常設型の住民投票条例 先駆者広島の例

広島の例を見てみます。

市民が使えぬ広島市の矛盾した住民投票制度東京の2020年五輪再挑戦は住民投票で|相川俊英の地方自治“腰砕け”通信記 |ダイヤモンド・オンライン
【第29回】 2011年7月29日
より

広島市は旧広島市民球場を解体し、跡地利用を計画していたが、球場の保存を願う声が広がり、市民グループが複数誕生した。
旧市民球場をどうする か、市を二分する議論となった。
解体事業を進める市の姿勢に疑問を抱いた市民らは、「住民投票で賛否を問うべきでは」と、直接請求の署名集めに出ることを 決意した。10分の1以上の署名を集めれば、住民投票で結着となる。
必要署名数は約9万5000人分。
不可能な数値ではないと思い、彼らは意気込んで市役所を訪れた。
市長に対し、住民投票実施請求代表者証明書の交付を申請した。
条例の規定に則って手続きを踏んだのである。
あとは交付が出るのを待つだけだった。

ところが、事態は思わぬ方向へと展開していった。署名集めに不可欠な代表者証明書が交付されなかったのである。その理由を市側は、「市政運営上の 重要事項ではないから」と説明した。
広島市の住民投票条例は、住民投票の対象を「現在又は将来の市民福祉に重大な影響を及ぼし、又は及ぼすおそれのあるもの」とし、「市の機関の権限に属しない事項」などを除くと規定している。
旧広島市民球場の解体問題は重要事項には当たらず、住民投票の対象外だと判断されたのである。
(引用ここまで)

前回も書きましたが、私もこんな感じで住民投票については書いてます。

広島市の署名要件は住民の1/10ですが、2010年9月、旧広島市民球場保存を求める住民投票要求について、秋葉市長は、「市政運営上の重要事項ではないから」として、署名集めに不可欠な代表者証明書を交付していません。

数も問題ですが、数が集まれば、ほぼ無条件で住民投票が行われるような条例でないと、岸和田市と同じく在日外国人が投票できようが、絵に描いた餅です。

ちなみに岸和田は要件1/4で、ゴミ袋有料化も巧妙に施行されました。
住民は今でも怒っていますが、近畿一高いゴミ袋代とも知らされることなく、支払っています。

広島市の例について、さらに詳しくは、
『誰が、市民球場を壊したのか? 』 堀 治喜
との書籍にまとめられています。

結局、原告である市民側の旧広島市民球場の歴史と未来を守る会が市を相手に起こした訴訟(建造物取壊禁止請求控訴事件)は、2011年09月21日の広島高裁判決で、
「(住民訴訟にかけるかどうかの)判断を市がするのは、違法ではない。」として、市の勝訴に終わります。

広島市 市民活動推進課に再確認してみると、
「広島の条例は、除外するようになっていない。」とのことでしたが、
条例はこうなってます。

●住民投票の対象となる事項
市民生活に重大な影響を及ぼす市政運営上の重要事項が対象となります。

第2条 住民投票に付することができる市政運営上の重要事項(以下「重要事項」という。)は、現在又は将来の市民の福祉に重大な影響を及ぼし、又は及ぼすおそれのあるもの(次に掲げるものを除く。)とする。
(5) 前各号に定めるもののほか、住民投票に付することが適当でないと明らかに認められる事項

そのあたりを突っ込むと、
「市長判断になっている。
重要事項だと判断後に集めてくれとなっている。
球場も署名簿を任意署名をされただけで、住民投票のものではない。」
と、私の指摘を認めました。

たかひら
「市民判断が優先されるとは、明文化されていない。」

広島市
「恣意的判断になっているのは課題になっていると認識している。

間接民主主義を補完する住民投票との認識はあるが、
試算で3~4億かかるので制限をしているのが実態。」

たかひら
「スタートから意識が異なる、直接民主主義が原則。
地方自治法上、町村議会は全員集会で代替できる様になっているではないか。
そのように直接民主主義に近づける意識がないというのは、法の趣旨を読み違えている。」

広島市
「政令市で一番先に条例を作ったが、後のを見ているとよく考慮されているとおもっている。
不備、課題があれば、変更もありうる。
明石市の話は参考になった。」

ということで、「今後の変更を期待していますので、それを市長や議会に働きかけてくださいね」としておきました。

広告

投稿者:

watchdogkisiwada

議会の無駄遣いを正して、府下ワーストに高い国保・介保料の値下げや、子ども・高齢者施策など、市民利益への還元を! あなたの“かかりりつけよろず相談員”としての使命に励みます!! 防災士として、あなたの命を災害や犯罪から守り、 行政書士として、トラブルを予防し、 柔道整復師として、健康に過ごすお手伝いをし、 市民として、行政や議会を正しています。 【メディア出演】 TBS「ビビット」、MBS「VOICE」、ABC「キャスト」他ニュース 読売・産経・朝日・毎日の各新聞社で、その活躍は、度々紹介されています。 放漫市長と議会が大赤字にした岸和田市政を立て直す!! あまりにもひどすぎる馴れ合い議会がチェックしていない、議員特権や行政の無駄などを、岸和田で初めて私が追及、是正させています。 情報、批判はコメントいただくか、 メールアドレス:kurohata73@yahoo.co.jp 電話:080-6178-6006まで! 岸和田市議や市長らは私の追及に逃げまどっていますが、自民・公明・維新などのネトウヨ政治家だけでなく、共産・民主他どんな議員とも公開討論、受けて立ちます!!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中