岸和田の“脱法キング”山田幸夫さんと、もみ合ってみる

でもお馴染みの、“脱法”を通り越して、違法上等!ぶりを発揮する、山田さんですが、選挙ポスターを貼る掲示板の地図を、選挙管理委員会へ取りに行った時、偶然にも発見。
顔を見たのも初めてでしたが、自民党のジャンパーを着ていたので、すぐにわかりました。

そのまま見過ごすはずもなく、地図をもらう前に部屋の外に出ようとしたので、
「山田さん、プレハブは直したんか?」と聞いてみました。
すると直ちに「お前誰や?」と睨みつけてきました。

議員が、議員とばれている状態で、市民か職員か誰かわからない人に、このセリフはないでしょう。

「たかひらやけど。」
で火が点いたんでしょうね。

次のセリフは、
「お前、俺を誰やと思てんねん。」でした。

もちろん私は、
「山田幸夫ちゃうんかい!」と返しました(山田さんからは返答なし)が、
7期もやれば、こんな自分が偉いと勘違いする言葉が、とっさに自然と出るんですね。
国家議員も含め、色んな議員と話していますが、このセリフは、どんなに相手が怒っても聞いたことがありません。

自民党は、ネット右翼のようにレベルの低い安倍首相以下、“保守の知恵”を失い、劣化が進んでいるとは、様々なメディアで指摘されていますが、若手でなく、自民党の定年である70歳目前にして、劣化のまま年だけ食い、腐敗しかかっている象徴に、お目にかかれるとは!!

生きる化石シーラカンスを見つけたようなもので、地方ならぬチホー議員には、地域代表として、町会長や地主などからおだて上げられて「会長」とか「議員」などの役職名つくと、そっくり返って“偉く”なる人の見本ですね。
その割に土生の人に聞いてみると、京西さんや岩崎さんよりも人気がないようですが。

ここまで言われれば、温厚な私も応戦するしかありません。
「何コラ! たこ!コラ!」でおなじみ、長州力さんと故橋本真也さんの「コラコラ問答」を再現してみました。

山田さんに乗っかりながらも、頭の中は冷静ですので、本人や周囲の出方もしっかりと観察しました。

私が山田さんを追って廊下に出ると、後ろから「たかひらさん!」と制止の声がしますが、誰も廊下には出てきません。
そればかりか、何人もいた職員もその部屋から脱出を試みた様子で、部屋に戻ると人数が減っていました。

このことから、山田さんの瞬間湯沸かし器ぶりは日常茶飯事で、想定内だが、何をするかわからんのは私の方だと考え、私を静止したのと、山田さんを止めれ ば、後で「なんでたかひらでなく、俺の方を止めたんや!」と、意趣返しされるおそれもあったし、心の中では「おーやりあって、両方とも潰しあえ!」と思っ ていてかもしれません。

上島竜兵さんと出川哲朗さんなら間違いなくキスをしているに違いない、お互い鼻が触れ合うほど至近距離にいて、山田さんの顔がぼやけていましたが、さすがに選挙2日前に殴り合うわけにも行かず、体が触れることすらなく、膠着状態。

たかひら「建築確認取れたんかと、聞いてるんやないか。」
山田 「お前に言われる筋合いないわい。」
たかひら「違法やから言うたっとるんやないかい! 違法状態をどないするんじゃ!」

ここで、自治基本条例のタウンミーティング時に、市民の質問などに最も反論し、「論客」と思われている山田節がどういうものか期待しましたが、反論なし。

相手の返答に返せないのは、前の「誰やと思てんねん」に引き続き2回目ですから、
想像していたとはいえ、がっくりきましたね。

廊下で二人きりの膠着状態を、どう解決するのかも見ていましたが、黙ったままの山田さん。
この数分でどんなタイプか見切れたし、時間もなかったので、接近していると歯周病か、加齢臭かで臭いことを利用して、
「臭い口やのぉ、歯医者紹介したろか?」と、離れました。

