神谷昇 自民党衆議員 元泉大津市長に、安保解釈改憲について聞いてみた。

神谷さんといえば、現在衆議員であり、泉大津市長も経験した、安保解釈改憲の軍事・外交的側面と、リスク上昇が予想される住民の安全を並列で考えられるうってつけの人。

よく朝から自民党勉強会にも参加していると報告もしているので、知識も豊富だと見込んで、質問してみました。

私が質問コメントしたのは、彼の以下投稿。

7月14日 14:49

昨夜、東京に来ると大変暑くわずか四日でかわりました。
台風が近ずくのでよけいに風が暑い気がします。

今日は、大阪の一期生と防衛大臣政務官の原田先生を訪ねて色々とご指導を頂きました。
防衛省内にある市ヶ谷記念館を見学しました。
かつて三島氏が正面ベランダから、自衛隊に檄を訴え、部屋で自刃した所です。
戦後極東国際軍事裁判が行なわれたところです。

A級戦犯として、東條英機氏初め7人が処刑されましたが、その後、その他のひとは仮釈放されています。
恩給等の資格も復活されています。歴史上の建物を見学をして、戦勝国の11カ国の中で唯一無罪を訴え続けたインドのパール判事の事を思い出しました。
この方は、奥様が重い病気にもかかわらず日本で、無罪を唱えて頂きました。各地で焼け野原に為れた国をさばけるのか?事後法でさばけるのか?など日本を擁護して くれた方です。

マッカーサーも1951年5月3日のアメリカ上院軍事合同委員会公聴会で、アメリカは日本を戦争に誘い込む為にいじめ抜き、国務長官ハルが石油を禁輸した あと、今のベトナムや、中国から撤退せよと迫ればどんな小国でも戦争するだろうと涙ながらに訴え、戦争になれば物量に圧倒的に勝るアメリカはかつ のは、最初から分かっていたとも訴えています。

最後に今審議中の平和安全法制は、友好国と連携して抑止力を高めるほうせいで、決して戦争する法制ではありません。

(神谷投稿ここまで)

この投稿についても反論はいくらでもありますが、それについて言及せず、安保についてのみ聞いてみました。

質問内容は長いし、
『国民保護法は、有事の際、国民を守りません!』
とかぶるので、再録しません。

要点は、
1. 自衛隊が住民を避難誘導して、軍民一体とみられて攻撃の的にならないのか?
ならないならその根拠を具体的事例で教えてください。

2. もし住民に被害が出た場合、補償はどうなるのか?
根拠となる法律と、いままでの紛争事案で民間人被害に保証した具体的例示を教えてください。
の2点です。

熱心に早起きして勉強をなさっている神谷さんですから、その知識を発揮し、立法のプロとして、また、国会議員として調査能力を発揮して、住民を安心させてくれると思っていましたが、残念ながら回答できず。

民間人が被害に遭うリスク事例は中東でいくらでもありますし、第2次大戦事例でも説明できますし、被害補償などは国民が等しく受忍しなさい論に基づく(最高裁)判決が、今までに何度もなされていますので、これも説明できますが、
そうではない、リスクは下がり、安全は担保され、もしもの時にも補償される、などといった事例を私は知りません。

ですからこそ教えて欲しかったんですが、そんなものはないので、回答できなっかったのですね。

そして、そんなリスクを国民に負担させる法案を、
「最後に今審議中の平和安全法制は、友好国と連携して抑止力を高めるほうせいで、決して戦争する法制ではありません。」とのたった2行で説明したと思っているなど言語道断です。


全ての自民・公明政治家は、国民に対し、説明をしなければなりません。

どうぞタウンミーティングで、十分に住民に説明をして、理解を求めてください。

国会議員だけではないですよ。
市議であっても党所属をうたい、会派に党名をつけているのですから、党としての決断に反対の意思表明を、せめて村上誠一郎 元行革担当相程度にでもしていないなら、賛同と同じですから、

