・・・・」のぼやきに、私は「情報公開の本旨をわかってはれへんのとちゃいまっか? 情報は行政が 握っているんだから、わかるように説明せんとあきまへんで。 わかるように説明する責任は、行政にありまんねんで。」と返すような会話をしましたが、今年 の“市長面談”はラパーク前での対面となりました。

1番の若松町がクラッカーを鳴らして出た後、クラッカーのふたなどを拾ってくれている浴衣姿の市長(人柄がわかりますね。 ええ人です。)に声をかけ、質問しました。

桃ウサギ 「HPとブログは何故予告なしに消されたのですか?」

市長 「工事中です。」

私 「HPは管理費がかかっている可能性があるので、止めるのはわかりますが、gooブログは無料ですから、両方とも同時に消す意味が分かりませんが、いかがでしょう?」

市長 「内容については、市のサーバーに保存しています。」
(??? 秘書課は市長個人のものと回答したのに、市のサーバーで保存している???)

私 「工事はいつ完了するのですか? その保存されている内容は、再度そのままアップしなおされるのですか? 言質を取られては都合の悪い文章があったので、突然消したのではないのですか?」

市長 「いつ再開するか、その内容を再度アップするかについても、今はまだ考え中です。」

ここまでで秘書課と同じ回答で、埒が明かないと考えましたので、次の松風町も来ていませんでしたが、話を打ち切りました。

この程度の対話を、なぜ秘書課も市長も嫌がるのか不明ですが、説明責任がある仕事なんですから、職務として市のHPを使ってでも市長HPやブログが現在休止中であることを告知すべきです。

また、議員でもブログにどなたもコメントができるようになっているのは、山田幸夫(自民)、清水隆司(元市議 民主)の両氏だけで、最も活発に更新している京西且哲(無所属)市議をはじめ、岡林憲二(青和)、米田貴志(公明)の各議員のブログにはコメントできなくなっています(山田さんのは風俗の書き込みが放置されていることから、コメント停止をよぉせんので、そのまま書き込まれ放題になっているのではないかと推測されます)。

フェイスブックやツイッターでは返答されるのかもしれませんが、ちょいちょい問いかけたりしていますが、どなたからもレスはまだ頂いておりませんし、ブロ グにコメントできなくしているのは、意見が異なるコメントを書かれて、対話をするのが面倒だということではないでしょうか?

返事を返せないほど市議や市長が多忙なのかもしれませんが、それ以外に何か理由はあるのでしょうか?

議員も市長も、自らの政治行動に対する説明責任や、市民との対話は欠かせません。
しかもネットという便利なツールがあるのに、なぜそれをわざわざ自ら遮断するのでしょうか?
自身に都合の悪いことがあったとしても、それが名誉毀損や、その他の一般的に不適切な発言などにあたらない、単なる意見の相違であれば、自身の考えを示して対話すべきです。

こう書いていますが、私は小心者ですので、攻撃コメントはお手柔らかに願います。

ここでのコメントは承認制にしていますが、業者の挨拶など商業目的のもの以外は、全て承認しています。
むしろ私と反対の意見を求めていますので、どうぞコメントお寄せ下さい。

市長や議員と公開討論も望んでいますので、どうぞコメント、お待ち申し上げております。

広告

投稿者:

watchdogkisiwada

岸和田市の財政位破綻を止める!! 財政破綻が明らかになるほど税金を食いつぶされながら、議会も見て見ぬふりをする 土建屋ファーストな市政を正す!! あまりにもひどすぎる馴れ合い議会がチェックしていない、議員特権や行政の無駄などを、岸和田で初めて私が追及、是正させています。 あなたの“かかりりつけよろず相談員”としての使命に励みます!! 行政書士としてトラブル予防を、 防災士として防災や防犯を、 柔道整復師として健康について、 ご相談、承ります。 情報、批判はコメントいただくか、 メールアドレス:kurohata73@yahoo.co.jp 電話:080-6178-6006まで! 岸和田市議や市長らは私の追及に逃げまどっていますが、自民・公明・維新などのネトウヨ政治家だけでなく、共産・民主他どんな議員とも公開討論、受けて立ちます!! 【メディア出演】 TBS「ビビット」、MBS「VOICE」、ABC「キャスト」他ニュース 読売・産経・朝日・毎日の各新聞社で、その活躍は、度々紹介されています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中