アベノミクスのお話

私は、アベノミクスで、インフレを誘い、GDPの250%以上を超える赤字を抱える日本の経済を回復させることはできないと当初より予想し、その結果が徐々に出つつあると考えています。

 富裕層や大企業へお金の雨を降らせれば、それが中小企業や庶民に対してもこぼれ落ちていくとのトリクルダウン理論などは、古くはアダム・スミス、近年では竹中平蔵 パソナ会長が、盛んに吹聴しています。

ですが、レーガン米大統領やサッチャー英首相、最初の実験であったチリのピノチェト大統領を含め、格差拡大の結果は見られますが、歴史上成功例はありません。

ゆえに私は、

「フリードマンを主とするシカゴボーイズ(初代ではないが、チリでの“功績”を称えて、彼の名を示します)の夢想だ!」

とずっと指摘していましたが、そのような新自由主義につながるアベノミクスもまた、個人消費も企業投資も低迷し続けたままで14年度を終了。
15年度は輸出について上昇傾向はありますが、それは本当に予測のプラス2%達成できるのか疑問だし、それが格差是正やこぼれ落ちた庶民への下支えになるかどうかは、さらに疑問です。


私は、格差拡大と、切り捨てになると、当たって欲しくない予想を断言しておきます。

 他にもアベノミクスの“成果”について、経済学者伊東光晴氏などの論より示します。

【株価上昇】
外国人投資家が日本株を買ったのは、米・EUとの分散投資に代表される投資原則に起因して、米国株が上がり、その枠を超えた分が日本市場に流れただけ。
分岐点は2012年6月で、日本株の上昇は野田政権中も続いた。

14年には日本側の投資が勝りました。

その原因として、10月末には年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が、運用資産における国内株式の割合を12%から25%に引き上げており、2015年10月に一元化が予定されている3共済とともに年金資金が、信託銀行を通じて流入したからです。

3共済とは、GPIF、国家公務員共済組合連合会(国共済、KKR)などです。

この博打投資の失敗については、以前も書きましたが、

過去13年間のGPIFの運用状況をみると、元本の確実性が高いローリスクの国内債券を中心に運用しても、01、02、 07、08、10年度の5回が単年度収支でマイナスで、「勝率」は6割に過ぎず、01、02年度、運用額の25%を国内株式、14%を外国株式に投じた結果、両年度で計3兆円もの損失を出しています。

今回は、割合が増え、もっと年金減額が進む恐ろしいことになるとも思われます。


マカオで106億円スった井川意高 大王製紙元会長は、系列会社も含め自社の資金でしたが、ここで原資とされるのは、国民すべてのお金であり、運用側はお金が減っても手数料で儲けたり、年金自体をアテにしないでも十分豊かな暮らしができる人々です。

カシノ誘致どころか、既に勝手にカシノ国家となってしまっています。

【国債】
日銀が国債引受けなぞ、国際金利上昇を嫌がった上での裏技やルールの抜け道的手法であり、恒久的手段ではありません。
デフォルトを先延ばし、その危険性を高めたのみ。

【失業率改善】
100万人雇用増加として、非正規雇用の就職率は増えていますが、そもそも失業率とは、「労働する意思と能力がある者の中においてどれだけの割合で失業者がいるのか?」であり、ニートなどは含みません。

 経済ブロガーの山本博一氏は、アベノミクスの効果を謳いますが、失業率減少については、「民主党政権時に減少した完全失業者80万人のそのほとんどが『再就職を諦めた人」』だったのかもしれません。」とし、自らの論の根拠がないとの矛盾性を、自ら吐露しています。

仮に純然たる失業率が減ったとしても、非正規雇用のようなバイトを増やしても、経済格差が埋まるはずがありません。

【公共事業】
1000兆円を超えた国債償還をどうするのかも考えず、偽札とも言える紙切れを大量に刷って、ゼネコンを儲けさせても、どうやって借金返済するのでしょうか?

今や、日銀引き受けがなければ、予算は立てられないほど経済的困窮があるとお忘れですか?

 

国債は、その多くが国内で買われていますが、外国購入分の償還や売りに出された場合、持ちこたえられるとは言い難いでしょう。

海外購入分は表面的には4%ですが、国内企業の株主における外資率を考えれば、その比率は上がります。

 原発や武器など、重厚長大産業は、輸出で儲かる可能性は高いでしょうが、それは東京一極集中を益々進めるだけではないでしょうか?


私は、日本の半分以上を占める「地方」を切って、東京だけが栄えるようなイビツで醜い国づくりを、人々が支持するのか?とも問うています。

広告

投稿者:

watchdogkisiwada

岸和田市の財政位破綻を止める!! 財政破綻が明らかになるほど税金を食いつぶされながら、議会も見て見ぬふりをする 土建屋ファーストな市政を正す!! あまりにもひどすぎる馴れ合い議会がチェックしていない、議員特権や行政の無駄などを、岸和田で初めて私が追及、是正させています。 あなたの“かかりりつけよろず相談員”としての使命に励みます!! 行政書士としてトラブル予防を、 防災士として防災や防犯を、 柔道整復師として健康について、 ご相談、承ります。 情報、批判はコメントいただくか、 メールアドレス:kurohata73@yahoo.co.jp 電話:080-6178-6006まで! 岸和田市議や市長らは私の追及に逃げまどっていますが、自民・公明・維新などのネトウヨ政治家だけでなく、共産・民主他どんな議員とも公開討論、受けて立ちます!! 【メディア出演】 TBS「ビビット」、MBS「VOICE」、ABC「キャスト」他ニュース 読売・産経・朝日・毎日の各新聞社で、その活躍は、度々紹介されています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中