百条委員会は、維新のおもちゃではない

3月議会で中断している小林由佳・堺市議(維新)の政務活動費ネコババ事件。
現在、私が返還させた人件費、その後再度別の人に監査請求されて返還勧告を受けたチラシや携帯電話代などの返還額は、405万8653円
10万8264円携帯電話(契約状況が確認できない)
42万5093円(遅延損害金5%)で合計459万2010円
まだ返さんぞと頑張っているのは
634万9518円(遅延損害金5%除く)です。

これについて、弁護士が橋下徹、吉村洋文、坂井良和の3人(しかも坂井さんは元判事!)もいながら、事実関係を明らかにできなかったので、堺市議会は初の 百条委員会を設置したのですが、その場でも小林さんは「この件に関しては市長が刑事告訴し、受理されたと聞いており、刑事訴追に関わるおそれのある事項と 考えますので、この場での証言を控えさせていただきます」と証言拒否を連発。

業者が印刷の専門業者ではないのになぜ発注したのか、
業者の選定理由、
チラシをどこで配布したか、
自宅に届いたとしている政策ビラの紙質、
配りきれなかったとする分の破棄方法
などについても、
同様の理由をあげ、証言を21回にわたって「この場での証言は控えさせていただきます」と拒否したり、たびたび、後ろに控えた補佐人の弁護士と相談する場面が見られました(共同では15回以上とカウント)。
また細かい内容に踏み込まれると、「覚えていない」「記憶にない」「わかりかねる」などと答える場面も目立ちました。

維新は小林さんを庇うだけで、「議員としての説明席責任を果たせ」とは一言も指導せず。
むしろ、「百乗委で小林さんをいじめるな」とばかりに反発し、68万有権者名簿の情報漏えいについて、千載一遇のチャンスとばかりに、「これを百条委にかけろ!」と、法律や条例への無知ぶりをさらけ出しています。

他にも竹山やめろ街宣のような、維新隠しの他市からの動員による抗議行動も行っています。
そちらについては後日書きます。

長谷川俊英アクション日記 より
3月3日 (木) ?桃の節句らしく、13.8℃。よく晴れて、暖かい陽射しに心が弾みます。

■今日の本会議では、大阪維新の会の「100条委設置提案」について質疑
ところで、今日の大綱質疑終了後、大阪維新の会から2つの議案が提出されました。そのうち、情報流出事件に関する100条調査委員会の設置議案は、昨年12月議会でも提案した特別委員会の焼き直しです。

昨年は、維新以外の全会派が「これまで審議してきた総務財政委員会で行うべきだ」と主張し、維新の提案は否決されました。今回は、「100条調査権を付与する」とした提案ですが、実際にその委員会で調査するには、いくつもの問題があります。

例えば、流出データにアクセスした通報者やその相談者を証人喚問するというのですが、当該人物の名前も住所も分かりません。証人喚問は文書で相手方に通知する手続きが必要で、実際には不可能なことです。
また、事件を起こして懲戒免職になった元職員も、昨日、警察に刑事告訴状が提出された上、損害賠償請求を受けており、証言を拒否することが確実に予測されます。
さらに、職員への処分の公平性を調査するというのですが、100条調査権には限界があって、執行機関の専管事務(懲戒権など)を調査対象とすることが できません。設置決議に盛り込まれた「調査経費」の額も根拠のない数字で、これでは提案者が意図する調査目的を果たせないのです。

これらの疑問点を質しましたが、答弁に窮した池田議員が「重箱の隅をほじくるような質問だ」と言い出すなど、議案の提案者としての責任すら放棄するお粗末さでした。
(引用ここまで)

これを突っ込まれた維新側から書けばこうなります。

池田克史ブログ
大綱質疑最終日
2016.03.03 Thursday

大綱質疑最終日3日目です。
我が会派から伊豆丸議員と私が登壇しました。伊豆丸議員は、始めに、68万人個人情報流失事件について質しました。この事件の報道発表は12/14でし た。 しかし、実は20日も前に堺市はその可能性を把握していたことが判明しました。竹山市長は、事実を即座に市民に公表せず、職員の処分と合わせ技で幕引きを 目論んだのです。まさに、隠蔽体質、組織防衛と言えます。ちなみに、第三者による検証委員会メンバーには、堺市と年間で15億円も取引する関連会社の方が おり、計3回開かれた後の報告書での指摘も本当に甘いものでした。また、元職員と元上司との証言の食い違いも解消されないまま、我々はもはや真相解明のた めには百条委員会しかないと思っています。

