学校図書館コーディネーターについて

2015/12/28, Mon 19:35 回答

岸和田市内の全小中学校に学校図書館コーディネーターを配置しています。

図書館司書または司書教諭の免許保有の専門的な知識をお持ちの方にお願いしています。

小学校は週2回、中学校は週1回勤務していただいております。
小学校では、子どもたちの図書の時間や休憩時間に本の紹介をしたり、絵本の読み聞かせをしたりしています。

必要に応じて授業で使用する調べ学習の本等を、学校図書館の中の蔵書から紹介したり、市立図書館から借りて準備したりしています。

長期休暇の前などには、休み中に読むおすすめの本を紹介する図書室だよりを全小学校共通で発行しています。

中学校では、学校図書館を使用するためのオリエンテーションをして、図書館の利用を勧めています。
休み時間に本を読みに来た生徒の図書に関する相談に乗ったりすることもあります。

小中学校とも本の貸出業務を行い、学校図書館の整備をしています。
本のディスプレイや部屋の飾りを工夫して環境を整えたり、おすすめの本の紹介コーナーを設けたりしています。
また、新しい図書購入の際、司書教諭や図書館担当教諭とともに購入本の選書もしています。

学校図書館コーディネーターには、以上のように小中学校で児童生徒の読書意欲の向上、読書習慣の形成のために活躍していただいております。

回答が年末差し迫ったこの時期になってしまい、申し訳ございません。
末筆ながら、高比良様にとりまして、
来年も良き一年となりますようお祈り申し上げます。

—————————————-
岸和田市教育委員会 学校教育部学校教育課
指導主事 川田 智子

先般、岸和田市立学校においての学校図書館コーディネーターについて、質問をしました。
他の図書館関連の質問とセットにし、回答への再質問の中で出てきたものであったのと、司書に関する事項なので、岸和田市立図書館宛にそのまま質問を続けました。

この回答について、生徒が図書とのつながりを深めたかどうかは問いません。
一時的に本の貸し出しが増えることと、生徒が生涯知識を吸収する姿勢を身に着けたかは別問題だし、それは長期にわたって追わねばわからないからです。

それでも学校で、生徒の図書館や図書への結びつきを深める努力をしているのは評価できます。

さて、良かった良かったと終わり・・・・ませんよ!
ちょっと待って!!
と言いたくなるやり取りが、この回答を引き出す前にあったので、そのやり取りについて、抜粋します。

11月26日 たかひら:
学校図書館コーディネーターについても、小中学校においてどのように活躍されているのかを伺うとともに、子ども司書制度への取り組みについてどのような進捗状況にあるのか、やらないのであればその理由も教えて下さい。

12月11日 岸和田市立図書館 永橋正敏:
学校図書館コーディネーターについては、他組織の管轄に属しますので、回答は控えさせていただきます。

この回答時に、図書館は他にも回答をしているので、それも全文掲載すると、
「平素は岸和田市立図書館をご利用いただきありがとうございます。
読書通帳のスポンサーの件ですが、読書通帳の導入について未定ですので、現在のところ、企業等に働きかけていません。
子ども司書の育成については、今後、研究してまいります。」
です。

この4行の回答をするのに、2週間かかっています。
しかもたらい回しで、どこの課に聞くのかすら教示していません。
民間会社で、こんなに待たせてたらい回す例があるのでしょうか?

私は、他市の図書館とも様々なやり取りをします。
他府県では先進的な事例に取り組む図書館なので、数日中に返答があるのが通例で、府下の図書館でも待たせる際は、「○日程度お時間ちょうだいします」とか、本を借りに行くと、何も言わずとも「あの件ですが、もう少し待ってもらえませんか?」と言われることもあります。

何も言わずに待たせる図書館もないとは言いませんが、その中でも最もひどい例の一つです。

12月12日 たかひら:
コーディネーターについては、「他組織」に転送頂き、そちらから返答くださるようお願いします。

「他組織」はまさか、和泉市など別自治体ではないでしょうから、 どこが管轄下すら示さず「図書館の管轄ではない、どこかは質問者側が探して、再質問せよ」などといった人情味や市民サービスの欠片も見当たらない回答では なく、どこが所管か示し、「そこへ回したので、そちらからの返答は待て。」とするのが、よろしいのではないでしょうか?

