八尾市の幼保一体化  市議会傍聴報告 3月1日(火)

八尾市幼保一体化を考える会
より

3月1日(火) 10:00~11:00
本会議4日目 個人質問

傍聴者は8名ほど、子どもを連れたママさんも複数おられました。
本日から個人質問に入り、1人目の内藤議員が認定こども園について質問されました。計画全体、こども園の設置場所について、資料も用いて追及されましたが、市は計画推進の姿勢を崩すことはありませんでした。

内藤議員(共産)の個人質問抜粋です↓↓↓
Q1 市民に理解されていない、大義も根拠もない計画は白紙撤回するべきではないか。
A1(市長) パブコメや市民説明会等で、反対意見があることは認識している。子どもの健やかな育ちは市民全体の願いであり、そのために進めてきた計画を撤回するつもりはない。

Q2 認定こども園は、直接契約制度であり、公的保育制度を守るためにも公立の認可保育所を守るべきではないか。
A2(市長) これまでも子育て支援には力を入れ、保育所の受け入れ枠を増やしてきた。しかしそれでも待機児童はおり、また園児の公立幼稚園の適切な教育も保証できていない。その問題点を認定こども園によって解消できるものと考えている。

Q3 認定こども園整備予算が計上されているが、場所も明らかにせず、白紙撤回すべきではないか。
A3 予算確定後、場所の協議を行う。撤回はしない。

Q4 先日の代表質問にて、テレビ放映後の問い合わせも40件ほどあったが、きちんと説明して市民の理解を得た、とあったが、その後のデモに350人もの人が集まった。市民との対話が必要ではないのか。
A4(こども未来部長) 15回の説明会を行い、審議会や答申を元にこの計画をたてた。このまま進めたい。

Q5 公立保育所・幼稚園を残してほしいという署名は33000筆を超えている。市民は納得していないのではないか。
A5(こども未来部長) 現場の先生方とも協議を重ね、計画をたてた。撤回はしない。

Q6 予算計上している用地について、当初は資料もなく、議長のご尽力のもと情報を開示できた。この中の志紀地区の場所について、志紀町西2丁目3000㎡内市有地900㎡とある。該当するのが4箇所。どの土地か。
A6(財政部長) 相手方もあることなので答えられない。

Q7 該当地4箇所の現在の利用と今後の予定について、担当部長に答えていただきたい。
①志紀町西2-1-3②同2-1-4③同2-1-5④同2-2-4
A7 ①消防出張所②一部志紀中③みどり課 管理④志紀中。4箇所とも現在の利用方法を変える予定はない。

Q8 消去法で③が有力だと考えられる。隣には自衛隊の駐屯地があり、この場所が子どもにとって最善の環境なのか。
A8(こども未来部長) 現在も公共施設が多数あり、全体のバランスを考慮した。利便性もあり、認定こども園推進会議で決めた。

Q9 騒音もひどいことが予想されるが、なぜこの場所なのか。
A9(こども未来部長) 防衛省から防音の補助金が出て対応できる。

Q10 改めて、市民理解の得られていない、子どもにとって最善の環境ともいえない、この計画の撤回を市長に求める。
A10(平野副市長) 事業を整理し、市民への説明も行った。パブコメ・説明会等での反対意見も整理し、解消できるものと判断した。整備場所については相手側もあるので答えられない。場所の選定も全体の配置を考慮したものである。撤回はしない。

以上、かなり切り込んだ内容でしたが、市の回答は説明会のときから、全く変わりのないもので、質問の答えになっていない状況も相変わらずです。

市民の代表者が出ている市議会ですら、この内容で押し通そうとする姿勢に、疑問と怒りを押さえきれません。

広告

投稿者:

watchdogkisiwada

議会の無駄遣いを正して、府下ワーストに高い国保・介保料の値下げや、子ども・高齢者施策など、市民利益への還元を! あなたの“かかりりつけよろず相談員”としての使命に励みます!! 防災士として、あなたの命を災害や犯罪から守り、 行政書士として、トラブルを予防し、 柔道整復師として、健康に過ごすお手伝いをし、 市民として、行政や議会を正しています。 【メディア出演】 TBS「ビビット」、MBS「VOICE」、ABC「キャスト」他ニュース 読売・産経・朝日・毎日の各新聞社で、その活躍は、度々紹介されています。 放漫市長と議会が大赤字にした岸和田市政を立て直す!! あまりにもひどすぎる馴れ合い議会がチェックしていない、議員特権や行政の無駄などを、岸和田で初めて私が追及、是正させています。 情報、批判はコメントいただくか、 メールアドレス:kurohata73@yahoo.co.jp 電話:080-6178-6006まで! 岸和田市議や市長らは私の追及に逃げまどっていますが、自民・公明・維新などのネトウヨ政治家だけでなく、共産・民主他どんな議員とも公開討論、受けて立ちます!!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中