新たな架空チラシで政務活動費返還 平田大士 堺市議(自民)報道偏

自民市議、政務活動費199万円返還へ  大阪・堺:朝日新聞デジタル
村上潤治  2016年2月15日15時35分

平田大士(ひろし)(38)=自民党・市民クラブ 堺市議が政活費199万円返還へ – 産経ニュース
2016.2.15 20:08

自民・堺市議 政務活動費 200万円返還 |MBS 関西のニュース
2月15日(月)23時29分配信
より

堺市の平田大士(ひろし)市議(38)=自民党・ 市民クラブ=が2013年度と14年度に政務活動費に計上した広報紙の印刷・配布代金など199万円を市に返還することがわかった。

市内の男性が5日、平田氏が架空の印刷・配布代金を政活費から受け取ったとして、市長に199万2543円を返還させるよう求める監査請求書を提出していた。
請求書によると、平田氏は広報紙の印刷・配布代金を15年3月までの18カ月間、毎月7万7千円~8万7800円、計145万円計上した。

男性は 平田氏の選挙区である西区内及び市議の地元菱木地区に対し 約 100 件無差別に聞き込み及び電話での確認をしたところ、市議の広報紙を受け取った、見たと答えた人は 皆無であり、配布された痕跡が見当たらなかったばかりか、政務活動費領収書においても添付が定められている広報紙原本は一枚も添付されていない、と主張。

これに対し、平田氏は12日、市議会議長に書面で199万円全額の返還を伝えた。
平田氏の事務所は15日、取材に対し「市民からの監査請求を受けて内部で調査し、基本的に架空のものはなかったが、状況がはっきりしないものもあり、けじめをつける意味もあり、全額返還することにした」と説明した。

監査委員事務局は15日付で、男性の請求を受理。
平田氏の事務所は「監査には協力する」としている。

MBS「VOICE」などTV
より

スタッフ 山根健(元堺市議 北区 2015年1期で落選)のインタビュー
「一種のけじめ。 監査を受けても通りきらなそうなものが入っている。」
「看板製作費など政務活動費をあてることに問題があると思われるものも見つかった。 市民から疑念を持たれた以上、けじめとして全額返還することにした。」

配布業者「息子に代替わりしてからは少なくなっている。 チラシは配布しているが、記録は残っていない。」
(引用ここまで)

広告

投稿者:

watchdogkisiwada

議会の無駄遣いを正して、府下一高い国保・介保料の値下げや、子ども・高齢者施策など、市民利益への還元を! あなたの“かかりりつけよろず相談員”としての使命に励みます!! 行政書士としてトラブル予防を、 防災士として防災や防犯を、 柔道整復師として健康について、 ご相談、承ります。 放漫市長と議会が大赤字にした岸和田市政を立て直す!! あまりにもひどすぎる馴れ合い議会がチェックしていない、議員特権や行政の無駄などを、岸和田で初めて私が追及、是正させています。 情報、批判はコメントいただくか、 メールアドレス:kurohata73@yahoo.co.jp 電話:080-6178-6006まで! 岸和田市議や市長らは私の追及に逃げまどっていますが、自民・公明・維新などのネトウヨ政治家だけでなく、共産・民主他どんな議員とも公開討論、受けて立ちます!!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中