岸和田でも早く同姓パートナー認定を!!

2016-02-20
全国3例目の同性パートナー認定へ  三重・伊賀:朝日新聞デジタル
燧正典 2016年2月17日00時04分
より

三重県伊賀市は16日、同性カップルを公的に「パートナー」と認める制度を4月1日から始めると発表した。
「LGBT」と呼ばれる性的少数者の人権を尊重する姿勢を示すことで、市民の意識改革を促す狙いがあるという。

三重県伊賀市は16日、同性カップルを公的に「パートナー」と認める制度を4月1日から始めると発表した。
「LGBT」と呼ばれる性的少数者の人権を尊重する姿勢を示すことで、市民の意識改革を促す狙いがあるという。

市によると、東京都渋谷区と世田谷区に次ぐ全国3例目。
市独自の「パートナーシップ宣誓書」に署名、提出した市内の同性カップルに「受領証」を交付する。

渋谷区のように条例を定めて「証明書」を発行する方式ではなく、条例化していない世田谷区と同様の方式を採用した。
兵庫県宝塚市も6月からこの方式で制度を始める方針だ。
条件はカップルが共に20歳以上で既に同居しているか、同居を予定していること。
市内のLGBTの人数や同性カップルの数は把握していないという。

受領証の交付を受ければ、伊賀市営住宅の入居審査など市が提供するサービスの一部で夫婦と同様に扱われる。
市立の上野総合市民病院でパートナーが手術を受ける際に同意書にサインしたり、病状の説明を受けたりすることもできる。また新年度から民間企業向けに、従業員の採用やトイレの使用などでLGBTの人を差別しないよう啓発する学習会を開く。
(引用ここまで)

LGBTと巷では言われているSOGI(Sexual Orientation and Gender Identity 性指向と性のアイデンティティ)パートナー認定。

まだ大阪では、どこの自治体も認定の動きがありません。

淀川区は応援していますが、大阪市内の他の区で追随する区もなく、大阪市自体も市長がはじめた公募で合格した榊正文区長(2012年8月就任)のはしごを外し、維新議員も政策提案をしていません。

2015年に10周年を迎えた、秋の関西レインボーパレードには、松井?一郎府知事、橋下徹大阪市長もメッセージを寄せています。
2014年版 では、大阪府内の各市長に並んで、この人も。

「レインボーフェスタ!2014」のご開催を心からお祝い申し上げます。すべての人が自分らしく暮らせる豊かな社会の実現に向け、本日のイベントが有意義なものとなりますよう、併せてご参集皆様方のご健勝、ご多幸を祈念いたします。
岸和田市長 信貴 芳則

政治家では、自身が当事者だと府議(堺市)時代にカミングアウトしている尾辻かな子・元参議員(民主)と、
尾辻さんに誘われたのでしょう、自分は市議・府議・国会議員時代にも何ら積極的活動をしていない森山浩行・元衆議員がメッセージを送っているだけで、
私も扇町公園には行きましたが、市議などを見つけることはできませんでした。

森山浩行さんに関しては、これを書くに際して、「何度も直接対面で、森山さんに『何もしないことが仕事だ』とお伝えしているたかひらですけど…・」と、事務所に確認しましたが、彼の政策チラシ『プレス民主』 でも発見できず、政策反映させたことはなく、アリバイとして発言したことがあったものしか確認できませんでした。

そのアリバイ
『国会で紹介されました!』
2012-11-08 19:59:56

『民主党の国会議員有志が「性的マイノリティ小委員会」を設置へ』
2012-03-18 01:10:12

「第180回国会 法務委員会 第8号 平成二十四年六月十五日」
でも出席はしていますが、発言してるのは、無戸籍の子ども問題にも詳しい、井戸正枝・元衆議員(民主)じゃないですか。

最近、彼や彼の事務局長と同席する場があったのですが、そこで聞いておけばよかったですね。


ところで、尾辻さんの政治家としての“産みの親”は、桂睦子(茨木市民フォーラム・幹事長)だったんですね。
長らく彼女を拝見していませんが、1997年の茨木市議選に28歳で無所属・市民派として出馬し当選。し、若くして市民派議員のホープとなった彼女は、3 期目頃(現5期目)から全ての市民派仲間、女性仲間に対しても、「電話に出ない・返事も寄こさない」などの音信不通になった、という事でした。

戸田・門真市議の記憶では2005年3期目め選以降は、連帯労組関係のみならず、大阪・関西・全国の市民運動的集会や催しの全てに、顔もメッセージもを出さないようになってしまった「地元の名家のお嬢さん」だと記されています。

尾辻さんがむっちゃんの議員インターンをしていたのは、2003年に尾辻さんが山中きよ子さんの後を受けて府議当選する前ですから、呆けているむっちゃんを見てはいないのかもしれませんね。

尾辻さんとも先日、挨拶を交わしましたが、これも聞いておけばよかった。

桂睦子さんの変節ぶりについて、更に詳しくは、こちらをご覧ください。

「市民派」が腐敗する時(2)~転落せるホープ=桂むつこ氏の茨木市長選出馬の問題点
http://www.hige-toda.com/x/c-board/c-board.cgi?cmd=one;no=6928;id=01

そしてそんな市民派議員のホープのなれの果てが、木本保平ネトウヨ市長に寄り添い、大阪維新の会・茨木(7人) 、公明党(6人) 、自由民主党・絆(5人) 、民主ネット(4人) らと“市長与党”を形成するに至っているわけです。

闘わない、市政や議会の泥に手を突っ込んで変えようとしない議員に“市民派”との冠をつけるのは、やめていただきたいですね。

話は戻って、大阪でSOGIを応援する自治体はないのですから、パートナー認定自治体にすれば、人権に配慮した市だと広報できて、住みたいと思ってくれる人もいるでしょう。

安倍ネトウヨ政権は、「地方創生」なる、「国は何もせんけど、地方でいつまでも食い合いをしろ」政策を推し進めています。
そんな上から目線の無策に乗って、他の自治体と疲弊するだけしかない生き残りをかけた闘いをするのは愚の骨頂ですが、人口維持や増加は必要です。

そのためにも、市のイメージアップにも、このような大きな予算も必要ないが、市民にとってや、外部への宣伝効果が高い政策こそ、早期に取り組むべきです。

たとえ議会のネトウヨ会派=岸和田創生(稲田悦治・幹事長、河合馨副幹事長・副議長) 、刷新クラブ(京西且哲・幹事長、西田武史副幹事長、金子拓矢 )や 自民クラブのネトウヨを公表している岡林憲二(副幹事長)・反甫旭市議らが反対しようとも。

広告

投稿者:

watchdogkisiwada

議会の無駄遣いを正して、府下一高い国保・介保料の値下げや、子ども・高齢者施策など、市民利益への還元を! あなたの“かかりりつけよろず相談員”としての使命に励みます!! 行政書士としてトラブル予防を、 防災士として防災や防犯を、 柔道整復師として健康について、 ご相談、承ります。 放漫市長と議会が大赤字にした岸和田市政を立て直す!! あまりにもひどすぎる馴れ合い議会がチェックしていない、議員特権や行政の無駄などを、岸和田で初めて私が追及、是正させています。 情報、批判はコメントいただくか、 メールアドレス:kurohata73@yahoo.co.jp 電話:080-6178-6006まで! 岸和田市議や市長らは私の追及に逃げまどっていますが、自民・公明・維新などのネトウヨ政治家だけでなく、共産・民主他どんな議員とも公開討論、受けて立ちます!!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中