阪南市での幼保一体、賛成議員である上甲誠さんの主張

16市議中2人会派の共産党は反対でしょうが、賛成の意見を聞きたいと思い、上甲誠・阪南市議(第二新政会)に聞いてみました。

jyoukou2013 上甲 誠

舞3丁目41番地の23号

072-474-0774

生年月日: 1973年1月29日

私が勉強不足で、会話の最中には突っ込めていませんが、賛成派意見として参考になれば幸いです。
また彼は一級建築士でもあるので、ハード面について、饒舌に語ってくれています。

① 詰め込みよる感染症や健康問題
視察もしているが、大規模幼稚園でも大感染しているところはない。
空調等温度設定や乾燥にも配慮する。
天井高さなども店舗のままではなく、子ども園の基準に合わせる。

電話後のたかひらの感想:
たぶん、上甲さんの指しているのは、後述するふじ幼稚園などではないかと想像しますが、彼が示したいずれの園も旧ヤマダ電機のような密閉した空間ではなく、むしろ通常の建築物よりも解放された空間に見えます。
私も医療従事者として、そのようなビルとバンガローの機密性を同じだとするような乱暴な論は、感染症を甘く見ているのではないかと首をかしげます。
前々回書いたように、阪南市で長年園医を務める向井直樹医師は危険だとしているのですから、上甲さんは向井さんを納得させるような、医療としての感染症対策案を提示すべきです。

② 火事の際
不燃材料などを使うし、滑り台式や非常階段などの避難経路も増やすので、火事で子どもが逃げ遅れる事態は100%ありません!

③ 渋滞
バスをどう上手に使うかを、市に質問する。
交差点の改良なども併せて考えたい。

同たかひらの感想:
4日放送のABCキャストでは、保護者の男性がインタビューに答えていて、「市は送迎バス運行の予定がなく、自力で行けない場合は、近くの私立保育園へと市は勧め、補助も出ない。」とのこと。
上甲さんの頭の中では、バスの運行を市に約束させられる作戦が練られているのでしょうね。

④ 狭い園庭
以下に示す都市型幼稚園の先例を見てください。
これらのように建築で工夫できます。

640人園児のいる、ふじ幼稚園(東京都立川市)
設計者によるTED動画も見てとのこと。
「他に例を見ない最高の幼稚園
手塚貴晴  Sep 2014」

電話後、画像を見てからのたかひらの感想:
設計士としては、描きたいパースに近い園ではある。
しかし、元のヤマダ電機建物がある以上、園庭を円周183mもの巨大なリング状にも、木張りの屋根を走り回れるようにも、建物をぶち抜いて樹木を生やすこ とも、そこを吹き抜けにして天井では網を張って、網の上に子どもたちが大勢落ち込むことも、天窓にすることも、そこからサンタクロースが入ってくること も、教室の真ん中に水道も、らせん階段上の円形建物の設置もできませんね。

ゆうゆうのもり幼保園(横浜市)
同じくたかひらの感想:
2階と上部のキャットウォークをつなぐ大ネットも、 2階保育室のベランダから屋外木製遊具へそのまま連携し、自然に外へ遊ぶことができる回廊性・回遊性園庭遊具も、大人の居場所としての 園入口前の小さな広場や外部からの専用出入り口もある談話コーナーも、新緑、花、実、紅葉、様々な色や形の葉、昆虫や野鳥など、四 季と共に自然を発見できるよう配慮した植栽も設置もできませんね。

認定こども園 第一幼稚園(熊本市)
同じくたかひらの感想:
雨が降った後に水たまりができるような、中庭の開閉式の屋根も(冬には雪が降り、スケートリンクにもなる)、中庭に隣接したオープンキッチンも、全面ガラス張りの明るく開放的なトイレも設置もできませんね。

何よりもこれらの園では、土や芝生が目に付きますが、ヤマダ電機のアスファルトをはがすとしても、そうするとバスはどこに止めるのですか?
別に駐車場を借りる?
そんなことを言い出しても良いというならば、「金をいくらでもかけられればこれらと同一の施設はできますよ。」と、非現実的な回答を提示するしかありません。

上甲さんの建築家としての野心や願望は理解しますが、こんな『新建築』や『建築ノート』や『A+U 』なんて建築雑誌は、夢の世界であり、予算の限られる公的施設でそんな遊び心あふれた園を、しかも国の補助金を使って建設や改築できますか?

