岸和田市で中学生は給食についてどう思っているか?

さて、岸和田に戻ります。

教育総務部学校管理課:
小学校のセンターを改修して中学も新規として使うの自治体は、府内で2、3ある。

センターでなければならない理由:

中学校の昼食のあり方に関する基本的な考え方
を要約して回答頂きました。

「喫食率は高くはないが、投書もあったので、検討委員会を立ち上げた。」
「どこの市でも弁当の評判は良くない。」
「給食はいいものだと思って提供している。」

しかし、私が、
「喫食率を上げる必要があるのですか?、上げたい理由は何ですか?」
「喫食率調査で、弁当の生徒・弁当もスクールランチも利用しない生徒・何も食べない生徒の数を調査していますか?」、
「検討委員会は、事業を行うとの結論ことありきでつくられ、後の言い訳のために使われるものではないのですか?」、
「弁当の評判が良くない自治体調査数を教えて下さい。」
などと問うと、回答できず。

先に堺市の例で見てみましょう。
2012年10月の教育委員会のアンケート「食に関する意識と実態調査」です。

小学校6年生および中学校1~2年生の保護者は
「家庭弁当とランチサポートの併用がよい」 46%
「学校給食が良い」 41%~45%
「家庭弁当が良い」 3%~6%

中学1~2年の生徒では
「家庭弁当が良い」で55%。
「小学校のような給食が良い」23%
「ランチサポート併用」14%

保護者で約半分弱、生徒で25%弱の要望ですが、これを給食センターより経費の安いエアコンに変えれば、100%に近くなるのではないでしょうか?

次に、岸和田市教委が2010年 9 月に行った、「中学校における昼食に関する市民意識アンケート調査結果報告書」から、中学生の意見を抜粋します。

スクールランチ利用状況 41.7%
利用する理由は、弁当を持ってきていない 41.1%
おいしいから 40.2%

利用しない理由は、
いつもお弁当を持ってきているから 73.8%
お弁当の方が好きだから 38.5%

中学校での昼食として望ましいものは、
家庭弁当 37.6%
家庭で作るお弁当とスクールランチの併用 15.9%
学校給食 14.2%

現状は、家庭弁当が、95.9%
スクールランチは、0.7%で、お店で買ったお弁当・パン・おにぎりなど 1.1%より少なくなっています。

中学校での学校給食実施については、実施するほうがよい 43.8%
と半分以下
だが、

中学生保護者 実施するほうがよい 57.2%、どちらかというと実施するほうがよい 27.9% 合計85.1%

市民 35.6%、35.5% 合計71.1%
と大半を占める。

実施するほうがよいと回答した理由は、
いろいろなメニューを食べられるから 61.2%
おいしいから 48.1%

実施しないほうがよい理由は、
お弁当の方が好きだから 66.8%
給食当番が嫌だから 54.7%

これは、『中学校の昼食として望ましいもの』の結果と同傾向を示していた。
(引用 ここまで)

このように岸和田の調査でも、山田議員の質問のとおり、
「ほとんどの生徒はそれほど給食を望んでいない。
小学校6年間給食を食べてきたわけであり、中学生になってからはむしろ弁当のほうがよいという 生徒が大半であります。」
となっています。

民間の事業所を使う例では、松原市の中学給食は、堺市美原区のサンエッセンから配送されていますし(そこから岸城や山滝中学校迄は20km以上ありますの で、つくってから2時間以内は厳しいでしょうけど)、河内長野市の給食センター内で給食を作っている、給食事業大手のマルタマフーズは、和泉市箕形町に和 泉マルタマフーズがあります(ただし規模の問題で、岸和田市全ての中学給食は現状では受けられないとのこと)。

さらに、給食センターを建てるとしても、岸貝クリーンセンターのように、いくつかの自治体と組んで行えば、割安になります。

このような手段を全く考慮せず、借金まみれの状態で、センター建設に23億円(自己資金は約13億円)をかけ、ランニングコストに毎年3億5千万もかけて、給食をセンター方式で行うべきか、再度市民と一緒に考えなくても良いのでしょうか?

広告

投稿者:

watchdogkisiwada

議会の無駄遣いを正して、府下ワーストに高い国保・介保料の値下げや、子ども・高齢者施策など、市民利益への還元を! あなたの“かかりりつけよろず相談員”としての使命に励みます!! 防災士として、あなたの命を災害や犯罪から守り、 行政書士として、トラブルを予防し、 柔道整復師として、健康に過ごすお手伝いをし、 市民として、行政や議会を正しています。 【メディア出演】 TBS「ビビット」、MBS「VOICE」、ABC「キャスト」他ニュース 読売・産経・朝日・毎日の各新聞社で、その活躍は、度々紹介されています。 放漫市長と議会が大赤字にした岸和田市政を立て直す!! あまりにもひどすぎる馴れ合い議会がチェックしていない、議員特権や行政の無駄などを、岸和田で初めて私が追及、是正させています。 情報、批判はコメントいただくか、 メールアドレス:kurohata73@yahoo.co.jp 電話:080-6178-6006まで! 岸和田市議や市長らは私の追及に逃げまどっていますが、自民・公明・維新などのネトウヨ政治家だけでなく、共産・民主他どんな議員とも公開討論、受けて立ちます!!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中