大毛さんの監査結果が出ました。 大毛さんの言い分

2016-04-06 12:18:17
『疑惑の堺市議会 大毛十一郎・前議長向け監査請求』
(監査請求書から抜粋したものでしたが、アメブロアカウント共に消去されました)で、
市政だよりと人件費の合計461万7180円を監査請求受けていた大毛さん。

4月5日付「政務活動費の返還請求について」によると、
市政だよりについては、

「印刷代等の費用及び見積り合わせに関する監査請求人の指摘につ
いて

運用指針においては、印刷代等の費用について金額の基準が示さ
れていない。また、運用指針においては、複数業者への見積り合わ
せも求められていない。
したがって、監査請求人の指摘はいずれも全く当を得たものではない。」

「平成 26 年度の広報・広聴費の市政だよりについて、運用指針で代金の支払方法は指定されていないので現金で行った。
レイアウト、校正等のデータ代 6 万 7,000 円については、運用指針 で印刷代等の金額基準が示されておらず、担当者の時給が 2,000 円程 度で作業に 30 時間程度要したとすると妥当な金額ではないかと思う。」

運用指針が緩いんだからそれを悪用しても問題ないじゃん!
との開き直り。

「印刷代は、印刷物の頁数、用紙サイズや品質、印刷のクオリティ
や印刷様態等のみならず編集やレイアウト作業のクオリティに応じ
ても価格が大きく異なるものである。また、議員が作成配布する市政報告は紙面の数量やそこに盛り込まれる情報量等も議員それぞれにより大きく異なっており、単純に印刷代の金額だけを比較して論ずることにはそもそも意味がない。」

俺のはクオリティが高いんだから、その辺の安もんのチラシと一緒にするなとの論理。
質については、紙の質とか写真とかデザインとかでなく、中身に何が書いてあるかでしょ?
長谷川俊英市議のと比べてみれば、何も書いてないのと同じ程度と言える、自己宣伝文じゃないんですか?
市民に知らせるべき情報など、何か掲載されてますか?

市民である私のブログと比べても、内容で勝っているとは逆立ちしても言えないように思うんですが。

「2 万枚の配布実態が不明との監査請求人の指摘について
2 万枚は産 業別労働組合である JAM 大阪(構成人員数約4万5 ,000 人)及びその傘下の地域別下部組織である堺阪南地区協議会(通称 JAM 堺・阪南・構成人員数約9 ,600 人 堺市にある35の労働組合が属している)を中心に堺市政に関心のある諸組織を通じて配布している。」

「JAM 堺・阪南が 中心であるが、幹事会等がある時にユニオンセンターという組織に届けておいて、持って帰ってもらったり、直接、組合の所在地に届けたりということで、必ずしも一つのルールでそこに持って行ったら配ら れるというものではない。
タイミングよく会合がある場合とない場合とあるので、組織の会合がある時には、電話連絡をしてそこに届けて、量が多くなる場合もあり、持って帰ってもらえない時もあるが、そういう時には、こちらでお届けする。
会合に車等で来ている人は持って 帰ってもらうという処理をしている。
費用については、組織単位で配 布をお願いしているので発生していない。」

「履行確認については、組織にお願いしたということなので、電話で の連絡が来たりという形でしか履行確認はできていない。」

いやいや、堺区だけが選挙区なんだから、そこを重点にしないで、2万枚も選挙区外にまいて、堺市政チェックに貢献してるなどとと胸張るなら、自費でおやりなさい。

選挙時の公選はがきも、そこの堺区外の人に出せばよろしい(違法じゃない)が、そんなことしてないでしょ?

