大阪で5自治体目! 泉佐野市でも育鵬社教科書採択さる!!

青年法律家協会の育鵬社及び自由社の歴史・公民教科書採択に反対する決議
では、
(1)基本的人権の尊重を蔑ろにしている
(2)国民主権に反する
(3)平和主義に反する
とされているネトウヨや在特会推奨な育鵬社の教科書が、南大阪の泉佐野市でも採択されてしまいました。

「つくる会」系教科書を子どもたちに渡さないために!
から現場の様子を引用します。

■今日、大阪府泉佐野市で歴史・公民と育鵬社を採択されてしまいました。
歴史公民の採択によって、来年度から約2000名の生徒にわたることになります。
これで大阪府内で育鵬社を採択したのが5カ所目となります。
大阪府全体の中学生の約18%です。
極めて深刻な状況です。

■今日の泉佐野市での採択の報告を簡単にします。
9時前に泉佐野市役所前に到着するとすでに異様な状況でした。
市役所の向かいのバス停では、在特会が、育鵬社、自由社の採択を求める横断幕を掲げ、すでにアピールを行っていました。
市役所前にも傍聴受付の30分以上前から傍聴受付をしようと市民が集まっていました。
中には在特会と親しく話していた人々も並んでいました。
教科書会社だけでなく右派も動員をかけていたように感じました。
私たちも、9時から雨の中で横断幕を広げ、声を張り上げてアピール行動を始めました。
傍聴受付には、最終的に75名があつまり、20名が抽選で選ばれました。
こんなに多くの市民が集まっているにもかかわらず、傍聴を拡大することもせず、淡々と事務的に抽選を行っていました。

■10時から教育委員会議が始まりました。
選定委員会の答申は、明確に全ての教科が順位付けされていました。
そして歴史・公民以外の教科は答申第1位の教科書が選ばれていました。
しかし、歴史と公民だけは違っていました。

答申の歴史では、東京書籍(11点)、帝国書院(10点)、日本文教(10点)、教育出版(9点)、清水書院(6点)、育鵬社(6点)、自由社(6点)、学び舎(6点)となっていました。
育鵬社は、6番手でした。
しかし、教育委員は、答申を無視しして、育鵬社を推す委員が続出し、最終的な採決で5対1で育鵬社が採択されました。

公民も全く同様でした。
答申では、東京書籍(14点)、帝国書院(11点)、日本文教(8点)、教育出版(8点)、育鵬社(6点)、清水書院(6点)、自由社(6点)となっていました。
ここでも育鵬社は5番手でした。
しかし、教育委員は、またもや次々と答申を無視して育鵬社を推し、5対1で育鵬社となりました。

詳しい議論の過程は、今の時点ではわかりませんが、明らかに選定委員会の答申を歴史と公民だけ無視するという、極めて不自然で、恣意的な採択となっています。千代松市長の政治介入を疑わざるを得ません。
私たちは抽選から外れたため、教育委員会の間中、アピール行動を続けましたが、11時半には全ての採択が終わってしまいました。
予想以上に短い審議時間でした。育鵬社採択の茶番劇としか言いようがありません。

■育鵬社を採択した泉佐野市教育委員会に抗議の声を届けてください。泉佐野市教育委員会 教育総務課

e-mail:k-soumu@city.izumisano.lg.jp

TEL:072-463-1212(内線2341~2347)FAX:072-469-5267
(引用ここまで)

私も電話で抗議及び質問をしてみました。

事実確認できたのは以下の点。

委員会が開催されたのは、庁舎内では最大の部屋。
たかひら: あと1席でも2席でも席を並べる余裕はあったのに、その努力はしなかったということか?
教委: そうだ。

たかひら: 議場が最大の部屋のはずで、傍聴者が多いなら、使っていない議場を解放しようとは思わなかったのか?
教委: 議場は空いていたが、議員や本会議だけしか使用できないのではないのか?
確認していないが。
たかひら: そんな条例や規則はないはずで、慣例でそのようにしているだけのはずだ。
本来は、傍聴者にどうやって傍聴してもらうかに努力を払わねばならななかったはずで、そこはあなた方の落ち度と言われても仕方がない。

たかひら: 選定委員会答申のしかも下位のものが飛び越えて採択された前例があるか?
教委: ない。
採択の詳細は、後日、議事録で確認してください。

これについて、文科省が云々と言っており、竹富町での下村博史文科相による「(自らが介入した)教科用図書八重山採択地区協議会の答申を守れ」を勘違いして指していたのかと思い、再度文科省に問い合わせたところ、
平成28年度使用教科書の採択について(通知)
27文科初第91号平成27年4月7日
各都道府県教育委員会教育長 殿
文部科学省初等中等教育局長小松 親次郎』
を示されました。

3 教科書採択方法の改善について
(2) 教科書の調査研究については,必要な専門性を有し,公正・公平に教科書の調査研究を行うことのできる調査員等を選任し,各教科ごとに適切な数配置 するなど体制の充実を図るとともに,調査員等が作成する資料については,教育委員会その他の採択権者の判断に資するよう一層充実したものとなるよう努める こと。その際,採択により広い視野からの意見を反映させるために,保護者等の意見を踏まえた調査研究の充実に努めること。
また,調査員等が作成する資料においてそれぞれの教科書について何らかの評定を付す場合であっても,その資料及び評定について十分な審議を行うことが必要であり,必ず首位の教科書を採択・選定,又は上位の教科書の中から採択・選定することとするなど,採択権者の責任が不明確になることがないよう,当該評定に拘束力があるかのような取扱いはしないこと。

この私が線引きをした部分を指していたのですね。
納得。

教育委員と話しているわけではないので、色々と質問しても職員が「それは、わかりません」と言うし、私も突っ込みようがなく、残念ですが、中途半端な対話となりました。

広告

投稿者:

watchdogkisiwada

議会の無駄遣いを正して、府下ワーストに高い国保・介保料の値下げや、子ども・高齢者施策など、市民利益への還元を! あなたの“かかりりつけよろず相談員”としての使命に励みます!! 行政書士としてトラブル予防を、 防災士として防災や防犯を、 柔道整復師として健康について、 ご相談、承ります。 放漫市長と議会が大赤字にした岸和田市政を立て直す!! あまりにもひどすぎる馴れ合い議会がチェックしていない、議員特権や行政の無駄などを、岸和田で初めて私が追及、是正させています。 情報、批判はコメントいただくか、 メールアドレス:kurohata73@yahoo.co.jp 電話:080-6178-6006まで! 岸和田市議や市長らは私の追及に逃げまどっていますが、自民・公明・維新などのネトウヨ政治家だけでなく、共産・民主他どんな議員とも公開討論、受けて立ちます!!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中