なぜ設置率0%のエアコンよりも、中学校給食が優先されるのか?

中学校給食をこれまでやらず、スクールランチも多くの生徒が食べている状況にもないのに、急に熱心にやろうとしているわけを、府の制度設計の時点まで遡って見つけました。

野々上愛 高槻市議の市政報告『のの愛新聞 』 2011年3月号によると、
『今出されている橋下知事の案は、5年間だけ府がお金を出す、その期間にやる気を見せない自治体は名指しで批判するぞ!
いずれにせよその後はすべて基礎自治体でお金も人も手当てしろ!!という本当に乱暴なものです。』
とあります。

そのような府の姿勢によってできたのが、『平成23年6月中学校給食導入促進事業補助制度の概要(案)』です。

『1.中学校給食導入促進事業の目的

・大阪府においては中学校給食の実施率が全国で最も低い。

・学力や体力の根幹となる中学生の「食」を充実させ、全ての子どもたちの教育条件を整えるためには、中学校給食を府内に広げる必要があるが、市町村の財政負担が導入にあたっての課題となっている。

・そこで、府として、市町村の財政負担を大幅に軽減できるよう、時限を設けて支援を行うこととし、平成23年度当初予算において、府としての支援の総額を明らかにすることにより、市町村がそれぞれ工夫を凝らした中学校給食導入を推進することをサポートする。

・補助期間は平成23年度から平成27年度の5年間とする』

そして
『申請期間は、平成24年3月:市町村の「実施計画」の提出まで』となっています。

2年前の春までに府下の自治体は全て、申請を済ませていました。

岸和田市もこの補助金にあやかろうと、小中学校エアコン設置率0%にもかかわらず、給食の優先順位を繰り上げていたのでした。

野々上市議が指摘していた飴ならぬ鞭の部分について、大阪府教育委員会事務局 教育振興室保健体育課 保健・給食グループに聞いてみると
「そんな鞭は、制度を決めた文章には書かれていません。」とのことでしたが、
「それを知事が独自判断で公表することは、止められませんわね?」と聞くと、しぶしぶながら「そうですね。」と回答されました。

市町村は、政府にも府にも振り回されます。
そのような言いなりの市政を揶揄して、俗に「3割自治」と言われますが、地方分権は今後ますます進んできますから、何でも言いなりでなく、市としての独自の姿勢を見せていくためにも、厳しいチェックを議員が行わなければいけません。

岸和田市議会で、ハコモノ大好きの自民党がなぜ反対意見を出したのか、ようやくわかってきました。

維新叩きの意味合いも含まれていたんですね。
納得。

しかし、ランニングコスト毎年3億5千万円は見逃せません!

長野オリンピック、原発設置県、平成の大合併で合併特例債を使ってハコモノを建てた市町村。

これらの共通するのは、ハコモノの維持管理費が、その後の財政を圧迫しているということ。

建物は壊すまでのコストと、建て替えのコストまで考えなければ建ててはならないというのは、わかりきった話です。

既に岸和田市では、

だんじり会館・自然資料館・市民病院新設・総合体育館・保健センター・森やかの郷・波きり ホール・宮の池公園・岸貝清掃工場新設・・・・といった「失敗」をしているのに、まだ失敗の屋上屋を重ねるのですか?


それも当事者の要望でなく、他人の口車に乗って・・・・

まだ間に合います。

本当に必要かどうかを、よ~く考えましょう。


ちなみに私はセンター方式には反対です。

給食センターでのO-157発生事件が、

1996年
岡山県邑久町・新見市

堺市

2010年

三重県内で3件

も起きているからです。


給食を導入するなら、コストをかけてでも自校方式で行うほうが安全でしょう。


食育の観点から言いますと、命の大切さもさることながら、何種類ものおかずなどが1皿に乗るような食器で、日本の食作法をどうやって教えるのでしょうか?

箸を使わないほうの手で、皿を押さえることすら教えられない状況下で、食育をうたうのは、ナンボなんでもおこがましいと思うのは、私だけじゃないでしょう。

広告

投稿者:

watchdogkisiwada

議会の無駄遣いを正して、府下ワーストに高い国保・介保料の値下げや、子ども・高齢者施策など、市民利益への還元を! あなたの“かかりりつけよろず相談員”としての使命に励みます!! 行政書士としてトラブル予防を、 防災士として防災や防犯を、 柔道整復師として健康について、 ご相談、承ります。 放漫市長と議会が大赤字にした岸和田市政を立て直す!! あまりにもひどすぎる馴れ合い議会がチェックしていない、議員特権や行政の無駄などを、岸和田で初めて私が追及、是正させています。 情報、批判はコメントいただくか、 メールアドレス:kurohata73@yahoo.co.jp 電話:080-6178-6006まで! 岸和田市議や市長らは私の追及に逃げまどっていますが、自民・公明・維新などのネトウヨ政治家だけでなく、共産・民主他どんな議員とも公開討論、受けて立ちます!!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中