市会議員は、市民の代わりを全てになっているのでしょうか?

前回に引き続き、ダミアンさんのコメントへの返答です。

ダミアンさん:
「(市民一人一人が追求し出したら、市役所が混乱するので)
そのために市民を代表する市会議員があると思います。」

たかひら:
市議は、市民の疑問を代わりに聞く役割はあるでしょうが、それを26人(現25人)で行うのが本質的な業務ではありません。
市民の質問に納得するまで、市議が仲介をして行政に聞いていれば、それこそ職員よりも議員がパンクします。

これは、数で見れば分かることです。
2012年度の職員数は、1304人です。
(質問や公開請求するのは市外からもありますが、ここでは市民だけと仮定します)市民数は20万1467人です。
同数の市民(例えば100人とします)が、質問や公開請求を市役所にするのと、議員にするのと、受け手一人当たりの負担はどうでしょうか?
計算するまでもなく、職員に行う方が軽いですね。

しかも議員に調査依頼した場合でも、議員も公開請求するしかないのですから、2度手間ではないでしょうか?

私がこのブログで書いてきたような事例を議員に質問したとして、市民の全ての手間を省いて、議員が資料にあたって、データを拾って、誰か答える議員はいるのでしょうか?

それをしてくれる議員は、日本だけでなく世界中探しても誰もいないでしょうし、私が議員だったとしてもできません。
ただし、調べる方法や、どこがツボかについて、公開の際に同行して職員とやり取りの加勢はできます。

「やり取りの加勢だけか?」と、残念に思われるかもしれませんが、それすらやってくれる議員が、現在岸和田市議会に存在するでしょうか?
「たかひらと一緒に調査をする!」という議員がいれば、お知らせ下さい。

ちなみに議員の仕事は、行政のチェックと条例作りです。
後者は議会事務局が助けをしてくれますが、内閣法制局のような知の集積を行っている地方議会事務局はありませんので、議員提案の条例作りの際には、外部有識者の手を借りられるような条例を作らねばならないと思っています。

何だか一休さんのようですが、そうしなければ、議員提案の条例を作るのは大変困難ですし、国会も地方議会も法や条例を提案するのは、行政や総理・首長となっています。

ダミアンさん:
「その議員が指摘されている事項について追求しない議員が多いことの方が問題だと思います。」

たかひら:
前段の「議員に市民の質問を返答させろ」との文章からはつながませんし、何と比べて「問題」なのかも意味が取れないのですが、この部分には賛同します。

ダミアンさん:
「市長についても選挙で市民に選ばれたのですから反対意見はあるかも知れませんが民主主義ですから従うしかないと思います。」

たかひら:
市長だけでなく、議員も選挙後1年たてばリコールで、辞めさせられますので、制度上「従うしかない」わけではありません。
リコールが現実的に難しくとも、市長・議会・市民はじゃんけんのように3すくみの関係であり、市長が絶対的な権力を持つ王様でもありません。

これは、府議会でも大阪市議会の例でもわかります。
どちらも維新の首長で、議会も維新が過半数議席を維持(大阪市は圧倒的多数)していましたが、都構想など維新のと言うか首長の議案が全て通っているわけではありません。

「従うしかない」と市民が諦めてしまえば、次の選挙に出る気がない首長は、暴君のようにふるまっても、市民は我慢するしかないとなりますが、そんなアホなことはありません。

例えば、基地や原発などの問題では、最後っ屁的に市民が怒り狂うような決定(地元の意向でなく、政府の意見丸呑みとも言えます)をする首長はいますが、議会が市民と共闘して首長を抑制する例が多いです。

沖縄で言えば、基地予定地として何十年も日本政府が(既に場所に固執していない米軍ではありません)誘致をしようとしている辺野古のある名護市では、現在、市長も議会も基地移設反対です。
知事は基地誘致を安倍首相に約束しましたが、自民党(国会議員を除く)も含めオール沖縄の怒りの対象となっています。
16日に結果の出る知事選の結果は、仲井真さんが、再び知事室に入ることはないと、私は判断しています。

ダミアンさん:
「国政のようにスキャンダルでコロコロ市長交代ばかりされても市政は迷走するばかりだと思いますq」

たかひら:
8月22日に、3期12年務めた大橋建一市長が、戦後初めて退任式を行った、和歌山市じゃないんですから(それまでは、死去や汚職の辞職などで、どの市長も任期途中で退任)、通常の地方自治体で首長がコロコロ代わる自治体はありません。
先に述べたように、いつでも解散できる衆議院と、最低1年間はリコールすらできない地方自治体は、制度が違います。

広告

投稿者:

watchdogkisiwada

岸和田市の財政位破綻を止める!! 財政破綻が明らかになるほど税金を食いつぶされながら、議会も見て見ぬふりをする 土建屋ファーストな市政を正す!! あまりにもひどすぎる馴れ合い議会がチェックしていない、議員特権や行政の無駄などを、岸和田で初めて私が追及、是正させています。 あなたの“かかりりつけよろず相談員”としての使命に励みます!! 行政書士としてトラブル予防を、 防災士として防災や防犯を、 柔道整復師として健康について、 ご相談、承ります。 情報、批判はコメントいただくか、 メールアドレス:kurohata73@yahoo.co.jp 電話:080-6178-6006まで! 岸和田市議や市長らは私の追及に逃げまどっていますが、自民・公明・維新などのネトウヨ政治家だけでなく、共産・民主他どんな議員とも公開討論、受けて立ちます!! 【メディア出演】 TBS「ビビット」、MBS「VOICE」、ABC「キャスト」他ニュース 読売・産経・朝日・毎日の各新聞社で、その活躍は、度々紹介されています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中