持ち帰りだから配布実態が不明なのも仕方がないなんて、詭弁にもなりません。
駅での配布でも天気や季節によってどうだったかを記録して、それを参考に持参チラシ枚数を決めている市議もいるんだから、2枚もの大量であれば、いつどの組合に何枚渡したかの記録は必須です。

オマケに組合が配ったかどうかの確認もしてないんだから話になりません。

「広報・広聴費の市政だより
見積書並びに成果物は、当時の運用指針においては添付が義務付けられていなかったが、市政だより、見積書、納品書及び請求書を提出する。

市政報告は、その性質上、それぞれの議員において必要性をその都度判断して発行するものであり発行日が近接しているから違法不当な支出であるとの監査請求人の指摘は全く的外れである。

なお、2か月以内で発行日が近接しており、年度末の残額消化であるとの指摘についても、そもそも「2か月以内」ではないし、市政だよりをみれば明らかなよ うに、一件は議会における大綱質疑や視察報告について記載したものであり、もう一件は次年度予算に対する予算要望等と地域防災の取組について記載したもの であって、これまた的外れの指摘であることが明らかである。

そもそも、いかなる内容の市政報告をいかなる時期に作成して配布
するかは個々の議員の裁量に委ねられるべき性質のものであることは論を待たない。」

義務付けられてなくとも、検証できるようにしときなさいよ。
なぜ公開してるかの理由が分かってないんじゃないですか?

しかも大毛さんには、議長の時に「ルールが甘いだろ!」って2014年に議長室で私が提議してますよ。
それを無視しておいて、開き直りはよしなさい。

「人件費について
政治活動と政務活動と で按分しなければならないだけであり、当時の運用指針に基づけば、 領収証についていずれの宛先でなければいけないかは規定されておらず、領収証の宛名が議員名でなくとも按分のある場合は可とするとなっているので、政党支 部の宛名になっていること自体に何ら問題はない。

人件費が按分されていることを明らかにするため平成 25 年分と平 成 26 年分の政党支部の収支報告書等を提出する。

また、勤務実態を示す平成 25 年分 と平成 26 年分の 「 B 事務員 」 の勤 怠表を参考までに提出する。
同事務員は市民相談の受付、ホームペー ジの市政だより更新作業、政策資料の収集、政務活動の会計処理等を行っており、政治活動のみの対価であるとの批判は全く事実に基づか ない誹謗中傷にすぎない。」

なかなかに口調キツク反論してますね。
これ、私や別の請求人が同じ文面で出していたとすれば、こうは書いてこないはずです。
なぜか?
後日、種明かしをします。
ヒントは、今回のソレイユや自民を目の敵にしている会派はどこで、そこがどれだけ私の指摘などによって返還、メディア報道されて叩かれたかを思い出せばすぐわかりすね。

「平成 25・26 年度の人件費について、振込で支払をしており、振込用紙を持ってきているので提出したい。
事務員の雇用契約については、民主党堺市堺区支部の堺市議会議員大毛十一郎が雇用主である。
雇用契約書があるので、これを提出する。
また、事務員と私の関係については、親族ではない。
雇用実態・勤務実態については、政務活動費の挙証資料となるようなものがなかった。
民主党堺市堺区支部と大毛十一郎事務所が一緒なので、按分して支払をしていた。
政務活動の補助をしてもらっており、市民の相談を受け付けたり、電話対応を 行ってきた。
出退勤時間等の管理については、勤怠表を提出したので確認いただ ければと思う。」

「領収書の 宛先 を変更した理由については、私が1年前に議長をした時に政務活動費の問題が大きくクローズアップされたため、議長として、市民が見て分かりやすい添付資料 に工夫しようと呼びかけ、民主党堺市堺区支部は分かりにくいということなので、昨年から大毛十一 郎事務所に宛先を変えた。
領収書にただし書がないことについては、記載を漏らしたという単純なミスで、そのことに尽きると思う。」

広告

投稿者:

watchdogkisiwada

議会の無駄遣いを正して、府下一高い国保・介保料の値下げや、子ども・高齢者施策など、市民利益への還元を! あなたの“かかりりつけよろず相談員”としての使命に励みます!! 行政書士としてトラブル予防を、 防災士として防災や防犯を、 柔道整復師として健康について、 ご相談、承ります。 放漫市長と議会が大赤字にした岸和田市政を立て直す!! あまりにもひどすぎる馴れ合い議会がチェックしていない、議員特権や行政の無駄などを、岸和田で初めて私が追及、是正させています。 情報、批判はコメントいただくか、 メールアドレス:kurohata73@yahoo.co.jp 電話:080-6178-6006まで! 岸和田市議や市長らは私の追及に逃げまどっていますが、自民・公明・維新などのネトウヨ政治家だけでなく、共産・民主他どんな議員とも公開討論、受けて立ちます!!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中