見切った感じでは、議論ができず、単に暴力的で、恫喝するだけのタイプだと断言します。
ある現職に確認すると、「人のことは・・・・」と言いつつも、最後には肯定しましたので、私の見立てはハズレていないはずです。

この「俺がルールやから、言う事を聞いとったらええんじゃ!」な、オレオレ上から目線。

山田さんは、山田国の首領様でしょうか?
これからは、国鉄つぶしのレーガンのポチであった中曽根康弘氏と同じく、「大勲位」と呼ばせていただきます。

山田さん、選挙後は、毎日「コラコラ問答」を続けましょうね。
山田さんの若さを保つためにも、私は協力を惜しみません。
登庁時には、必ず、「コラコラ」ご挨拶に伺います。

でも、それがストレスとなって、脳溢血にならないでくださいね。

職員もこの老害なのか、自分至上主義なのか呼び方がわからない、山田さんの恫喝には、困っていると察します。
口利きが問題だと思っていましたが、通り越してますね。
どうぞ、これからは私が盾になりますので、使ってください。

この後、『議員の通信簿』をアップしますが、山田さん分を抜き出しておきます。

山田 幸夫(土生 67歳 7期)自民 3回(うち代表質問2回) 前回選挙9位
2011年選挙において、レンタカー代・運転手代は、最大金額を請求。

ガソリン代は、全26候補中、唯一2万3179円と、飛び抜けて高額です。
伴走車か、スタッフの車かの選挙カーでない車に、違法給油している疑いが濃厚です。
機械打ちのレシートで、全ての時間と、給油量を示せますか?
伴走車給油も一緒くたにするために、日毎の手書きじゃないですか?

ポスター代 45万2200円/最大46万7058円(1446円/枚)
総額 61万4500円/最大71万3108円

政務活動費
「政活費」と略しますが、電話代やガソリン代などを、山田式では毎月上限の1万円を使っており、千円以下のお茶代をも計上するセコさもあって、同音異義語の「生活費」と言えます。

あげくに、1月になって83万円(2人分)も余っているので、使い切ろうと、9万円のタブレットPCを買い、3月末には鹿児島県志布志へ、稲田・池内・岡林・京西・西田さんたちと会派を超えて行き、7万3577円。
『議会会派の出張旅費支出 その2』

2010~13年まで大阪府都市競艇組合議員として、時給換算10万円の競艇体験をして、下関、戸田、多摩川、平和島×2といった全国の競艇場へ、「視察」三昧。

『大阪府都市競艇組合の議員になれば、時給10万円!』

選挙事務所に見るように、岸和田版“疑惑の総合商社”と言われても仕方がないどんぶり勘定ぶりですから、説明が必要です。
「加茂忍 元兵庫県議のように、旅行に行きたかったから行ったんやないかい!」、
「競艇場? 全部舟券でスったったわ」って、ひとりで説明できるかな?

広告

投稿者:

watchdogkisiwada

岸和田市の財政位破綻を止める!! 財政破綻が明らかになるほど税金を食いつぶされながら、議会も見て見ぬふりをする 土建屋ファーストな市政を正す!! あまりにもひどすぎる馴れ合い議会がチェックしていない、議員特権や行政の無駄などを、岸和田で初めて私が追及、是正させています。 あなたの“かかりりつけよろず相談員”としての使命に励みます!! 行政書士としてトラブル予防を、 防災士として防災や防犯を、 柔道整復師として健康について、 ご相談、承ります。 情報、批判はコメントいただくか、 メールアドレス:kurohata73@yahoo.co.jp 電話:080-6178-6006まで! 岸和田市議や市長らは私の追及に逃げまどっていますが、自民・公明・維新などのネトウヨ政治家だけでなく、共産・民主他どんな議員とも公開討論、受けて立ちます!! 【メディア出演】 TBS「ビビット」、MBS「VOICE」、ABC「キャスト」他ニュース 読売・産経・朝日・毎日の各新聞社で、その活躍は、度々紹介されています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中