待機児童の解消法 先進例

岸和田市の待機児童数は50人程度ですが、東京などでは、数千人もの待機児童がいますし、全国的な問題でもありますので、先進的な施策を行っている自治体もあります。

横浜市は林文子市長が、「待機児童ゼロ」を公約にし、1期目で達成しましたが、保育の質や待機児童数のカウント方法には疑問がありますので、別の自治体の例から見ます。

① 公立待機児童園 静岡市
2011年に当選した静岡市・田辺信宏市長の「待機児童をゼロ」公約によって新設されました。

育児休業明けなど、年度途中に保育園への入所を希望したものの、保育園に余裕がないため入所できない場合などに、保育所に入所できるまでの間、お子様を保育する施設です。

「おひさま」(定員72人)と「まりん」(定員48名)、「あおば」(定員24名)の3箇所があり、公立の認可外保育施設として、公立保育所の保育士によって保育が行われ、面積基準・職員配置・保育料は、市内認可保育所基準と同じなので、保護者も安心できます。

但し、面積基準については、保育制度に詳しい元帝京大学教授の村山祐一氏によるこんな意見もあります。
「現在の保育室面積の最低基準は、戦後の貧しい時期に決められたもので、ギリギリの最低線です。こんな豊かな時代に引き上げられない方がおかしいでしょ う。 子どもが遊んだり、食事をしたり、寝るのを同じ部屋でしているのは先進国では他にありません。国の最低基準では、0~1歳児の保育室は3.3平方メートル ですが、日本女子大住居学科の定行まり子教授らの研究では『必要な面積は4.11平方メートル』という報告も出ています。」

これらの施設は、あくまでも認可保育所への入所待ち施設なので、保護者からは「ここでずっと保育して欲しいという声もいただきます。」(「おひさま」副園長)と評判も良いのですが、希望している先に空きが出来た場合には、必ずそちらに入所しなければなりません。

このような建物としての施設は、どこの自治体でも建設できても、保育士を確保できないので、運用に二の足を踏むことも考えられます。
しかし、ここでは保育士の数は、待機児童の人数に合わせて柔軟に増減され、年度初めは別の市内の公立保育所に配置されていた保育士でも、夏を過ぎて待機児童園の人数が増えて来たら、随時そちらに移ってもらう仕組みで、対応しています。

この増減は、公立保育所の保育士という公的なバックアップがあるからこそ、この施設は成立しているといえます。

後日書きますが、「公的な施設を減らせ、公務員を削減しろ」と市民が要求するのは、裏を返せば、「その行政サービスの不足は市民が担う」との覚悟があるとの担保が必要だということです。

日本の公務員数(人口1000人当たりの公務員数、2008年)は、調査40カ国中4位の少なさです(国公立の学校・病院・福祉施設の従事者や交通、郵便、水道ほかの公的企業の就業者は別)。
先進国(OECD諸国)で見ると、2位になります。
1.韓国 16.4(人)
2.日本 17.5
3.トルコ 17.8
4.イスラエル 17.9
5.メキシコ 19.6

労働人口に占める公務員数(2008年)でも、OECD32カ国平均が15%に比べ、日本は6.7%で、下位には5%強の韓国しかいない状況です。

「公務員は減らせ、サービスは良くしろ」なんて芸当はどんな優秀な経営者でもできませんから、行政サービスは小泉改革以来、特に都会でない地域において、どんどん切り捨てられています。

② 20年限定認可保育所 東京 町田市
石阪丈一市長の「待機児童解消」の公約に基づき、2009年から期間限定の認可保育所を新設。
土地には3000万円、建物には月額60万円の家賃補助をして、1000人以上の定員を増やしました。

③ 保育所 用地転用 世田谷区
世田谷区では、公園や公務員宿舎の跡地などの国有地・都有地だけでなく、公立中学校内にも保育所をつくっています。

これを準用して、「廃校になった小学校や私立幼稚園を、保育所に転用しよう」との声も聞かれますが、そのような場所は過疎化で住民の全体数自体が少なく、保育所に通う児童数も少ないのです。
そして、そのような場所でも、遠方より預けに来る保護者はいるかもしれませんが、認可保育所では給食の自園調理が決められていて、認可幼稚園では給食施設を持たない場合も多いので、新設の必要性があります。
その他、はいはいの場所も必要です。

もし需要があるなら、それらを新設しても、新たに保育所を建設するよりは安いので、転用の意味はあるでしょうが、岸和田市では廃校で、現存する建物ってありましたっけ?
まさか、中央公園内の旧岸和田村立尋常小学校は、使えませんし、今後廃校が出たときの予備案ですね。

広告

投稿者:

watchdogkisiwada

議会の無駄遣いを正して、府下一高い国保・介保料の値下げや、子ども・高齢者施策など、市民利益への還元を! あなたの“かかりりつけよろず相談員”としての使命に励みます!! 行政書士としてトラブル予防を、 防災士として防災や防犯を、 柔道整復師として健康について、 ご相談、承ります。 放漫市長と議会が大赤字にした岸和田市政を立て直す!! あまりにもひどすぎる馴れ合い議会がチェックしていない、議員特権や行政の無駄などを、岸和田で初めて私が追及、是正させています。 情報、批判はコメントいただくか、 メールアドレス:kurohata73@yahoo.co.jp 電話:080-6178-6006まで! 岸和田市議や市長らは私の追及に逃げまどっていますが、自民・公明・維新などのネトウヨ政治家だけでなく、共産・民主他どんな議員とも公開討論、受けて立ちます!!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中