小林由佳・堺市議(維新)の百条委員会が始まってます。 2回目の様子

岸和田のゲシュタポ針な秘密議会では考えられない事ですが、多数の市議が、百条委員会の様子を公開していますので、3市議のものから引用します。

長谷川俊英アクション日記
1月22日(金)

10時から開催された100条調査委員会は、間に休憩を挟んで12時15分に閉会。今日も熱心な市民の方々が傍聴席を埋めました。

●弁護士選任・運営ルールの確認
まず、前回会議で正副委員長に人選を一任した法的助言を得るため弁護士について、安生誠(あんじょうまこと)氏(リード総合法律会計事務所)と契約することを決定。
さらに、田渕委員長から「多角的助言を得るため必要に応じてもう1名選任したい」との提案があったので、そのことも決めました。

運営にかかる申し合わせについては、証人尋問の際の撮影・録音、証人のメモ、助言弁護士の同席形式などについて意見が交わされ、正副委員長で調整の上、次 回委員会で確認することにしました。また、傍聴席の数については、委員長から「議事運営の要綱の規定を弾力的に運用できるよう、議会運営委員会での議論を 要請する」との意向表明がありました。

●驚くべき「非協力」…小林よしか議員
続いて、前回会議で証人喚問を決定した小林よしか議員の出頭日程などについて協議。
小林議員との日程調整を託していた議会事務局からの報告によると、「まだ調整ができていない」とのこと。
小林議員が「補佐人となる弁護士の選任が終わっていないから、待ってほしい」と言っていると聞いて驚きました。
堺市議会 が100条委設置を議決したのは、昨年12月17日です。
調査対象が「小林議員の政務活動費」ですから、本人の証人喚問が必要なことは当然自覚すべきことです。
議決後1か月以上になるのに、「弁護士が決まっていないから待って…」などの言い分は通用しない…と、私は強く主張。他の委員からも非難の声が続きました。

すると、維新の会の池田委員が「小林議員は、明日弁護士と会うので日程調整は可能と言っている」と発言。
私は、会議を休憩して、議会事務局が当人に確認することを求めました。
休憩後の事務局の説明によると、「明日のうちには出頭できる日の候補を出す」と言っているのこと。
まさに本末転倒。
出頭日を決めるの は委員会だということさえ、分かっていないようです。

●2月10日までに証人喚問、2月1日委員会開会など決定
そこで、委員長が「前回委員会で確認した5つの日程の最後2月10日までに証人喚問ができるように調整したい」と発言。
尋問にあたっての質問内容を確認するため、次回委員会を2月1日(月)10時に開会することを決定しました。

渕上猛志さん(ソレイユ堺・堺区)のブログ

『ガキの使いやあらへんで ~百条委員会~』
2016年01月23日

小林よしか議員が、証人尋問の日程として、委員会が用意した5つの候補日時を、「すべて都合が悪い」と拒絶。

そして、その折衝役だった議会事務局(職員)は、そのことをあっさりと報告。
その理由を「補佐役の弁護士が見つからないからだそうです」と。

はあーーー???

である。
小林よしか議員も、議会事務局も。

正直言って、小林議員の対応は想定内。
それに対して、議会事務局は、どこまでネゴしたんだ??

ガキの使いやないねんど!!!!

と言いたくもなる。

まず、そもそも論だが、百条委員会において、証人尋問の日程は、委員会側が決定する。
基本的には、5日以上前に通告するだけで、証人には、出頭する義務が生じ、拒否すると、委員会の議決により、処罰の対象となる。
ただし、出頭できない「正当な理由」があれば、その限りではない。

ここでいう「正当な理由」とは、入院しているとか、そういう止むに止まれぬことであり、単なる本人の都合が認められないのは、言うまでもない。

よって、今回のように、事前に本人の都合を確認したのは、ある意味、委員会側の「配慮」である。

まして、私たち13人の委員は、皆それなりに多忙な中、2月1日から10日の短い期間に、五つもの候補日時を用意した。全員がスケジュールを調整し、証人尋問のためにキープしており、その「配慮」たるや、相当なものである。

