夕張の破綻は突然に

前回もお知らせしましたが、岸和田市は大赤字&破綻カウントダウンに入っています。
破綻すると市に関する税金などが他市より上がり、市民生活にも大きな影響があるのですが、それは目に見える形で秒読みされるわけではなく、突然に訪れます。

夕張市の例でお伝えします。

2007年、353億円の赤字を抱えて事実上破綻した北海道夕張市の破綻は、財政状況が他市を引き離して圧倒的に悪い上に赤字隠し、ヤミ起債など自助による再建が不可能、と判断された側面が大きかったのではないかと思います。

市が赤字を隠していて、住民だけでなく、議会も市職員も「財政破綻の噂すら聞いたことがなかった!」と後に言ったほど、突然で発見が遅れてしまったものです。

負債の多くは、会計上の回転資金である「一時借入金」が占めます。
市は15年ほど前から、単年度決算を「黒字」とするため、知事の許可が必要な銀行からの借り入れを、「ヤミ起債」として、前年度決算を整理する「出納整理 期間」(4月1日~5月31日)に毎年行うことで表面化しないようにして、決算上の収支不足を補い、赤字の実態をがわかりにくくしていました。

しかし、長期の地方債より金利が高く、長年にわたって借り換えを繰り返すうちに、借金が膨らんだのです。
その借入額は税収の30倍に相当する292億円に達していました(2006年3月期)。

夕張市の2005年度の赤字額は16.5億円、標準財政規模が43.7億円。
赤字比率は37.8%となり、赤字額が20%ラインを超え、財政再建団体となりました。
解消すべき累積債務の額は353億円と計算されており、標準財政規模の8.1倍となります。これは、1991年に財政再建団体となった福岡県旧赤池町(現福智町)の1.3倍(累積債務32億円、標準財政規模25億円)と比較しても巨額な債務です。

北海道庁の調査では、実質負債は630億円超で、1年間の標準財政規模(約45億円)の10倍以上!!でした。

広告

投稿者:

watchdogkisiwada

議会の無駄遣いを正して、府下ワーストに高い国保・介保料の値下げや、子ども・高齢者施策など、市民利益への還元を! あなたの“かかりりつけよろず相談員”としての使命に励みます!! 防災士として、あなたの命を災害や犯罪から守り、 行政書士として、トラブルを予防し、 柔道整復師として、健康に過ごすお手伝いをし、 市民として、行政や議会を正しています。 【メディア出演】 TBS「ビビット」、MBS「VOICE」、ABC「キャスト」他ニュース 読売・産経・朝日・毎日の各新聞社で、その活躍は、度々紹介されています。 放漫市長と議会が大赤字にした岸和田市政を立て直す!! あまりにもひどすぎる馴れ合い議会がチェックしていない、議員特権や行政の無駄などを、岸和田で初めて私が追及、是正させています。 情報、批判はコメントいただくか、 メールアドレス:kurohata73@yahoo.co.jp 電話:080-6178-6006まで! 岸和田市議や市長らは私の追及に逃げまどっていますが、自民・公明・維新などのネトウヨ政治家だけでなく、共産・民主他どんな議員とも公開討論、受けて立ちます!!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中