着信拒否な公明大阪府本部と、着信は受ける東京本部

前回の大東市議ような違法行為についてどう考えるのかを、公明党大阪本部に聞いてみた。
06-6532-7071

「ご意見、お問い合わせ内容などを正確に確認するため、通話を録音させていただきます。
予めご了承ください。」
との音声メッセージの後、男性が出た(名乗らず)。

男性は違法行為だと認め、そのようなのぼりを使用しないように各陣営に伝えていると答えた。

それでは違法とわかった上で、しかも党大阪本部の要請も無視して違法行為を行っている各議員らについて、党としてどのように対処するのか?と聞いたところ、突然話をまとめ出し、
「各議員に伝えておきます。 貴重なご意見ありがとうございます。」を繰り返しだした。

私は「議員の違法行為を、党としてどうとらえるのか?」を聞くも、同じ言葉を繰り返し、一方的に電話を切った。

無論、私はかけ直したのですが、次からは録音するぞメッセージの後、「大変お電話が込み合っています。 後程おかけ直しください。」と、先ほどはすぐつな がったにもかかわらず、コールセンターのように電話が殺到したかのような切り替えボタン作戦を使われ、つながることはなかった。

党本部が言論封殺をする、こんな政党事務局が世界にあるのは、共和国や中国やロシア、その他独裁政権ぐらいだろう。

こんな党が与党であることが、日本に民主主義がないと示している。

それでは東京の本部はどうかと、再度電話をしてみた。
03-3353-0111

広聴部 中村さん 男性に
「大阪本部は、ナンバーディスプレイで確認し、取りたくない電話は取らないようにしているのではないか? そちらからかけ直してかかるかどうか確認してみ られよ。 そのように私が言うのは理由がある。 垣見大志郎・公明府議や松本妙子・岸和田市議会公明会派幹事長も同じ手を使うから“常套手段”だと指摘し ている。  同じ公明でも米田貴志・岸和田市議は、私からの電話を取らなかったり、途中で切ったりしない。」
などと伝えていると、途中、何度も受話器を押さえて誰かと話している様子。

たかひら:
「代表以外の電話番号教えて、そこにかけ直して、ホンマに混雑してるかどうか聞くわ。」

中村:
「私どもも代表電話番号しかわかりません。」
「ご意見は伺いましたので、上にお伝えしますので…」
などと繰り返していましたが・・・・・

そのうち突然、若く高い声に替わったので、
「あなた、中村さんじゃないよね? どなた?」
と問うも話を続ける男性。
話をさえぎって、「中村さんはどうしたんですか? なぜ突然何の断りもなく替わるんですか?」などと聞くとやっと、
「私は中村です。」

唖然として「うそや~ん!! 声が全然違うでしょう。 途中でコロコロ対応する相手が代わるなんて、社会通念上あり得る? さっきの中村さんはどうしたの? 体調でも悪くなったのか心配だから、様子を教えて。」
と突っ込む。

新おにぃならぬ新しい中村:
「社内事情で・・・・」

たかひら:
「大阪が電話を取らないのも、違法な手段を本部が指導しているのに、議員が無視するのも、おたくとこの“社内事情”であって、私に何の関係もないがな。 一方的にに社内事情押し付けたらあかんで!  説明するのが当然とちゃうのん?」
「聞き置くだけで何の対処もせぇへんのやったら、録音機器だけ置いといたらええやん。 人がいるんやから、応対してよ。  そんなコールセンターなんか、行政も企業でもないでしょ。」

新しい中村氏はその後も説明せず、「大阪に電話はする」とだけ約束。

たかひら:
「現職議員名を何人も出してるんやから、事実確認ぐらいしたらどうえ?」

中村:
「大阪本部の管轄なので、本部に伝えます。 各議員には本部から連絡がいくものと思います。」

たかひら:
「当の本部が電話切っとるのに、議員に指導なんかできるかいな。 現にするなと言われているのに、のぼりを違法に作って、使用してるやん。  それも6期もやったベテラン議員が率先して!」

らちが明かないので電話を切ったが、その後再度大阪にかけてみても、やっぱり電話はかからないのだった。
翌日もかけてみたが、私の電話番号はセットされているのだろう、やはりかかることはなかった。

広告

投稿者:

watchdogkisiwada

議会の無駄遣いを正して、府下ワーストに高い国保・介保料の値下げや、子ども・高齢者施策など、市民利益への還元を! あなたの“かかりりつけよろず相談員”としての使命に励みます!! 行政書士としてトラブル予防を、 防災士として防災や防犯を、 柔道整復師として健康について、 ご相談、承ります。 放漫市長と議会が大赤字にした岸和田市政を立て直す!! あまりにもひどすぎる馴れ合い議会がチェックしていない、議員特権や行政の無駄などを、岸和田で初めて私が追及、是正させています。 情報、批判はコメントいただくか、 メールアドレス:kurohata73@yahoo.co.jp 電話:080-6178-6006まで! 岸和田市議や市長らは私の追及に逃げまどっていますが、自民・公明・維新などのネトウヨ政治家だけでなく、共産・民主他どんな議員とも公開討論、受けて立ちます!!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中