夫婦同姓規定「合憲」 再婚禁止6カ月「違憲」 夫婦別姓編

さて、ガックリの本丸、夫婦別姓についてです。

これについて、産経がどう伝えているかをあえて引用します。
【夫婦別姓】世界標準から遠い判決 – 産経ニュース
2015.12.17 07:44
より

「 元最高裁判事の泉徳治弁護士の話 夫婦別姓訴訟は、人権のグローバルスタンダードから遠い判決となった。
姓は個人の人格の象徴で、同姓を強制する民法規定は、個人の尊厳、両性の平等に反する。
生来の姓を継続したいとする人が少数派であっても、その人権を無視してよいということにはならず、個人の人権を救 済するのが裁判所の役割だ。
選択的夫婦別姓制度の採用は世界の潮流であり、日本だけが遅れるわけにはいかない。」
(引用ここまで)

常日頃、人権に疎く、ネトウヨ広報紙の役割を果たしている産経ですら、このように書く、ガラパゴス判決です。

産経は日本の伝統にうるさいので、
姓が特別な者以外にはないのが日本の伝統であり、男女差別の結果、北条政子も日野富子も夫(源頼朝、日野富子)とは違う姓であり、別姓が明治までは当たり前であったとの「日本の伝統」に則っての記事だったのでしょうか。

判決の要旨は、
「姓の変更を強制されない権利」を「憲法上保障されたものではない」と否定し、「家族の呼称を一つに定めるのは合理的。」であり、同姓には家族の一員であることを実感できる利益がある。

「女性側が不利益を受ける場合が多いと推認できるが、通称使用の広がりで緩和されている。」
「選択的夫婦別姓制度の合理性を否定するものではない。
結婚制度や姓の在り方は国会で論じられ、判断されるべきだ。」
と結論付け、国会での議論を促しました。

この事件については、最高裁裁判官15人中10人が合憲とし、女性全3裁判官(桜井龍子、岡部喜代子、鬼丸かおる)を含む5人(山浦善樹、木内道祥 いずれも任官順)が違憲としました。

夫婦別姓をめぐっては、法相の諮問機関の法制審議会が1996年、選択的別姓制度の導入を盛り込んだ民法改正案を答申しています。
しかし、自民党などから「家族の一体感が壊れる」といった批判を受け、法改正は棚上げされてきました。

別姓使用について、【どうなる?夫婦別姓】弁護士は? 医師は? 別姓認められたらこう変わる – 産経ニュース
2015.12.13 08:35
を引用します。

中央省庁は(再編があった)2001年から、職場での呼称や座席表、職員録に旧姓を使用できるようになり、地方自治体でも、同様の運用が広まっているとみられる。
一般の企業でも、民間調査機関「労務行政研究所」によると、結婚後も旧姓を使って仕事ができる企業は法制審が答申を出す前の7年には約18%だったが、2013年には約65%に増加している。
このため、「夫婦別姓を導入しなくても不都合はない」との意見も根強い。

公的な書類などへの署名が求められることの多い弁護士はどうか。
日本弁護士連合会によると、弁護士登録は戸籍名だが、仕事で旧姓を使うことは容認している。
行政書士は公的な文書に記載する際に、戸籍名を求められる場合が多いという。
一方、医師は戸籍名登録が前提だが、厚生労働省は「結婚後、旧姓のまま登録を続けても罰則はない」との見解で、登録を変更しなければ事実上、旧姓のまま仕事を続けることが黙認されているといえる。
(引用ここまで)

つまり公的な資格でも旧姓使用を求められていない例が誰もが知る資格であるし、企業の約35%は旧姓使用ができていないということです。

世界と比べてみると、
日本の他に夫婦同姓としているのは慣習によるジャマイカと、宗教や地域によって制度が異なるインドのヒンズー教徒くらいです。
同姓だけを強制する国はほとんどなく、国連の女性差別撤廃委員会は日本に対し、法改正を繰り返し勧告しています。

この状況は、政府も認識しています。
『第189回国会(常会)質問主意書 質問第三二一号 2015年9月25日』
糸数 慶子
では、
「現在把握している限りにおいては、お尋ねの『法律で夫婦の姓を同姓とするように義務付けている国』は、我が国のほかには承知していない。」と回答していますから。

それでも「夫婦同姓だけ」を強要している現行民法。
「選択」は、「皆、別姓にしろ!」ではなく、「別姓にする自由を選択肢として入れろ」です。
カレーライスだけでなくオムライスもメニューに入れてとの「選択」について、なぜ選択肢すら提供しないのか?

世界では同性婚すら法的に認められているのに、日本は発展途上国以下だと言うしかありません。

15裁判官の判断

裁判官   出身  同姓 再婚禁止
寺田 逸郎(裁判官) ○  ▲
桜井 龍子(行政官) ▲  ▲
千葉 勝美(裁判官) ○  ▲
岡部喜代子(学 者) ▲  ▲
大谷 剛彦(裁判官) ○  ▲
大橋 正春(弁護士) ○  ▲
山浦 善樹(弁護士) ●  ●
小貫 芳信(検察官) ○  ▲
鬼丸かおる(弁護士) ▲  ▲
木内 道祥(弁護士) ▲  ▲
山本 庸幸(行政官) ○  ▲
山崎 敏充(裁判官) ○  ▲
池上 政幸(検察官) ○  ▲
大谷 直人(裁判官) ○  ▲
小池  裕(裁判官) ○  ▲

●は違憲・原告勝訴、▲は違憲・原告敗訴、○は合憲。寺田長官を除き就任順

夫婦同姓規定「合憲」 再婚禁止6カ月「違憲」についての参照:
最高裁 | 夫婦同姓規定「合憲」 再婚禁止6カ月「違憲」 – 毎日新聞
12月17日 01時19分 山本将克

広告

投稿者:

watchdogkisiwada

議会の無駄遣いを正して、府下ワーストに高い国保・介保料の値下げや、子ども・高齢者施策など、市民利益への還元を! あなたの“かかりりつけよろず相談員”としての使命に励みます!! 行政書士としてトラブル予防を、 防災士として防災や防犯を、 柔道整復師として健康について、 ご相談、承ります。 放漫市長と議会が大赤字にした岸和田市政を立て直す!! あまりにもひどすぎる馴れ合い議会がチェックしていない、議員特権や行政の無駄などを、岸和田で初めて私が追及、是正させています。 情報、批判はコメントいただくか、 メールアドレス:kurohata73@yahoo.co.jp 電話:080-6178-6006まで! 岸和田市議や市長らは私の追及に逃げまどっていますが、自民・公明・維新などのネトウヨ政治家だけでなく、共産・民主他どんな議員とも公開討論、受けて立ちます!!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中