今回、そうされなかった理由、そのようにしなくてよいならその根拠について教えてください。

12月27日 図書館 永橋正敏
学校図書館コーディネーターについては、学校教育課の管轄に属します。
所管課について示し漏れたことをお詫びいたします。
回答については、学校教育課に依頼しておきます。

これも2週間かけねば回答を出せないような難問でしょうか?
前段は、
「読書通帳のスポンサーの件ですが、スポンサーについて検討する以前に、読書通帳を導入するかどうかの検討が必要です。
読書通帳を導入するには、予算を確保する必要があり、図書館だけで導入を決めることができません。
今後研究してまいります。

子ども司書の取組みについても、それを行う以前に、他市等の事例を研究する必要があること、また、その取組みに割ける人員がいるかを含め検討する必要があることから、子ども司書を導入するか未定です。
今後研究してまいります。」の5行で、この回答なら、電話で即答できる程度のものです。
むしろこれが即答できないなら、行政人として失格だとも言えるような「今やってない。 これからやるかどうかも今すぐ答えられない。」という定型文の回答でしかありません。

そして、冒頭の12月28日付け岸和田市教育委員会 学校教育部学校教育課からの返答に至ります。

冒頭の返答に対して、私は以下のように要望しておきました。

転送の返答ありがとうございました。

当初、図書館への質問をしましたが、図書館は「担当課ではない」と、そのままどこが担当課かすら示さず返信してきましたので、担当課へ回してくださいとお願いしたところでした。

たらい回しをいまだにして、しかもプロである行政が素人の市民に担当課を教示しない姿勢に違和感を感じております。

どうぞ、市民サービスでなく、社会通念上のビジネスマナーとして、たらい回しは原意慎まれるようにお願い申し上げます。

また、この回答は、今までそんな提案について調べてませんでしたとの告白でもあります。
図書館側がプロとしてアンテナを張っておいてくれよ…と言いたくもなりますが、文教民生常任委員会もそれらについて予算措置をとれないのかなどと提言していなかったことが伺えます。

今期の委員に責任をかぶせるのは、新人もいるので、少しかわいそうな気もしますが、井上源次(委員長、自民)、井舎英生(副委員長、改革)、南加代子、松本妙子(公明)、澤田和代、中井良介(共産)、西田武史(刷新)、井上孝三郎(新生)の各議員には、提言をお願いしたいところです。

『地元図書館も知らずに、遠方の図書館へ慰安旅行に行く議員たち』
で書いた、2年半も委員をしながら、図書館について初めて学ぶような京西且哲さんのような慰安旅行目当て委員ばかりに、市民は税を食わせているわけではありませんので、そこんとこヨロシク!!と言っておきます。
京西且哲さんと書いたので、久しぶりに彼のブログを見ましたが、土生神社の宮司に名前まで使って私のブログに反論をしたのに返り討ちにあったのでか、12月議会があり、質問もしているのにブログ更新は1か月間なし。

市民の口をふさいで悦に入っていたのに、ついに自分の口を塞がざるを得なくなったようですね。
議会報告もできんなら、他の議員のように昼食のラーメンや、政党のCMでも書き、はじめから議員面をやめればよろしい。

同じ会派の西田さんや金子さんも、Fbに書き込みをやめているように、沈黙を保つのが、彼らの会派刷新クラブスピリッツです。
無言クラブとでも改名をお勧めしておきます。

そしてFbを使っている岸和田市議は何人もいますが、誰一人として議会情報は書いていません。
会議があるとかの情報ではなく、中身の情報ですよ。

澤田さんのように国政的な情報を出している人でも、市政情報は出していません。
私のアップしている情報と被ることもありますが、私は議会内情報は得られないので、メディアの情報をシェアするしかないんです。
議会人なら、議会の情報を書いてください。
それを書けば仲良し議会にいられなくなると懸念しているのでしょうけれど、そもそもそんな「空気を読む」のが議員としての姿勢なら、議会の意味はありません。


私のキャッチフレーズではありませんが、来年こそは、役所が立て直ってくれることを期待し、それへの協力を続けていきたいと思います。

議員には何も期待しませんが、受け取っている歳費の1/10程度でも仕事をしてくれないと、市民から「議会などいるのか? あれを見てもまだそう言えるの か?」と迫られた際、すみませんとしか言えなくなるので、せめて選挙運動や口利きでなく、具体的に何か仕事をしたと一つぐらいは言えるようになりましょう ね。

 

広告

投稿者:

watchdogkisiwada

岸和田市の財政位破綻を止める!! 財政破綻が明らかになるほど税金を食いつぶされながら、議会も見て見ぬふりをする 土建屋ファーストな市政を正す!! あまりにもひどすぎる馴れ合い議会がチェックしていない、議員特権や行政の無駄などを、岸和田で初めて私が追及、是正させています。 あなたの“かかりりつけよろず相談員”としての使命に励みます!! 行政書士としてトラブル予防を、 防災士として防災や防犯を、 柔道整復師として健康について、 ご相談、承ります。 情報、批判はコメントいただくか、 メールアドレス:kurohata73@yahoo.co.jp 電話:080-6178-6006まで! 岸和田市議や市長らは私の追及に逃げまどっていますが、自民・公明・維新などのネトウヨ政治家だけでなく、共産・民主他どんな議員とも公開討論、受けて立ちます!! 【メディア出演】 TBS「ビビット」、MBS「VOICE」、ABC「キャスト」他ニュース 読売・産経・朝日・毎日の各新聞社で、その活躍は、度々紹介されています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中