伊豆丸議員は、人事委員会勧告についても質問しました。この勧告を受け、議員と職員の賞与が引き上げられます。68万人個人情報流失など不祥事が 相次ぐ中、昨今の経済情勢を踏まえたら到底認められるものではありません。

大綱質疑3巡目は私でした。
取り上げた項目は、副首都・大阪と堺のこれからについてなど、政令市10年を迎える堺の今後の考えを質しました。続いて、我々から議員報酬を2割カットする 条例案と個人情報流失事件に関する百条委員会設置決議案を上程しました。

長谷川俊英議員からは、百条委員会設置決議案についてだけ質疑がありました。その内容は、我々が市当局に投げかけた真相究明に関するものではなく、ひたす ら維新潰しを狙った事務の手続き論や粗探しに近いものでした。私が長谷川議員にその旨を指摘すると、いつものように逆ギレしご立腹の様子でした。

これまで、政務活動費に関する百条委員会にあれだけ熱心に取り組む方でしたが、今回の68 万人個人情報流失事件の真相解明にはやる気が全くないようです。これが住民代表の議員としての姿とすれば嘆かわしい限りです。
(引用ここまで)

これを読み比べて、どっちもどっちだと思いますか?
長谷川さんは質問の理由を解説していますが、池田さんはなぜ百乗委員会が必要なのかの理由を示さず、その限界についての説明すらせず、ひたすら感情論で対抗しています。
維新議員や信者がいつも使う手口です。

それでは池田さんに伺いますが、
なぜ小林さんの百条委設置に反対したのか、その他多大阪市・堺市で多くの政務活動費ネコババ議員を輩出している維新会派が、なぜその真相究明に百条委設置を求めないのか?

自分たちに都合の悪いことには蓋をして、政争の具とできるチャンスには飛びついて、感情的に発言する。

何度も、幾人もの維新議員や支持者と対話し、私にとっては維新関係者らとの対話が最大回数となった今でも、議会・行政運営や、法に基づいて回答してきた人はだれ一人いないと断言します。
しかも何度も、また常に私は公開対話を求め、受けると公言しています。

議会のような限られた場でなく、争点を絞って、十分に議員としての説明責任を果たす場を設定すればいいのです。

黒幕に一時的になっている、橋下さんが維新を代表する人であるならば、彼がやってきたことは「勝てる喧嘩しかしない」です。
手かせ足かせをはめて、学者連中に罵詈雑言を浴びせ、「出て来い!」とは言いますが、勝てない相手とは対話を拒否する。

慰安婦発言での吉見義明・中央大学教授には公開討論どころか、吉見さんの公開質問から13年9月3日、松本高秋秘書部長名で「個々の質問には答えない、基 本的な考え方はサンフランシスコ市議会へ送付した公開書簡の内容を見るように」(回答要約)とのお粗末な回答でトンズラ。
WTCビル購入&庁舎移転に伴う税金投入問題で住民訴訟をしている、西谷文和さんの公開討論要請からもトンズラ。

TWで吠えるだけです。
橋下徹がフリージャーナリスト西谷文和を「訴えてやる!」 – Togetterまとめ

維新は公党として、橋下氏のトップダウン以外に何かしましたか?
大阪府・市、堺市では第一会派、東大阪市では第二会派ですが、「数は力」、「数こそが民主市議」など、誤った認識をとうそぶいている維新が、数を取ったときに何をしたか?

トップダウンな指令に基づいて各議会で提起し、議決時に立つだけで、議会改革や行政と市民の橋渡し(行政を敵にするとの選挙対策のため、溝はつくり続けていますが)、議会・議員のチェックなど、議員としての仕事を何かしたというなら、ぜひ教えてください。

議員数に見合うだけの仕事なら、大変革が起きているはずですので、私の見習わせていただきます。

広告

投稿者:

watchdogkisiwada

議会の無駄遣いを正して、府下一高い国保・介保料の値下げや、子ども・高齢者施策など、市民利益への還元を! あなたの“かかりりつけよろず相談員”としての使命に励みます!! 行政書士としてトラブル予防を、 防災士として防災や防犯を、 柔道整復師として健康について、 ご相談、承ります。 放漫市長と議会が大赤字にした岸和田市政を立て直す!! あまりにもひどすぎる馴れ合い議会がチェックしていない、議員特権や行政の無駄などを、岸和田で初めて私が追及、是正させています。 情報、批判はコメントいただくか、 メールアドレス:kurohata73@yahoo.co.jp 電話:080-6178-6006まで! 岸和田市議や市長らは私の追及に逃げまどっていますが、自民・公明・維新などのネトウヨ政治家だけでなく、共産・民主他どんな議員とも公開討論、受けて立ちます!!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中