融通のきかない厳しい条件を良しとはしませんが、市の財政だけでやる覚悟ではない限り、その条件から組み直すべきであるし、その中で間仕切りをできるだけなくすなど取り込める工夫を提示すべきで、夢を語られても、福山敏博・市長ですら頭を抱え込むのではないですか?

上甲さんによる説明に戻ります。
どろんこ遊びや木登りなど自然豊かな阪南市の良さを取り入れるために、
年別などバスを活用できる人数で、田んぼで田植えをしたり、ハイキング、海辺や砂浜での遊びを取り入れられないかと考えています。

⑤ 廃校を使えないか?
下荘小学校の事だと思うので、そこを仮定して話します。
今、補修などにお金をかけても10~20年で補修が必要だし、その時に阪南市の財政状況でお金が捻出できるかや、市自体があるかどうかわからないので、将来的に安定しない。
建物はそのまま放置し続けるのではなく、市民コミュニティ施設への転換も、地域要望がある。

たかひら:
統合施設にできないか?

上甲:
岬町の事例があるが、幼稚園と小学校の建築基準が違って苦労しているし、用途の違うものを一つの建物で合体させるのは、動線一つでも混乱するのではないか?
防犯上の問題もある。

たかひら:
2001年の教育大付属池田小学校の事を想像していますか(2005年には寝屋川中央小教職員殺傷事件もありました)?
あの事例では、加害者は殺す意思をもって侵入しているのであり、年配の警備員では止められない
(太田房江・府知事は2005年から警備員予算をつけていましたが、11年、橋下徹・府知事が防犯カメラへの転換準備期間を09・10年ととった後、「限られた財源の下、役割分担を明確化しただけ。
小学校に警備員を配置するかどうかは市長村長の判断と責任。府の補助金があるかどうかで判断してはならな い。
僕は小学校の警備員費用を、高校教育費や防犯カメラの設置費用、大阪府警の装備品費用に回しました。これが自治体マネジメント。 2011-06-08 10:10:40」、
「小中学校の安全確保は市町村の義務。小中学校は市町村立ですから。大阪府は府立学校の安全に力を入れなければならない。同日10:07:20」として 予算廃止)。

学校に入り込んで殺傷する事件自体がレアケースなのに、過大に怖がらず、保護者や地域の人が平日でも学校内を見回り、いじめや教員の指導不足などがないか を見てアドバイスしたり、クラブ活動を手伝ったりして、排他的な学校の風通しを良くする方が、生徒以外中に入れないよりもよほど健全。

これには上甲さんの反論なし。

最後は、自分の支持者に自分を監視してもらうような、自立する市民を育てる取り組みをしてくださいとお願いして電話を切りました。

その後、彼の提示した理想の園の画像などを見て、現実論との乖離にため息をつきました。

広告

投稿者:

watchdogkisiwada

岸和田市の財政位破綻を止める!! 財政破綻が明らかになるほど税金を食いつぶされながら、議会も見て見ぬふりをする 土建屋ファーストな市政を正す!! あまりにもひどすぎる馴れ合い議会がチェックしていない、議員特権や行政の無駄などを、岸和田で初めて私が追及、是正させています。 あなたの“かかりりつけよろず相談員”としての使命に励みます!! 行政書士としてトラブル予防を、 防災士として防災や防犯を、 柔道整復師として健康について、 ご相談、承ります。 情報、批判はコメントいただくか、 メールアドレス:kurohata73@yahoo.co.jp 電話:080-6178-6006まで! 岸和田市議や市長らは私の追及に逃げまどっていますが、自民・公明・維新などのネトウヨ政治家だけでなく、共産・民主他どんな議員とも公開討論、受けて立ちます!! 【メディア出演】 TBS「ビビット」、MBS「VOICE」、ABC「キャスト」他ニュース 読売・産経・朝日・毎日の各新聞社で、その活躍は、度々紹介されています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中