窓口の杖や傘置き

2014年のお話です。

市役所の窓口を見ていて、気づいた。
杖や傘を持って来庁する市民が、窓口で係員と話す際、杖などをカウンターに引っ掛けている姿に。

早速、どこかで杖置きを使っている自治体がないか調べてみたら、千葉市庁舎でフエルトテープをカウンターに張って、杖を引っ掛けても滑らないように工夫し ていたり、りそな銀行でペットボトルのキャップを裏返しに貼り付けて、傘の持ち手の先を引っ掛けるようにしていることを知りました。

このように岸和田でも出来ないものかと、「市民課等の窓口受付の多い課でテスト的に行ってはどうか、また費用については、フエルトテープを提供する。」と、提案してみた。

岸和田市総務部  総務管財課 総務統計担当
回答:
4月にお電話を頂きましたご要望の件は、文書化し課内で決裁いたしました。
また、ご要望の内容につきましても、課内で検討を続けております。

先日、試行錯誤の上、試作品を2個、作製いたしました。
また、庁内カウンター窓口にて、上記試作品の試験利用も行ってみたところです。

具体的には、フェルト(6cm×13cm)に大小2個の穴を開け、その表裏にゴムシートを接着したものです。
まだまだ検討の余地はございますが、今後とも検討を続けてまいります。
また、ある程度の個数を作製し、庁内の協力してもらうえる窓口部署に試験的に配布する所存でございます。

しかし、5月にも庁舎に行ったが、どこにフエルトテープが貼り付けてあるのか、わからずじまいだった。

7月9日に行った際、やっと確認できた。

市民課窓口などには、火山の河口のような、コップ敷きに縁がついたような黒い物体が置かれていた。

私はフエルトテープだと思っていたのだから、見てもわからないはずだ。

市民課や国民健康保険の窓口、障害福祉課などに設置されているとのことだが、何の案内もなく、市民も「この置物は何だ?」と思っていたに違いない。

せめて案内はするべきだと考え、職員に「傘や杖置きだと知らせるような掲示をすべきではないですか?」と、提案しておいた。

しばらくして、掲示がなされた写真をまたお知らせできればと思います。

広告

投稿者:

watchdogkisiwada

岸和田市の財政位破綻を止める!! 財政破綻が明らかになるほど税金を食いつぶされながら、議会も見て見ぬふりをする 土建屋ファーストな市政を正す!! あまりにもひどすぎる馴れ合い議会がチェックしていない、議員特権や行政の無駄などを、岸和田で初めて私が追及、是正させています。 あなたの“かかりりつけよろず相談員”としての使命に励みます!! 行政書士としてトラブル予防を、 防災士として防災や防犯を、 柔道整復師として健康について、 ご相談、承ります。 情報、批判はコメントいただくか、 メールアドレス:kurohata73@yahoo.co.jp 電話:080-6178-6006まで! 岸和田市議や市長らは私の追及に逃げまどっていますが、自民・公明・維新などのネトウヨ政治家だけでなく、共産・民主他どんな議員とも公開討論、受けて立ちます!! 【メディア出演】 TBS「ビビット」、MBS「VOICE」、ABC「キャスト」他ニュース 読売・産経・朝日・毎日の各新聞社で、その活躍は、度々紹介されています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中