2014年第3回定例会(9月議会) 西田 武史(無所属クラブ)の質問より 小中一貫校編

小中一貫校について、調べてみました。
教育分野には不勉強なので、頭に思い浮かんだのは、トヨタ自動車、JR東海、中部電力など中部財界の力を結集し、200億円以上をかけて設立された、全寮制の中等教育学校「海陽学園 」。

このエリート校は、中高6年間で、費用は約1800万以上と言われます。

これを公教育がやるべきかと勘違いをしながら調べ、先駆者である大阪市に聞いてみました。

大阪市教委 指導部中学校教育担当回答。

小中一貫校の取り組み:
2011年度より進めており、2012年が初。

現在の関わりは浅いが、小学校の教師が中学校の授業を受け持ったり、中学校の教師が小学校の授業に参加し、小学校の教育内容の理解を深めたりしている。
また、小中学校が合同で行事を行ったりすることで児童生徒同士が交流を深める取り組みを、大阪市全てで行っている。

近隣の各校で行っているが、もっと一貫性を高めるため、施設一体型に向けて進んでおり、来春で3校目となる。

メリット:
なじめない中一ギャップの緩和や、それに起因する不登校の防止につながっており、各学校へのアンケート調査でもデメリットは今のところ報告されていない。

今年行われた文部科学省の全国アンケートでも、9割の市町村で効果ありとされている。

教育行政内でも、他の政策よりも優先すべきか:
学力・体力・心の成長を目指して、貧困の問題や、昼夜逆転しているなど「しんどい家庭」の援助も必要だが、教育分野でも手をこまねいているわけではなく、行っていくべきだと考える。

経費について:
現在の経費は、自治体の独自財源で賄われており、国は制度化を検討中なので、自治体の体力と相談ですが、校舎をそのまま使えば、費用も削減できるなど、工夫の仕方もあるのではないでしょうか。

調べてみて、私の不勉強による勘違いも訂正できましたし、
大赤字の岸和田市では、経費に問題はあるものの、推進すべき施策で、問題提起の意味では良い質問でした。

具体的に◇小と△中で連携できないかとか、和泉市立南横山小学校で行われている、市内全域から通学が可能な小規模特認校でのプチ山村留学にまで踏み込めていれば、更に質問の質が上がったと思います。

2014年05月08日付 春夏秋冬 自然が教室 : 地域 : 読売新聞
では、自然や他者への思いやりを身につける、教育の実践が記事になっています。

小中一貫校では、建物の問題があるので、連携型が多いのですが、理想的なのは併設型でしょうね。
説明をウィキペディアより引用します。

連携型小中一貫校
主に、地域の結びつきの強い中学校とその地域の小学校が連携して取り組む事例が多い。
小学校の教師が中学校の授業を受け持ったり、中学校の教師が小学校の授業に参加し、小学校の教育内容の理解を深めたりする。

また、小中学校が合同で行事を行ったりすることで児童生徒同士が交流を深めている。
ただし、国立中学校や私立中学校、都道府県立中学校に進学する者や連携小学校以外からも児童が入学してくるため、他のタイプに比べて大幅なカリキュラムの変更ができないという欠点がある。

併設型小中一貫校
同じ設置者(市町村)が小学校と中学校を併設し、接続して小中一貫教育を行うもの。特徴は他の小学校からもその中学校に進学できることである。
中学校では内部進学生と外部進学生が切磋琢磨して学校生活を送る。
基本的に併設されている小学校の児童はそのまま中学校に進学するが、国立中学校や私立中学校、都道府県立中学校を受験する道は閉ざされていない。

広告

投稿者:

watchdogkisiwada

議会の無駄遣いを正して、府下ワーストに高い国保・介保料の値下げや、子ども・高齢者施策など、市民利益への還元を! あなたの“かかりりつけよろず相談員”としての使命に励みます!! 防災士として、あなたの命を災害や犯罪から守り、 行政書士として、トラブルを予防し、 柔道整復師として、健康に過ごすお手伝いをし、 市民として、行政や議会を正しています。 【メディア出演】 TBS「ビビット」、MBS「VOICE」、ABC「キャスト」他ニュース 読売・産経・朝日・毎日の各新聞社で、その活躍は、度々紹介されています。 放漫市長と議会が大赤字にした岸和田市政を立て直す!! あまりにもひどすぎる馴れ合い議会がチェックしていない、議員特権や行政の無駄などを、岸和田で初めて私が追及、是正させています。 情報、批判はコメントいただくか、 メールアドレス:kurohata73@yahoo.co.jp 電話:080-6178-6006まで! 岸和田市議や市長らは私の追及に逃げまどっていますが、自民・公明・維新などのネトウヨ政治家だけでなく、共産・民主他どんな議員とも公開討論、受けて立ちます!!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中