市民が市職員を責めるべきではないと思っています。

私が、このブログに書いてきたような今まで色々な質問をして、応対してもらっているのは、岸和田市職員の皆さんです。

その中で、「他市と比べて、行政回答能力が低い!」ことが多いのは、何度も担当職員に説明しています。
同じ質問を他市にした場合、どのぐらいの時間がかかり、どんな回答があったかも説明した上で、どう改めて欲しいか、その差の理由なども、その都度説明をしています。

例えば情報公開のとき、情報公開と情報提供するべき資料の違いや、何でも隠そうとする資料の出し方に対して、どんな資料があるか不明なので、それを導き出 す公開請求書の書き方と、その際どこまで公開しなければならないかの解釈などを、細かく説明しますが、職員が他市に運用を聞くことはありません。

これだけでなく、何度も接して説明を重ねているにもかかわらず、説明不足や時間をかけてなかなか回答しないのに、その理由を聞いてもだんまりを決め込むだけのひどい部署は、いくつもあります。

和泉市や堺市、大阪府市などでの運用基準を説明していますが、その後、問い合わせたとの声を聞いたことはありませんし、先日説明した自治体からは「どう説明を受けましたか?」、「私の解釈が違っていましたか?」かと聞いても、返事はありません。
なぜ問い合わせすらしないのかと、かなりむなしく感じてもおりますが、それでも毎回説明はしますし、どのように考えて回答しているかも聞いています。

ここで今まで書かなかったのは、原則として問題があれば具体的にお知らせしたいのですが、職員個人が特定されてしまうことと、職員は市長や議員とは立場が違いますので、職員と市民が敵対関係になってはならないと考えていたからです。

政治家は市民の手によって変えられますが、職員は変えられません。
市民に「職員を含めた役所自体が抵抗勢力だ!」と、敵視させる手法を取ってきた政治家で有名なのは、中曽根首相や小泉首相、橋下市長などがいます。

中曽根首相が国鉄などの民営化を進めたのは、労働組合つぶしが主な目的であったと、ご本人がインタビューなどで既に明らかにしていますし、郵政民営化もア メリカの金融・保険会 社からの要求や規制緩和を、年次改革要望書で押し付けられたことも分かっています(削減しないと言っていた郵便局数は減少し、アフラックの代理店となって しまいました)。

大阪市長の手法では、その歯切れが良いように見える口撃を市民がまねて、理屈も何もないクレーマーを生み、窓口などでの対立をむだに増やし、在職職員が疲弊するだけでなく、新規応募者も大阪府市を敬遠するようになりました。

私は、役所がよくつかう、市民やNPOを安く行政の仕事の下請けに使うだけの「市民協同」はおかしいと考えています。
そうではなく、市民と役所が同じように知恵や汗や経費を負担して、自治に取り組んでいかねば、国は自治体にその仕事を押し付け、自治体は赤字で何もせず、市民は自分の生活だけを見て、地域のことは知りませんでは、市民生活は崩壊していくしかありません。

既に見られるごみ屋敷や、荒れ果てた空き家放置、孤立死、認知症が原因の事故、空き巣など、様々な問題は、地域コミュニティが生きていれば、声掛けで異変に気づいたり、問題が起きる前に予防できるものも多々あります。

これらを行うためにも、市民と職員の不毛な対立を起こすべきではないのです。

広告

投稿者:

watchdogkisiwada

議会の無駄遣いを正して、府下一高い国保・介保料の値下げや、子ども・高齢者施策など、市民利益への還元を! あなたの“かかりりつけよろず相談員”としての使命に励みます!! 行政書士としてトラブル予防を、 防災士として防災や防犯を、 柔道整復師として健康について、 ご相談、承ります。 放漫市長と議会が大赤字にした岸和田市政を立て直す!! あまりにもひどすぎる馴れ合い議会がチェックしていない、議員特権や行政の無駄などを、岸和田で初めて私が追及、是正させています。 情報、批判はコメントいただくか、 メールアドレス:kurohata73@yahoo.co.jp 電話:080-6178-6006まで! 岸和田市議や市長らは私の追及に逃げまどっていますが、自民・公明・維新などのネトウヨ政治家だけでなく、共産・民主他どんな議員とも公開討論、受けて立ちます!!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中