市民の知の集積、民主主義発信の場としての図書館をめざせ!

図書館については、先日、堺市立女性センターで、「図書館と地方自治」と題する、慶應義塾大学教授・片山善博さんの講演がありました。
片山さんは、元鳥取県知事で著名ですね。

参加した長谷川俊英 堺市議の11月15日付けアクション日記 や、山敷恵 高石市議の議員日記 などから公演内容を引用します。

講演内容は、
自身が高校時代に学校図書館の司書の役割の大切さを感じ、知事就任後は、図書館・学校図書館行政に力を入れてきたが、当初は議会からなかなか理解されなかった、
図書館は知的活動の発信地・知的財産であることを語るなかで理解が広がり、3年計画で、県立高校には100%正規職員で司書を配置、小中学校にも配置するように市町村にも話をした結果、95%の小中学校に(正規・非正規を含め)司書が配置された、
県立高校と県立図書館の司書を正規職員で募集した時は、全国から応募があり競争率は50倍を超えた結果、とても優秀な司書を採用することができた、

図書館は人(職員・司書)が命、
司書の重要な任務は「レファレンス(調査)」にあり、決して「無料貸本屋の番人」ではない、
地域の歴史・文化を蒐集し継承する、という知的拠点としての図書館の役割の重要性を認識することが大切、
学校に司書を配置し読書環境を整備することは、迂遠なようで長い目で見れば子どもたちの人生にとって大変効果的な役割を果たす、
公立図書館や学校図書館に、司書を配置し大切にするかどうかは自治体の見識の問題、
地域の本屋さんと一緒に地域の読書環境を育てる、という意識を共有することが大切、

地域の知的拠点である、公共図書館や博物館には、長期的視点をもった人材が必要で、指定管理者制にはなじまない、
企業がやり、見栄えは良くなるかもしれないが、外資系の喫茶店に儲けさせ、本屋と図書館をくっつけることが自治体の仕事なのか、

今、地方で深刻なのは若者の働く場の確保、
町には昔ながらの素敵な喫茶店がある、
(武生のTSUTAYA図書館方式では)現地は細切れの非正規雇用が増え、本社は東京で(地方が)自ら下請けに入るようなもの、
町の本屋さんも太刀打ちできず倒れ、教育の低下につながるり、地域も疲弊する、
(教育では)目先の学力テストの点数だけでなく、施策との連関をみることが必要、

図書館は新しい可能性を広げて自治体行政の課題を担うべき、
図書館を活用して放課後児童対策事業、歯磨き指導、マタニティ教室を行うなど、新しい図書館づくりを考えてはどうか、
市民・利用者の要求と資料(蔵書)を結びつけるのが司書の仕事、
「図書館はそんなところではない」という意見もあるだろうが、地方自治は民主主義の基本で、日常的に市民が政治や行政に対して意見を述べることが出来るかどうかが重要、
図書館をみんなが集まれ、そういった自由な発言の場所ととらえることが大事ではないか、
といった内容でした。

話は前後しますが、冒頭、来賓として挨拶に立った竹山修身 堺市長は、「地域自身がしっかりと連帯感を持って運営していく。
そこには、図書館が不可欠だということを確認したい。
学校図書館に力を入れたいと思っている。
また、ポストの数ほど図書館があったらうれしい。」と、挨拶しました。

ちなみに、「ポストの数だけ図書館を」という言葉は、児童文学者の石井桃子さんが、著書『子どもの図書館』の章に付けられたもの。
石井さんは、アメリカ・カナダ・イギリスの大きな 市では子どもが歩いていける距離にひとつの図書館分館をつくるのが目標になっていると、この著書に書いています。
その後の読書運動や児童図書館発展のスローガンとして使われてきました。

堺の図書館を、手放しで素晴しいとは言えませんが、岸和田市とそ間が見習うべき点が多いのは事実です。
特にレファレンスについては、岸和田ではネットからの調査依頼ができません。
図書館カードとアドレスを確認すれば、図書館で登録している情報と照合できるので、受ければいいのですが、煩雑になるからと受けていません。

『図書館の借りている本がまとめてわかるようになっています。』
でも書きましたが、他市で行っていることを理由もなくやらないのが大好きな岸和田市。

宅配や郵送貸し出しを行っていることは評価しますが、本の福袋とか、大宮にある拘置所に収容されている人への出張貸し出しとか、どう図書館として外とつながり、吸引力を持つかにも目を向けて欲しいと願っております。

広告

投稿者:

watchdogkisiwada

岸和田市の財政位破綻を止める!! 財政破綻が明らかになるほど税金を食いつぶされながら、議会も見て見ぬふりをする 土建屋ファーストな市政を正す!! あまりにもひどすぎる馴れ合い議会がチェックしていない、議員特権や行政の無駄などを、岸和田で初めて私が追及、是正させています。 あなたの“かかりりつけよろず相談員”としての使命に励みます!! 行政書士としてトラブル予防を、 防災士として防災や防犯を、 柔道整復師として健康について、 ご相談、承ります。 情報、批判はコメントいただくか、 メールアドレス:kurohata73@yahoo.co.jp 電話:080-6178-6006まで! 岸和田市議や市長らは私の追及に逃げまどっていますが、自民・公明・維新などのネトウヨ政治家だけでなく、共産・民主他どんな議員とも公開討論、受けて立ちます!! 【メディア出演】 TBS「ビビット」、MBS「VOICE」、ABC「キャスト」他ニュース 読売・産経・朝日・毎日の各新聞社で、その活躍は、度々紹介されています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中