議論の基礎資料を読まなくても議員なれる! 楽したい議員は維新へ!

渕上猛志 堺市議(民主系ソレイユ堺)のブログで、2015年12月17日の本会議最終日に見られた、維新議員らの勉強熱心な姿勢が報告されています。

議事録を読む程度の議論ベースを構築しておかずとも、自分の嗜好主張すれば議会は動くんです!
こりゃ議員以前の社会人として新人研修受けるべきなレベル。

『残念な最終日③ ~維新の姿勢~』
より要約します。

堺市の有権者名簿68万人+指導員1142名情報漏えい事件については、改めて書きますが、
これを小林由佳・黒瀬大両維新市議の政務活動費ネコババ真相究明百条委員会設置で、維新報道を続けさせまいと、政争の具として逆襲使用と目論んだあさはかな行動によって、図らずも
「維新は議会に勉強せず挑むし、それが“維新スピリッツ”である!」
と、自身らで明らかにしました。

維新は、名簿流出問題を、既に9月から議論されている常任委員会の総務財政員会でなく、新たに特別委員会設置を提案しました。
他にも市民人権委員会、決算委員会でも議論されているにもかかわらず、
屋上屋を重ねたわけです。

そんな丁寧にしたいなら、先ず、自身らの疑惑である百条委員会に、維新だけが反対している矛盾を説明しなければなりませんね。
していませんけれども。

特別委員会設置でその準備に時間をかけ、その間、ネコババ批判に対して名簿流出で対抗したい気持ちが見え見えです。

しかも西哲史市議の質問への反論が振るっています。
「過去の総務財政委員会での議論(議事録)で、何が足りないのかを示してほしい。
そこで議論できない論点は何なのか。
その延長線上(総務財政員会)で議論してはいけないのか。」と尋ねようとした西さんに対し、

池田克史市議は、
「議事録を見ていない。議論されたことすら記憶にない。」
との答弁。

西さんはその先の議論ができず、「時間をとるから、議事録を見たうえで、それを示してほしい」と要望。
当然ですね。
しかし、それに対しても維新は、「この問題が重要だから、特別委員会を」と繰り返すばかりでした。

しかも議会で逆ギレもしており、3期目にして、まだ議論のルールすら学んでないのか?と思わせます。
ここは長谷川俊英市議のブログ から抜粋します。

西さんの質問中、答弁者の池田さんが、同じ維新の水ノ上成彰議長の指示すらに従わないので、長谷川さんが注意すると、
池田さんは「黙れ!」と叫びました。
発言の終わるのを待って長谷川さんは、「議事進行」の動議を提出。
池田さんは発言を取り消し、長谷川さんと水ノ上議長に謝罪しました。
自党の議長の指示にも従わない暴走ぶりは、他会派議員を呆れさせたようです。
(抜粋ここまで)


渕上ブログに戻って、維新が、いまさら持ち出してきた根拠は、
「問題が大きくなったのは、68万人の流出が明らかになった12月から」なんだと。

私ならそこで、「前からずっと議論しとるがな! 議事録見んかい!」と野次ってます。
まぁ、長々とこんな程度の主張につき合わされていれば、維新とくっつきたい公明ですらも呆れ返って「どうせ否決するんだから、恥をさらし続けず早く終われ」と思っていたのでしょうかね?

私は、「『何とかチルドレン』は烏合の衆」との持論を持っておりますが、橋下代表によって議員にしてもらった、または票をもらった烏合の衆選挙互助会であ る維新は、池田さんのように自民党にいながらも勉強していた議員を、勉強せずに力押しが武器な政治家にしてしまったようです。

北区北花田町2丁56番地1
電話:072-253-2345
メールアドレス info@ikekatsu.jp
ホームページ http://ikekatsu.jp

南海グリルで、ステーキばかりをいただいたその勢力のはけ口として議会が使われたのかもしれませんが、その姿こそが維新という政党の姿勢や本質を現しているといっていいでしょうし、これには橋下代表も同意するでしょうね。

西さんについては、面識がなく、自転車道の政策提言に熱心な「西区の西」さんとしか知りません。
2007年にせっかく市議となったのに、11年には1期で府議に鞍替えさせられ落選。
12年衆議院選挙には辻恵衆議員が

12月21日訂正:

西さんが「民主党に玩具にされてきた人」と書きましたが、関係者に聞いたところ、選挙を市議・府議・衆議院と変えているのは、すべて自身から自発的に行っているとのこと。

民主党の選挙互助会としての構成員にふさわしい人材だと私は理解したとしても、支持者に説明できているんでしょうかね?

最も合理的説明は、「黙って俺について来い!」であり、それ以外に何を言っても説明にはならんのではないかと思いつつ・・・・

国民の生活が第一の党に行ったので、その刺客として候補者にさせられ落選。
15年に再度市議に当選。
と、民主党に玩具にされてきた人です。

市議→府議→衆議院→市議と、毎選挙で次々と目標とする政治の場を変えるのは、そのまんま東国原英夫さんや佐藤ゆかりさんさん流の「政治家でありさえすれば何でもいい」政治屋姿勢と同じですが、今回は良い人身御供の役目を果たされました。

Good job!

広告

投稿者:

watchdogkisiwada

議会の無駄遣いを正して、府下一高い国保・介保料の値下げや、子ども・高齢者施策など、市民利益への還元を! あなたの“かかりりつけよろず相談員”としての使命に励みます!! 行政書士としてトラブル予防を、 防災士として防災や防犯を、 柔道整復師として健康について、 ご相談、承ります。 放漫市長と議会が大赤字にした岸和田市政を立て直す!! あまりにもひどすぎる馴れ合い議会がチェックしていない、議員特権や行政の無駄などを、岸和田で初めて私が追及、是正させています。 情報、批判はコメントいただくか、 メールアドレス:kurohata73@yahoo.co.jp 電話:080-6178-6006まで! 岸和田市議や市長らは私の追及に逃げまどっていますが、自民・公明・維新などのネトウヨ政治家だけでなく、共産・民主他どんな議員とも公開討論、受けて立ちます!!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中