それに対して、なんだろうか、本人の姿勢は。

理由も「弁護士がみつからない」とのことだが、弁護士についても、そもそも、本人の「つけたい」という申請があれば、委員会が「許可するかどうか判断」するのである。
つまりは「ついてないから、行けません」というのは、理由にならないし、本人が判断すべきことではない。

また、百条委員会設置が決まったのは、昨年12月17日で、それから1か月。
最重要人物であり、証人尋問の対象者となるのは誰の目にも明らかな彼女は、その自覚があったのだろうか。
この1か月、何をしてきたんだろうか。
それを今になって、「弁護士がみつからないから待って」とは言語道断である。

委員会は紛糾し、慌てて維新の池田議員が、「明日には本人と弁護士が会う。明日には日程調整可能」と発言。

だいたい、こんなことを議員が話していること自体がおかしい。
本来、これは事務局が本人から確認し、説明しなければならないことだ。

すぐさま長谷川議員から「休憩をとって、事務局が本人にすぐ確認するべき」との提案があり、そうなったのだが、連絡を取った上での小林議員の回答も、「明日のうちに候補日を出します」だった。

日程を決めるのは委員会側なのに、本人はどういうつもりだろうか。
本来ならば、「明日のうちに、指定された候補日のどこかで調整します」でしょうが。
(ここでもガキの使い)

だらだらと書いたのだが、、、

・日程は委員会側が決める(決め打ちできる)
・それでも配慮して委員会側が候補日を提示してあげた
・証人が弁護士をつ けられるかどうかは、委員会側が判断
・百条委員会設置が決定してからすでに1か月以上経過

ということを、

小林議員は全く理解できていない。

さらに、事務局もそんな小林議員に言われるがままだと言われても、仕方がないやりとり。

もちろん、一番の問題は小林議員本人であることは、言うまでもないが、、

改めて言わせていただく。

ガキの使いやないねんど!!!!

ちなみに、荒れた委員会となったが、

・2月1日に次回委員会を開催すること
・そこで小林議員の証人尋問の日程と、尋問内容を決めること
・日程は、遅くとも2月10日までとすること
(当初委員会が出した候補日内で、一番遅いのが2月10日だった)

が決定した 。

はてさて、次回はどうなるやら。

森田晃一市議(共産・西区) FB 1月22日 13:24

先ほど100条委員会が閉会しました。
本日の議事は主に同委員会の運営内容についてでしたが、その中で何と小林由佳議員本人が証人出頭を命じられる予定(2月10日まで5パターン提案)であっ た日程(案)全て補佐人(弁護士)が見つからないことを理由に証人出頭の日程が決められない旨を議会事務局に伝えてきたとのことです。

驚くと同時に、そもそも補佐人が居ようが居まいが出頭を命じられれば出頭すべきですし、そもそも100条委員会が設置されてから1ヶ月も経とうかとしているのに、何故に今の今まで弁護士を探していなかったのかという感想を持ちました。
当然、委員会は紛糾、暫時休憩。議会事務局に対して本人と連絡を取るようとの指示が出されました。

今回の委員会の様子を見ていて100条委員会の主人公たる本人が当委員会に与えられた権限を全く理解していないと感じました。

広告

投稿者:

watchdogkisiwada

議会の無駄遣いを正して、府下ワーストに高い国保・介保料の値下げや、子ども・高齢者施策など、市民利益への還元を! あなたの“かかりりつけよろず相談員”としての使命に励みます!! 行政書士としてトラブル予防を、 防災士として防災や防犯を、 柔道整復師として健康について、 ご相談、承ります。 放漫市長と議会が大赤字にした岸和田市政を立て直す!! あまりにもひどすぎる馴れ合い議会がチェックしていない、議員特権や行政の無駄などを、岸和田で初めて私が追及、是正させています。 情報、批判はコメントいただくか、 メールアドレス:kurohata73@yahoo.co.jp 電話:080-6178-6006まで! 岸和田市議や市長らは私の追及に逃げまどっていますが、自民・公明・維新などのネトウヨ政治家だけでなく、共産・民主他どんな議員とも公開討論、受けて立ちます!!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中