なぜ軍事的危機において、冷戦期よりもむしろ安定していると言える状況にある今、憲法改正ではなく、解釈改憲で法案を通さねばならんのか、

世界のどこもやっていないアメリカ一辺倒で、外交としても良策なのか、

日本近郊だけでなく、地理的要件を外して世界中に行けるようにする必要性がどこにあるのか、

どう抑止力が高まるのか、

そもそも「抑止力」が高まったとは何をもって証明するのか、

自衛隊や住民のリスクが高まらないとするのはなぜか、

日本と最も輸出入している国は中国だが、その中国を仮想敵として、また実際の紛争が起こった場合、経済的影響をどのように回避するか、

領土占拠されているのは、尖閣→竹島→北方領土の順番にひどい状態ですが、なぜヤギしか住まない尖閣にだけ固執するのか、

尖閣諸島内大正島では米軍が射撃訓練をやっていたが、中国の領空侵犯(2012年にセスナのような武器もない小型機Y-12が1回だけ侵犯しただけ)への危険性を問題にするなら、米軍に「抑止力」として、なぜ射爆訓練を続行させないのか、
といった疑問に対して説明せねばなりません。

これら質問に答えられるはずはなく、だからこそ11法案をごちゃまぜにして、時間数を1法案のように見せかけ、充分にやったとして審議を打ち切ったのです。

116時間30分?
1法案にすれば、たった10時間ですよ。

安倍首相自身が「国民の理解が得られていない」発言をして、強行採決で良いなら、はじめから審議なしで
「与党は2/3議席を占める圧倒的多数であり、衆議院差し戻しでも、憲法改正発議でもできるんだから(国民投票は通らないけど)、予算でも法案でも審議なく、国会開会とともに全て一括採決する。

国会を開会すれば、1日3億円も経費がかかるんだから、1月下旬に開会して予算を通し、G.W.明けにでも、決算やその間に溜まった審議案件を通して、来年まで閉会すれば、少なくて2日、長くても3日も開会すればいいので、経費削減にもなっていいですね。
みなさんも合間は選挙に向けた活動が、地元で十分にできてありがたいでしょ。」
と言って、何の審議もなく、機械的に採決だけをすればいいのです。

安保法案審議でやっているのは、正しくこれと同じ審議拒否です。

こうやったとして、
「民主主義をなんだと思っているんだ!」
とどれほどの国民が怒りますか?

怒るのは、メディアだけじゃないんですか?

それほど有権者はバカにされているし、民主主義が蔑ろにされていると、今怒らないで、いつ怒るんですか?!


安保法案など、14年の衆議院選挙の自民・公明公約にありましたか?

12年の衆院選で争点となったTPPを見てください。
当選した自民党議員295人中、205人が交渉参加反対だったが、2013年3月に安倍首相は交渉参加を表明したんですよ。

いつまでどれだけバカにされつづければ気が済むのか!!
怒りで倒れそうになりながらも、更なる怒りの噴出を抑えきれません。

安倍首相には、この怒りにこそ「抑止力」を使わせてくださいとお願いしたい!!

広告

投稿者:

watchdogkisiwada

議会の無駄遣いを正して、府下一高い国保・介保料の値下げや、子ども・高齢者施策など、市民利益への還元を! あなたの“かかりりつけよろず相談員”としての使命に励みます!! 行政書士としてトラブル予防を、 防災士として防災や防犯を、 柔道整復師として健康について、 ご相談、承ります。 放漫市長と議会が大赤字にした岸和田市政を立て直す!! あまりにもひどすぎる馴れ合い議会がチェックしていない、議員特権や行政の無駄などを、岸和田で初めて私が追及、是正させています。 情報、批判はコメントいただくか、 メールアドレス:kurohata73@yahoo.co.jp 電話:080-6178-6006まで! 岸和田市議や市長らは私の追及に逃げまどっていますが、自民・公明・維新などのネトウヨ政治家だけでなく、共産・民主他どんな議員とも公開討論、受けて立ちます!!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中